ドラフト: 鉛筆、直線、円弧、自在曲線のいずれかのツールを使用して閉じた図形を描画する

この記事は皆様からのフィードバックを受け付けています。頂いたコメントは、担当編集者が確認し、記事に修正を加えたうえで、最終版の記事を作成します。コメントをお送りいただくには、この記事の末尾の [はい] または [いいえ] をクリックし、ご感想やご希望を入力してください。ご協力をお待ちしています。

閉じた図形とは、四角形や円などの、連続した枠線を持つ図形のことです。閉じた図形は、色やパターンで塗りつぶすことができます。

  1. [標準] ツールバーの Button image (描画ツール) をクリックし、[描画] ツールバーを表示します。

  2. 次のいずれかのツールをクリックします。

    • ボタンの画像 (鉛筆ツール)

    • ボタンの画像 (直線ツール)

    • ボタンの画像 (円弧ツール)

    • ボタンの画像 (自在曲線ツール)

  3. 最初の線分を描画するには、図形を開始する場所をポイントし、線分が目的のサイズになるまでドラッグします。

  4. 2 番目の線分を描画するには、最初の線分の端点 ( End point image, which is plus sign in a green square ) をポイントし、ポインタがプラス記号の形に変わったことを確認して、ポインタをドラッグします。

    2 番目の線分の描画が完了すると、端点 ( 始点の画像 - 内部が X の緑の四角形 End point image, which is plus sign in a green square ) の代わりにvertex, vertices ( Vertices handle image ) が図形に表示されます。

  5. 追加の線分を描画するには、追加した最後の線分の終点にある頂点をポイントし、ドラッグして次の線分を描画します。

  6. 図形を閉じるには、作成した最後の線分の端点を、最初の線分の開始位置にある頂点の上へドラッグします。

    図形が不透明になり、その図形がclosed shapeであることが示されます。

ヒント: 線分を元に戻すには、[編集] メニューの [元に戻す 線分の追加] をクリックします。描画したときと逆の順序で線分が削除されます。

ヒント: 新しい線分を描画するときに既存の線分のサイズが変更された場合は、そのサイズ変更された既存の線分の頂点が間違えて選択されています。その場合は、[編集] メニューの [元に戻す 線分の編集] をクリックし、その図形から離れた位置をクリックして選択状態を解除してください。再度、頂点をポイントしてドラッグし、新しい線分を描画します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×