ドメインに関する FAQ

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、 Office 365のドメインについてよく寄せられる質問に対する回答を示します。

質問の回答が見つからない場合は、コメントを残してお知らせください。Microsoft が一覧に追加します。

最終更新日: 3/28/2018

MX 優先度とは

メールは最も小さい優先順位番号 (最高の優先順位) でメール交換サーバーに配信されるので、メールのルーティングに使用する MX レコードは、最も小さい優先順位番号 (通常は 0 または高い優先順位) が指定されている必要があります。

  • MX レコードを作成するときには、ほとんどの DNS ホスティング プロバイダーで、優先度順位を設定する必要があります。

  • ボックスのラベルは [優先度] の場合もあれば、[優先順位] の場合もあります。

  • 数値を要求される場合もあれば、[]、[]、または [] を選択するように要求される場合もあります。

  • MX レコードが 1 つだけの場合は、任意の値を優先順位に指定できます。

  • 複数の MX レコードがある場合は、メールのルーティングの MX レコードがドメインを所有していることを検証するために使用されるレコードより高い優先度になっていることを確認します。

自分のドメインの SPF レコードを検証するにはどうすればよいですか?

SPF 用の TXT レコードを1つだけ作成することが重要です。既に SPF レコードを持っている場合は、新しいOffice 365の値を追加します。Office 365メールの SPF レコードを追加または更新したら、次のいずれかのツールを使用して、構文が正しいかどうかを確認する必要があります。

Office 365で DNS レコードを管理するにはどうすればよいですか?

Office 365を使用した DNS 管理には、次の2つのオプションがあります。

  1. ネームサーバー (NS) レコードを変更すると、 Office 365は、メールの MX レコードの設定など、すべてのサービス固有のレコードを処理します。(推奨)

  2. 電子メールやその他のOffice 365サービスの dns レコードを自分で dns ホストに追加します。(専門家のみ)

1: Office 365は、DNS レコードを作成してホストします。

 2: DNS レコードを自分で管理する

利点

  • Office 365 services の DNS レコードに入力した値に誤りがあることを心配する必要はありません。

  • ドメイン レジストラーと DNS ホストを柔軟に選ぶことができます。ネーム サーバー レコードの変更を許可しているプロバイダーであれば、必要なレコード タイプの一部をサポートしていないプロバイダーであっても、問題なく機能します。

  • Office 365によって新しい DNS レコードが追加された場合、更新を行う必要はありません。

欠点

  • Office 365の外部でメールをホストするために DNS レコードを変更することはできません。

  • www.fourthcoffee.comのように、自分のドメインのアドレスに対してパブリック web サイトを既に使用している場合は、 Office 365からそのアドレスにユーザーをリダイレクトする必要があります。リダイレクションを設定するには、静的な IP アドレスが必要です。これは、一般向け web サイトでは簡単には使用できません。

  • 現在のドメイン レジストラーが、ドメインのネームサーバー レコードの変更を許可していない場合、この DNS 管理オプションを使うには、別のレジストラーに切り替える必要があります。

長所

  • Office 365サービスの DNS レコードを制御します。

  • www.fourthcoffee.comのように、自分のドメインのアドレスに対してパブリック web サイトを使用している場合は、 Office 365でドメインをセットアップした後に、ユーザーが自分の web サイトに確実に到達できるようにするために、リダイレクションを使うことを心配する必要はありません。

  • オンプレミスの Exchange Server など、他の場所でメールを柔軟にホストできます。

短所

  • Office 365 services の DNS レコードを自分で設定する必要があります (GoDaddy ドメインを持っていない場合)。

  • 現在の dns ホストがOffice 365で必要なレコードの種類をすべてサポートしていない場合、一部のOffice 365機能は利用できず、別の dns ホストに切り替える必要がある場合があります。潜在的なサービスの制限について説明します。

