ドロップダウン リストを作成する

リストから項目を選択できるドロップダウン リストをセル内に作成し、ユーザーがドロップダウン リストを使用してワークシート内でより効率的に作業できるようにします。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. 新しいワークシート上で、ドロップダウン リストに表示するエントリを入力します。Excel ワークシートの挿入にリスト項目があることが理想的です。リスト項目がない場合には、範囲内の任意のセルを選択し、Ctrl キーを押しながら T キーを押して、リストをテーブルにすばやく変換することができます。

    データ入力規則リストの元の値に使用される Excel の表

    注: 

  2. ドロップダウン リストを配置するワークシートのセルを選択します。

  3. リボンの [データ] タブから、[データの入力規則] を選択します。

    注: [データの入力規則] をクリックできない場合は、ワークシートが保護または共有されている可能性があります。保護されているブックの特定の領域のロックを解除するか、ワークシートの共有を停止し、手順 3 をもう一度試してください。

  4. [設定] タブの [許可] ボックスで、[リスト] をクリックします。

  5. [ソース] ボックス内をクリックして、リスト範囲を選択します。Cities という名称のシートで、A2:A9 の範囲を選択します。選択オプションにする必要がないため、見出し行はそのままにしています。

    データ入力規則のリストのオプション

  6. ユーザーがセルを空欄のままにできるようにするには、[空白を無視する] ボックスをオンにします。

  7. [ドロップダウン リストから選択する] ボックスをオンにします。

  8. [入力時メッセージ] タブをクリックします。

    • セルをクリックするとメッセージがポップアップされるようにするには、[セルの選択時にメッセージを表示する] ボックスをオンにし、ボックスにタイトルとメッセージを入力します (最大 225 文字)。メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。

      データ入力規則の入力メッセージのオプション

  9. [エラー メッセージ] タブをクリックします。

    • リストにない項目が入力された場合にメッセージを表示させるには、[無効なデータが入力されたらエラー メッセージを表示する] ボックスをオンにし、[スタイル] ボックスからオプションを選び、タイトルとメッセージを入力します。メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。

      データ入力規則のドロップダウンのエラー メッセージのオプション

  10. [スタイル] ボックス内のどのオプションを選べばよいかわからない場合

    • ドロップダウン リストにないデータをユーザーが入力するのを止めさせるのではなく、メッセージを表示するには、[情報] または [警告] をクリックします。情報は メッセージには [情報] アイコンが表示されるが、ユーザーがドロップダウン リストから選択できなくなることはない のアイコンとともにメッセージを表示し、警告は メッセージには [警告] アイコンが表示されるが、ユーザーがドロップダウン リストから選択できなくなることはない のアイコンとともにメッセージを表示します。

    • ドロップダウン リストにないデータをユーザーが入力しないようにするには、[停止] をクリックします。

      注: メッセージのタイトルや内容を入力しない場合、タイトルにはあらかじめ設定された "Microsoft Excel" が使われ、メッセージ内容には "入力した値は正しくありません。ユーザーの設定によって、セルに入力できる値が制限されています。" が使われます。

ドロップダウン リストを作成したら、想定どおりに動作するか確認します。たとえば、すべてのエントリを表示するのにセルの幅が十分広いかなどを確認しましょう。

ドロップダウン リスト用のエントリのリストが別のワークシート上にあり、ユーザーがそれを表示したり編集したりできないようにするには、そのシートを非表示にして保護します。ワークシートの保護方法の詳細については、「セルをロックして保護する」を参照してください。

ドロップダウン リストのオプションを変更する場合は、「ドロップダウン リストからアイテムを追加または削除する」を参照してください。

ドロップダウン リストを削除するには、「ドロップダウン リストを削除する」を参照してください。

この記事に記載されているデータ入力規則のいくつかの例を含むサンプル ブックをダウンロードできます。理解を深めたり、独自のデータの入力規則のシナリオを作成したりできます。Excel のデータ入力規則のサンプルのダウンロード

