ドメインを Office 365 に追加するときに、現在の Web サイトを維持する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

fourthcoffee.com のようなカスタム ドメインを Office 365 に追加するには、ドメイン設定ウィザードの手順に従います

Office 365 の外部に www.fourthcoffee.com のような追加しようとしているドメインを使用する Web サイトが既にある場合は、[いいえ。既存の Web サイトがあるか、自分の DNS レコードは自分で管理します。] を選びます。 その後、ウィザードの指示に従って、現在の DNS ホストにホストされているドメインの DNS レコードでドメインをセットアップします。 Web サイトがない場合は、代わりに Office 365 をセットアップして、ドメインの DNS を管理することもできます。

それでも Office 365 でドメインの DNS を管理する場合 (お勧めしません) 現在の Web サイトにリダイレクトする必要があります

Office 365 の外部に、ドメインを使用する Web サイトが既にある場合、この方法はお勧めしません (Office 365 の Web ホスティング パートナーのいずれかを使用して外部 Web サイトをセットアップしている場合を除く)。 Office 365 でドメインをセットアップしたときに、現在の Web サイトへのアクセスで問題が発生するのを防止するために、現在の DNS ホストでドメインの DNS を管理し続けることをお勧めします。

それでも、使用しているドメインの DNS を Office 365 で管理する場合は、Office 365 から現在の Web サイトへのリダイレクトを設定できます。Web サイトの静的アドレスを使用するリダイレクトを設定しなかった場合、ドメインを Office 365 に追加して、ドメインのネーム サーバーが Office 365 のネーム サーバーをポイントするように変更した後に、ユーザーが Web サイトにアクセスできなくなります。

Web サイトへのアクセスに影響する理由は、ネーム サーバーの設定が、Web ブラウザーや他のインターネット サービスにドメインの検索場所を示すためです。ドメインのネーム サーバーを Office 365 に変更すると、Office 365 でドメインの DNS を管理できるので、Web ブラウザーは Office 365 にある Web サイトを探します。Web サイトは、他のサービスでホストされているので、見つかりません。

Office 365 にドメインを追加して、Web サイトへのリダイレクトを設定する
  1. 作業を始める前に、現在の Web サイトの静的IP アドレスか FQDN が必要です。Web サイトのホスティング プロバイダーに問い合わせて、IP アドレスか FQDN を取得してください (Ping などのプログラムを実行すると返されるアドレスのような動的IP アドレスを使うと、IP アドレスが変わる可能性があるため、信頼性の高いリダイレクトを設定できません)。

  2. ドメイン設定ウィザードの手順に従って、Office 365 にドメインを追加します。

    このウィザードでは、独自のドメインを使った Web サイトがないことを示すオプションを選びます。 設定ウィザードで次の手順が完了するまで、ドメインのネーム サーバー レコードを変更しないでください。

  3. こちらの手順に従って A レコードを作成し、現在の Web サイト ホスティング プロバイダーから取得した IP アドレス (または FQDN) を使って、トラフィックを自分の Web サイトにリダイレクトします。

  4. また、CNAME レコードも作成して、ドメイン名に www を含めるかどうかにかかわらず、ユーザーが Web サイトを見つけられるようにすることをお勧めします。Office 365 で、こちらの手順に従って、Office 365 の CNAME レコードを追加します

    A レコードや CNAME レコードを作成するオプションがない場合は、「A レコードまたは CNAME レコードを更新できない場合」を参照してください。

  5. ドメイン設定ウィザードの最後の手順に従って、Office 365 ネーム サーバーをポイントするようにネーム サーバー レコードを変更します。

ページの先頭へ

これでメール アカウントと Web サイトのリダイレクトを設定したので、Office 365 をポイントするようにドメインのドメイン名サーバー (NS) レコードを更新できます。前に説明したように、メール アドレスと A レコードを最初に設定しておくと、組織のすべてのユーザーが、ドメイン アドレスを使うメール アカウントを持つことができます。また、NS レコードを変更しても、現在の Web サイト ホスティング プロバイダーで Web サイトを引き続き使用できます。

注: ここで説明しているようにドメインの NS レコードを変更するときは、メールなどのドメイン サービスのポイント先を Office 365 をポイントするように変更します。Office 365 の外部にある、メールのドメインを既に使用している場合は、ユーザーのドメインを使用して Office 365 メール アドレス (ben@contoso.com など) を作成して、Office 365 をポイントするように NS レコードを更新したときにユーザーがメール メッセージを失わないようにします。

設定ウィザードを完了する: ネーム サーバー レコードを変更する
  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. ドメインのページに移動します

  3. 設定しているドメインの [ドメインの管理] ページで、[セットアップの完了] を選びます。

  4. 手順に従って、Office 365 ネーム サーバーをポイントするようにネーム サーバー レコードを更新します。

NS レコードを更新すると、メールは Office 365 にルーティングされますが、ドメインを使う Web サイト アドレスへのトラフィックは引き続き現在のホスティング プロバイダーに転送されます。

ページの先頭へ

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×