  • Office 365が dns レコードの要件を変更したり、新しいサービスを追加したりする場合、自分の dns ホストで更新を行う必要があります。

ドメイン名とは

ドメインは、 @サインインのメールアドレスの後に表示される一意の名前で、web アドレスの後にはwww.通常、組織の名前の形式と、 yourbusiness.comや stateuniversity.edu などの標準的なインターネットサフィックスを受け取ります。

Office 365で "rob@contoso.com" のようなカスタムドメインを使用すると、ブランドの信頼性と認識を高めることができます。

Office 365 でドメインを購入して自動的に設定するか、ドメイン レジストラーで購入したり、入手済みのドメインを使用したりすることができます。

Office 365から別のプロバイダーに自分のドメインを移行できますか?

Office 365ドメインを別のレジストラーに転送することはできませんが、 Office 365に登録してから60日後まで

次の手順に従って、 Office 365でコードを取得してから、もう一方のドメインレジストラーの web サイトにアクセスして、ドメイン名をレジストラーに転送するように設定します。

  1. 管理センターで、[ドメイン] ページに移動するか、[設定]、[ドメイン] の順に選びます。

    Office 365 ドイツを使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

    21Vianet で動作している Office 365 を使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

  2. [ドメイン ] ページで、別のドメインレジストラーに転送するOffice 365ドメインを選択し、[ドメインの設定] を選びます。

  3. [プライバシー設定] で、[ドメインの移行を有効にする] を選択します。

  4. 手順に従って、ドメインの移行を準備します。

  5. コードを取得したら、ドメイン名の管理に使用するドメイン レジストラーの Web サイトに移動し、サイトの指示に従って、ドメインを移行します (方法についてはレジストラーのヘルプを参照)。

  6. コードをもう一度確認する必要がある場合は、 Office 365の [ドメインの設定] ページで、[ドメインの移行の認証コードの表示] を選びます。

  7. 移行が完了したら、新しいドメインレジストラーでドメインを更新します。

  8. プロセスを完了するには、[管理センターのドメイン] ページに戻り、[完全なドメイン転送] を選びます。

Office 365で DNS レコードを管理する方法を変更するにはどうすればよいですか?

dns 管理をOffice 365外の dns ホストに変更する

  1. ネームサーバーを変更する:

    1. 自分のドメインのドメイン レジストラーにサインインします。

    2. レジストラーの Web サイトで、ネームサーバー レコードの更新を行うエリアを見つけ、ネームサーバーのポイント先をドメインの DNS ホストに更新します (DNS ホストがドメイン レジストラーであることもよくあります)。

  2. リンクをたどって、ドメインのセットアップウィザードに移動します。

    1. 管理センターで、[ドメイン] ページに移動するか、[設定]、[ドメイン] の順に選びます。

      Office 365 ドイツを使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

      21Vianet で動作している Office 365 を使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

    2. [ドメイン] ページで、切り替えているドメインを選び、[ DNS Management] を選びます。

  3. ドメインの DNS レコードを管理するためのオプションを選択します。

    1. ドメインのセットアップウィザードの [オンラインサービスの設定] ページで、[自分の DNS レコードを管理する] を選び、[次へ] を選びます。

    2. [DNS 設定の更新] ページでウィザードに表示された DNS レコードをレジストラーの Web サイトに追加します。 

    3. レコードを追加したら、 Office 365に戻って、[確認] を選択します。

DNS 管理をOffice 365に変更する

  1. リンクをたどって、ドメインのセットアップウィザードに移動します。

    1. 管理センターで、[ドメイン] ページに移動するか、[設定]、[ドメイン] の順に選びます。

      Office 365 ドイツを使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

      21Vianet で動作している Office 365 を使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

    2. [ドメイン] ページで、切り替えているドメインを選び、[ DNS Management] を選びます。

  2. ドメインの DNS レコードを管理するためのオプションを選択します。

    1. ドメインのセットアップウィザードの [オンラインサービスの設定] ページで、[自分のオンラインサービスをセットアップする] を選びます。(推奨)をクリックし、[次へ] を選びます。