データ エントリは、セル内の値をドロップダウン リストの選択肢に制限すると、より迅速かつ正確になります。

高、中、低の値を含むドロップダウン リスト

まず、シートで有効なエントリのリストを作成し、希望する順序で表示されるように、エントリを並べ替えまたは再配置します。こうしてデータのドロップダウン リストのソースとなるエントリを使用することができます。リストが大きくない場合には、これを参照し、エントリをデータの入力規則のツールに直接入力することは簡単です。

  1. ドロップダウン リストに表示する有効な入力値のリストを作成するには、空のセルを含めないようにして、各入力値をシートで 1 つの列または行に入力します。

  2. データ入力を制御するセルを選択します。

  3. [データ] タブの [ツール] から、[データの入力規則] または [検証] をクリックします。

    Excel のツール バーの [データ] メニューで選択されているデータ入力規則

    注: 入力規則コマンドが利用できない場合は、シートが保護されているか、ブックが共有されている可能性があります。ブックが共有またはシートが保護されている場合、データの入力規則の設定は変更できません。ブックの保護の詳細については、「ブックを保護する」を参照してください。

  4. [設定] タブをクリックし、[許可] のポップアップ メニューで [リスト] をクリックします。

  5. [ソース] ボックス内をクリックして、シート上で有効なエントリのリストを選択します。

    ダイアログ ボックスが最小化され、シートの閲覧が簡単になります。

  6. Return キーを押すか、[展開] [データの入力規則の展開] ボタン ボタンをクリックして、ダイアログ ボックスを元に戻し、[OK] をクリックします。

    ヒント: 

    • または、[ソース] ボックスに、コンマで区切って直接値を入力することもできます。

    • 有効なエントリのリストを変更するには、ソース リストの値を変更するか、[ソース] ボックスの範囲を編集します。

    • 無効なデータ入力に返答するエラー メッセージを指定することができます。[データ] タブで [データの入力規則] または [検証] をクリックし、次に [エラー メッセージ] タブをクリックします。

関連項目

セルにデータの入力規則を適用する

データ フォームを使用してデータ入力を簡略化する

  1. 新しいワークシート上で、ドロップダウン リストに表示するエントリを入力します。Excel ワークシートの挿入にリスト項目があることが理想的です。

    注: 

  2. ドロップダウン リストを配置するワークシートのセルを選択します。

  3. リボンの [データ] タブから、[データの入力規則] をクリックします。

  4. [設定] タブの [許可] ボックスで、[リスト] をクリックします。

  5. 既にドロップダウン エントリでテーブルを作成している場合、[ソース] ボックスをクリックして、これらのエントリが含まれているセルをクリック アンド ドラッグします。ただし、ヘッダー セルを含めないでください。含めるのはドロップダウンに表示するセルだけにしてください。また、[ソース] ボックスで、次のようにコンマで区切り、エントリ リストを入力できます。

    フルーツ、野菜、穀物、乳製品、スナック

  6. ユーザーがセルを空欄のままにできるようにするには、[空白を無視する] ボックスをオンにします。

  7. [ドロップダウン リストから選択する] ボックスをオンにします。

  8. [入力時メッセージ] タブをクリックします。

    • セルをクリックするとメッセージがポップアップされるようにするには、[メッセージの表示] チェック ボックスをオンにし、ボックスにタイトルとメッセージを入力します (最大 225 文字)。メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。

  9. [エラー メッセージ] タブをクリックします。

    • リストにない項目が入力された場合にメッセージを表示するには、[警告の表示] チェックボックスをオンにし、[入力] からオプションを選択し、タイトルとメッセージを入力します。メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。

  10. [OK] をクリックします。

ドロップ ダウン リストを作成した後は、本来の目的通りに動作するようにします。たとえば、すべてのエントリを表示するのにセルの幅が十分であるかどうかをチェックします。ドロップダウン リストのオプションを変更する場合は、「ドロップダウン リストからアイテムを追加または削除する」を参照してください。ドロップダウン リストを削除するには、「ドロップダウン リストを削除する」を参照してください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

セルにデータの入力規則を適用する

全 Excel 関数 (機能別)

ドロップダウン リストを作成する (無料プレビュー)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×