ドロップダウン リストの作成と管理

ドロップダウン リストを管理する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ドロップダウン リスト データが変更されないように、そのデータが入力されている列、行、またはワークシート全体を非表示にすることができます。変更する場合は、非表示を解除します。また、ワークシートのセル、さらにはワークシート全体をロックして、パスワードで保護することもできます。

セルをロックして保護する

上司にブックを保護するように頼まれました。しかし、保護した後、いくつかセルを変更したいと言われたため、セルの保護を解除しました。上司が変更したので、セルを再びロックできるようになりました。これらの操作は、次のように行います。

  1. ロックするセルを選択します。

  2. [ホーム] をクリックし、[セルの書式設定] ダイアログ ボックス起動ツール (リボンで [配置] の右にある矢印) をクリックします。

  3. [保護] タブで、[ロック] ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

  4. [校閲]、[シートの保護] または [ブックの保護] の順にクリックして、保護を再び適用します。

さらに詳しく

ドロップダウン リストを作成する

ドロップダウン リストの項目を追加または削除する

ドロップダウン リストを削除する

セルをロックして保護する

ドロップダウン リストのデータが誤って変更されないようにするには、

データを含む列、行、またはワークシート全体を非表示にします。

その後にデータを変更する場合は再表示できます。

ワークシートのセルやワークシート全体をロックしてパスワードで保護することもできます。

データをパスワードで保護すると、パスワードを知っている人しか変更できなくなります。

ただし、データを変更するのが多少面倒になります。

先にデータの保護を解除する必要があるからです。

列や行を非表示にするには、列または行を選択し、右クリックして [非表示] をクリックします。

再表示するには、非表示にした列または行のいずれかの側にある列または行を選択して、マウスを反対側にドラッグし、

右クリックして [再表示] をクリックします。

ワークシートを非表示にするには、ワークシートのタブを右クリックして、[非表示] をクリックします。

ワークシートを再表示するには、いずれかのワークシート タブを右クリックして [再表示] をクリックし、[OK] をクリックします。

既定では、ワークシートのすべてのセルがロックされていますが、ワークシートをパスワードで保護しない限り、特に影響はありません。

ワークシートをパスワードで保護するには、タブを右クリックして、[シートの保護] をクリックします。

パスワードを入力して、[OK] をクリックします。

もう一度パスワードを入力して、[OK] をクリックします。

これで、ワークシートのセルにデータを入力しようとするとエラーが表示されるようになります。

ワークシートの保護を解除するには、ワークシートのタブを右クリックして [シート保護の解除] をクリックし、パスワードを入力して [OK] をクリックします。

特定のセルをロックするには、まず、ワークシートの既定の設定を変更する必要があります。

ワークシート全体を選択し、右クリックして [セルの書式設定] をクリックします。

[セルの書式設定] で、[保護] タブをクリックし、[ロック] をオフにして、[OK] をクリックします。

ロックするセルを選択し、右クリックして [セルの書式設定] をクリックします。

[セルの書式設定] で、[ロック] をオンにして、[OK] をクリックします。

その後、ワークシートをパスワードで保護すると、

これらのセルだけがロックされます。

ロックされていないセルには入力できますが、ロックされているセルに入力しようとするとエラーが表示されます。

ドロップダウン リストのオプションを変更するには、ドロップダウン リストのデータか、

[データの入力規則] の [元の値] フィールドを編集します。

[元の値] フィールドのカンマ区切りリストを使うドロップダウン リストの場合は、ドロップダウン リストを含むセルを選択し、

[データの入力規則] の [元の値] フィールドでカンマ区切りリストを変更します。

[OK] をクリックします。

更新されたリスト オプションが表示されます。

セル範囲に基づくドロップダウン リストの場合は、範囲内のセルをクリックしてデータを変更します。

ドロップダウン リスト オプションを挿入するには、範囲内のセルを右クリックして [挿入] をクリックし、[OK] をクリックして、

新しいオプションをセルに入力します。セルを削除する場合も同様です。

先ほどと同じように、更新されたリスト オプションが表示されます。

さらに、ドロップダウン リストを含むセルを選択し、[データの入力規則] をクリックして、[元の値] を新しいセル範囲に設定することもできます。

名前付き範囲に基づくドロップダウン リストの場合は、範囲内のセルをクリックしてデータを変更します。

ドロップダウン リスト オプションを挿入するには、範囲内のセルを右クリックして

[挿入] をクリックし、[OK] をクリックして、新しいオプションをセルに入力します。セルを削除する場合も同様です。

先ほどと同じように、更新されたリスト オプションが表示されます。

名前付き範囲を編集または削除するには、[数式] タブをクリックし、[名前の管理] をクリックします。

[名前の管理] で、目的の名前を選択して、[編集] または [削除] をクリックします。

ドロップダウン リストをセルから削除するには、セルを選択し、[データの入力規則] をクリックして、[すべてクリア] をクリックし、[OK] をクリックします。

ドロップダウン リストがセルから削除されますが、選択されている値は削除されません。

それらを削除するには、Del キーを押します。

ここでは、Excel でドロップダウン リストを適用して使う方法について説明しました。

もちろん、他にも学習することがあります。

最後にコースのまとめをチェックし、自分で Excel 2013 を使ってみてください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×