    2. ドメインの確認をまだしていない場合は、まず、次の手順に従って、行ってください。

    3. [ DNS 設定の更新] ページで、 Office 365のネームサーバーを一覧表示します。ドメインのドメインレジストラーに移動し、 Office 365ネームサーバーにネームサーバーを更新します。

    4. ネームサーバーを更新したら、少なくとも1時間待機します。次に、 Office 365のウィザードに戻り、[確認] を選びます。

自分の DNS プロバイダーが特定のレコードの種類をサポートしていない場合はどうなりますか?

独自の dns レコードを管理している場合、dns ホストはOffice 365が必要とするすべての dns レコードをサポートしていないため、一部のOffice 365機能は動作しません。必要なすべての DNS レコードをサポートしているレジストラーにドメインを移行することをお勧めします。

必要な DNS レコードをすべてサポートするプロバイダー

  • Dynadot

  • eNomCentral

  • Europe Registry

  • GoDaddy

  • Hover

  • MyHosting.com

  • Name.com

  • Nearly Free Speech

  • Nettica

  • Network Information Center (NIC)

  • Network Solutions

  • Register.com

SRV レコードがサポートされていない場合、次のOffice 365機能は使用できません。

  • Skype for Business OnlineOutlook Web Appとの IM とプレゼンスの統合

  • 他の組織の Skype for Business Online ユーザーとの外部通信 (フェデレーション)。

  • Microsoft アカウント (旧称 Windows Live ID) を使ってサインインした Skype for Business Online ユーザーとのパブリック インターネット接続 (PIC)。

複数の CNAME レコードがサポートされていない場合は、 Skype for Business Onlineの次の機能を選択する必要があります。

  • メールデスクトップクライアントとモバイルクライアントでは、自動検出を使用して、ユーザーがサーバー名を入力せずにサインインできるようにExchange Onlineサービスを自動的に見つけることができます。

  • Skype for Business Onlineデスクトップ クライアントでは、自動検出を使用して自動的に Skype for Business Online サービスが自動的に検出されるため、ユーザーはサーバー名を入力せずにサインインできます。

  • Skype for Business Onlineモバイル クライアントでは、自動検出を使用して自動的に Skype for Business Online サービスが自動的に検出されるため、ユーザーはサーバー名を入力せずにサインインできます。

SPF/TXT レコードがサポートされない場合、他のユーザーがドメインを使用して、スパムまたはその他の悪意のあるメールを送信できる可能性があります。SPF レコードは、ユーザーのドメインからメールを送信することを承認されているサーバーを識別することで動作します。

Office 365で既定のドメインを変更するにはどうすればよいですか?

既定のドメインを選択するには、1つ以上のカスタムドメインをOffice 365に追加しておく必要があります。

  1. 管理センターで、[ドメイン] ページに移動するか、[設定]、[ドメイン] の順に選びます。

    Office 365 ドイツを使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

    21Vianet で動作している Office 365 を使用している場合は、[このドメイン] ページに移動します。

  2. [ドメイン] ページで、新しいメール アドレスの既定のドメインとして設定するドメインを選びます。

  3. [既定に設定] を選びます。

最初 .onmicrosoft.com ドメインの名前を変更することはできません。

最初のonmicrosoft.deドメインの名前を変更することはできません。

最初のpartner.onmschina.cnドメインの名前を変更することはできません。

カスタムサブドメインまたは複数のドメインをOffice 365に追加できますか?

