ドロップ キャップを挿入する

読み手の心理状態に合った、共感しやすい概要説明から始めます。意図をはっきりさせ、問題点 (読み手が支援を求めている理由) を認識します。次に、解決法を簡潔に説明するか、手順を示します。

第 1 レベル見出し

ここでは、手順の概要を説明します。

手順のタイトル (空白でも可)
  1. 主旨に最も適合する手順のステップを追加してください。

  2. /step タグの前にカーソルを置いて、手順を追加し、Enter キーを押します。

    /para タグの前にカーソルを置き、番号付き手順の下にインデントした段落を追加して、Enter キーを押します。

  3. steps タグの後ろにカーソルを置いて、番号付きの手順を箇条書きに変換します。 属性インスペクターで、[class] ドロップ ダウン リストを開いて [bullet] をクリックします。

ここでは、箇条書きリストについて説明します。

  • リスト アイテム 1:

  • /listItem タグの前にカーソルを置いて、別のリスト アイテムを追加し、Enter キーを押します。

  • list タグの後ろにカーソルを置いて、番号付きのリストを箇条書きに変換します。 属性インスペクターで、[class] ドロップ ダウン リストを開いて [ordered] をクリックします。

見出し付きテーブルを作成するには、[テーブル]、[挿入] の順にクリックします。

テーブルの行

テーブルの行

テーブルの行

テーブルの行

ここでは、"ヒント" アラートについて説明します。

ヒント: ヒントは読み手に好まれます。紹介したい良いヒントがあったら、追加してください。

第 2 レベル見出し

第 2 レベル見出しを作成するには、sections タグを親セクションの /content タグの後ろに追加して、この sections タグに section タグを追加します。

同じレベルの別の見出しレベルを追加するには、最後の /section タグの後ろに section を追加します。

さらに説明を続けます

ここには、意図に沿うように他の説明を追加できます (80% 以上の人が対応できるようにしますが、長すぎる説明や極端な例は必要ありません)。

  1. 手順 1.

  2. 手順 2.

または、お勧めの追加手順を追加してもよいでしょう。そのお勧め手順に別の意図がある場合は、その意図に対応する記事にリンクしてください。

または、読み手の失敗の原因となりうる、重要で一般的な前提を解決することもできます。

必要な場合は、表を追加することもできます。ただし、最初に、表のすべての情報が読み手の意図に合っていることを確認してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×