ドロップダウン リストを作成する

ユーザーが "はい" または "いいえ" を選択したり、カレンダーから日付を選択したり、挿入した別の一覧から選択できるようなドロップダウン リストをセルに使用することで、より効率的なワークシートを提供できます。ワークシートを使用しているユーザーは、矢印をクリックして、次に一覧のエントリをクリックします。

Excel のサンプル ドロップダウン リスト

  1. 新しいワークシート上で、ドロップダウン リストに表示させるエントリを入力します。エントリは、次のように、空欄のセルを含まずに、1 列または 1 行に入力してください。

    Excel の 1 つの列または行でエントリのドロップダウン リストを作成する

    ヒント: このとき、ドロップダウン リストに表示させたい順序でデータを並べ替えることをお勧めします。

  2. すべてのエントリを選んで右クリックし、[名前の定義] をクリックします。

  3. [名前] ボックスに、ValidDepts などのようにエントリの名前を入力し、[OK] をクリックします。名前にはスペースが含まれないようにしてください。この名前は、リストには表示されませんが、ドロップダウン リストにリンクできるように名前を付ける必要があります。

    Excel のドロップダウン リストのエントリの名前を入力する

  4. ドロップダウン リストを配置するワークシートのセルをクリックします。

  5. [データ]、[データの入力規則] の順にクリックします。

    Excel で [データ]、[データの入力規則] の順にクリックしてドロップダウン リストを検証する

    ヒント: [データの入力規則] をクリックできない場合、そのような問題が発生する原因として、次のような理由が考えられます。

    • SharePoint サイトにリンクされているテーブルには、ドロップダウン リストを追加できません。テーブルのリンクを解除するか、テーブルの書式を削除して手順 5 を再試行します。

    • ワークシートが保護されているか共有されています。ワークシートの保護を解除するか共有を止め、手順 5 を再試行します。

  6. [設定] タブの [許可] ボックスで、[リスト] をクリックします。

  7. [ソース] ボックスに等号 (=) を入力し、続けて手順 3 でリストに指定した名前を入力します。たとえば、=ValidDepts. などのように入力します。

    Excel の [設定] タブでこのドロップダウン リストの設定を選ぶ

  8. [ドロップダウン リストから選択する] ボックスをオンにします。

  9. ユーザーがセルを空欄のままにできるようにするには、[空白を無視する] ボックスをオンにします。

  10. [入力時メッセージ] タブをクリックします。

  11. セルをクリックするとメッセージがポップアップされるようにするには、[セルの選択時にメッセージを表示する] ボックスをオンにし、ボックスにタイトルとメッセージを入力します (最大 225 文字)。メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。

    ユーザーが Excel でドロップダウン リストの使用を開始したときにユーザーに表示するメッセージを選ぶ

  12. [エラー メッセージ] タブをクリックします。

  13. [無効なデータが入力されたらエラー メッセージを表示する] ボックスをオンにし、[スタイル] ボックスからオプションを選び、タイトルとメッセージを入力します。メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。

    Excel でドロップダウン リストが正常に動作しない場合にユーザーに表示するメッセージを入力する

    [スタイル] ボックス内のどのオプションを選べばよいかわからない場合

    • ドロップダウン リストにないデータをユーザーが入力するのを止めさせるのではなく、メッセージを表示するには、[情報] または [警告] をクリックします。情報は メッセージには [情報] アイコンが表示されるが、ユーザーがドロップダウン リストから選択できなくなることはない のアイコンとともにメッセージを表示し、警告は メッセージには [警告] アイコンが表示されるが、ユーザーがドロップダウン リストから選択できなくなることはない のアイコンとともにメッセージを表示します。

    • ドロップダウン リストにないデータをユーザーが入力しないようにするには、[停止] をクリックします。

      注: メッセージのタイトルや内容を入力しない場合、タイトルにはあらかじめ設定された "Microsoft Excel" が使われ、メッセージ内容には "入力した値は正しくありません。ユーザーの設定によって、セルに入力できる値が制限されています。" が使われます。

ドロップダウン リストの詳細

LinkedIn Learning でドロップダウン リストの知識を身につけます。一貫性のある正確なデータになるように、ユーザーによるブックへのデータの入力方法を制御する方法について説明します。日付、時刻、入力するテキストの長さを制御することも、または単に考えられる誤りを排除するために許容可能な選択肢の一覧を提供することもできます。

無料のプレビューを見る >

作成したドロップダウン リストを使う

ドロップダウン リストを作成したら、想定どおりに動作するか確認します。たとえば、すべてのエントリを表示するのにセルの幅が十分広いかなどを確認しましょう。

ドロップダウン リスト用のエントリのリストが別のワークシート上にあり、ユーザーがそれを表示したり編集したりできないようにするには、そのシートを非表示にして保護します。ワークシートの保護方法の詳細については、「セルをロックして保護する」を参照してください。

ドロップダウン リストのオプションを変更する場合は、「ドロップダウン リストからアイテムを追加または削除する」を参照してください。

ドロップダウン リストを削除するには、「ドロップダウン リストを削除する」を参照してください。

ドロップダウン リストの操作方法に関するビデオを見るには、「ドロップダウン リストの作成と管理」を参照してください。

サンプルをダウンロードする

この記事に記載されているデータの入力規則のいくつかの例を含むサンプル ブックをダウンロードできます。理解を深めたり、独自のデータの入力規則のシナリオを作成したりできます。Excel のデータの入力規則のサンプルのダウンロード

関連項目

セルにデータの入力規則を適用する

ビデオ:ドロップダウン リスト

すべての Excel の関数 (機能別)

ドロップ ダウン リストを作成する (無料のプレビュー)。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×