はい!サブドメインを追加するには、レジストラーの web サイトで独自の DNS 設定を管理する必要があります。Microsoft が NS レコードで DNS 設定を管理できるようにする場合、サブドメインを追加することはできません。

はい!サブドメインを追加するには、レジストラーの web サイトで独自の DNS 設定を管理する必要があります。Microsoft が NS レコードで DNS 設定を管理できるようにする場合、サブドメインを追加することはできません。

はい!サブドメインを追加するには、レジストラーの web サイトで独自の DNS 設定を管理する必要があります。21Vianet で NS レコードを使用して DNS 設定を管理できるようにする場合は、サブドメインを追加することはできません。

通常、 Office 365サブスクリプションには、最大900のドメインを追加することができます。

たとえば、 contoso.comcontosomarketing.comというドメインを追加し、サブドメインwww.contoso.comwww.partners.contoso.comwww.partners.marketing.contoso.comなどを追加することができます。

サブドメインを追加すると、確認されている親ドメインに基づいて自動的に確認されます。

Office 365に複数のドメインを追加すると、追加した任意のドメインで任意のサービス (メールなど) をホストすることができます。Office 365にメールを変更すると、ドメインの MX レコードを更新することで、そのドメインに送信されたすべてのメールがOffice 365に来始めます。

"onmicrosoft.com" ドメインがあるのはなぜですか?

Office 365は、 contoso.onmicrosoft.comのように、サービスにサインアップしたときに、自分のドメインを作成します。サインアップ時に作成したユーザー ID には、 alan@contoso.onmicrosoft.comのようなドメインが含まれています。

alan@contoso.com: のようなメール アドレスが必要な場合は、ドメインを購入するか、既にドメインがある場合は、「セットアップ ウィザードを使用してユーザーとドメインを追加する」の手順に従います。

  • サインアップ後に onmicrosoft ドメインの名前を変更することはできません。たとえば、最初に選んだドメインがfourthcoffee.onmicrosoft.comである場合は、 fabrikam.onmicrosoft.comに変更することはできません。別の onmicrosoft.com ドメインを使用するには、 Office 365で新しいサブスクリプションを開始する必要があります。

  • チームサイトの URL の名前を変更することはできません。チームサイトの URL は、onmicrosoft.com のドメイン名に基づいています。残念ながら、 SharePoint Onlineアーキテクチャのしくみのため、チームサイトの名前を変更することはできません。

  • onmicrosoft ドメインを削除することはできません。Office 365は、サブスクリプションの舞台裏で使われているため、それを回避する必要があります。ただし、カスタムドメインを追加した後は、自分でドメインを使用する必要はありません。

ドメインを追加した後でも、初期の onmicrosoft.com ドメインを使うことができます。初期ドメインは、メールやその他のサービスでも引き続き利用できます。

"onmicrosoft.de" ドメインがあるのはなぜですか?

Office 365は、 contoso.onmicrosoft.deのように、サービスにサインアップしたときに、自分のドメインを作成します。サインアップ時に作成したユーザー ID には、 alan@contoso.onmicrosoft.deのようなドメインが含まれています。

メールをalan@contoso.deのようにしたい場合: ドメインを購入するか、「ユーザーとドメインを Office 365 に追加する」の手順に従ってください。

  • サインアップ後に onmicrosoft ドメインの名前を変更することはできません。たとえば、最初に選んだドメインがfourthcoffee.onmicrosoft.deである場合は、 fabrikam.onmicrosoft.deに変更することはできません。別の onmicrosoft.de ドメインを使用するには、 Office 365で新しいサブスクリプションを開始する必要があります。

  • チームサイトの URL の名前を変更することはできません。チームサイトの URL は、onmicrosoft.de のドメイン名に基づいています。残念ながら、 SharePoint Onlineアーキテクチャのしくみのため、チームサイトの名前を変更することはできません。

  • onmicrosoft ドメインを削除することはできません。Office 365は、サブスクリプションの舞台裏で使われているため、それを回避する必要があります。ただし、カスタムドメインを追加した後は、自分でドメインを使用する必要はありません。

ドメインを追加した後でも、最初の onmicrosoft.de ドメインを使い続けることができます。メールやその他のサービスについては引き続き機能します。これはお好みです。

非営利団体または教育機関の状況を確認するにはどうすればよいですか?

  1. Office 365 管理センターで [セットアップ] を選び、ウィザードを開始します。(最初にOffice 365にサインインしてください。)

  2. 学校のOffice 365管理者になるには、次の手順に従って、 Office 365の [管理者になる] オプションを見つけて選択します。

  3. ドメインの dns ホスト web サイトに TXT dns レコードを追加するように求められます。なぜ?DNS ホストでサインインし、ドメインのレコードを追加することで、ドメイン名を所有していることをOffice 365することを証明します。

  4. レコードを追加したら、 Office 365ポータルに戻り、それを追加したことを確認します。 Office 365で確認できます。

非営利団体を持っていて、 Office 365を取得したいですか?組織がサービスを認定してからサインアップしていることを確認します。

学校のOffice 365管理者になる方法について詳しく知りたい場合は、詳細については、こちらをご覧ください。

カスタムドメインからいくつかのメールアドレスのみを使用して Office 365 をテストできますか?

ただし、次のような制限があります。

  • 現在のメール プロバイダーでメールを転送できる必要があります。

  • office 365 でこれらのレコードを管理するのではなく、dns ホスティングプロバイダーで office 365 関連の dns レコードを管理する必要があります。この場合の詳細については、「独自の DNS レコードを管理する場合は、「Office 365 にドメインを追加する」を参照してください。

  • 一部の Office 365 機能は使用できません。

  • 別のメール プロバイダーを使っているユーザーについては、空き時間情報を参照できません。

  • 管理者はすべてのアカウントを 1 つの場所では管理できません。

  • ユーザーが Office 365 迷惑メールフィルターを使用できない場合がある

  1. Office 365 管理センターにサインインします。

    1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

    2. [セットアップ]、[ドメイン] の順に選びます。

  2. 使用したいドメインを所有していることを確認する

    1. [ドメイン] ページで、[ドメインの追加] を選びます。

    2. パネルでドメインを入力し (この例では cohowinery.com)、[次へ] を選びます。

    3. [ドメインの確認] ページで、ステップバイステップの手順に従います。

    4. ドロップダウンリストで、DNS ホスティングプロバイダーを選び、指示に従ってドメインを所有していることを示します。

    5. [確認] を選びます。DNS の変更が有効になるまでの時間は、数分から 72 時間です。

    6. 確認が正常に終了すると、DNS レコードの変更を求めるメッセージが表示されます。

  3. Exchange Online でドメインを共有としてマークする

    1. Exchange 管理センター (EAC) に移動します。

    2. EAC の [メールフロー ] セクションで、[承認済みドメイン] をクリックします。

    3. 変更するドメインをダブルクリックします。

    4. 表示されたウィンドウで、[内部の中継] を選びます。

    5. [保存] をクリックします。この設定が有効になるまでに、数分かかることがあります。

  4. 必要に応じて、既存のメールサーバーのブロックを解除する

    1. Office 365 では、Exchange Online protection (EOP) を使用して迷惑メールを保護します。EOP が現在のメールサーバーによって転送されている大量のスパムを検出した場合は、それをブロックして、転送を妨げる可能性があります。他のメールプロバイダーが使用しているスパム対策に自信がある場合は、Office 365 でそのサーバーをホワイトリストにすることができます。ただし、これにより、元のサーバー経由で受信したすべてのスパムを office 365 メールボックスに送信できるようになります。また、office 365 が迷惑メールを防ぐ方法について評価することはできません。

    2. Exchange 管理センター (EAC) に移動します。

    3. EAC で、[保護] を選び、[接続フィルター] を選びます。

    4. [IP 許可一覧] で、[+] を選んでメール サーバーの IP アドレスを追加します。この IP アドレスは、現在のメール プロバイダーにお問い合わせください。

  5. ユーザーアカウントを作成し、プライマリ (返信先) アドレスを設定する

    1. Office 365 管理センターに移動します。

    2. 左側のナビゲーション バーで、[ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順にクリックします。

    3. ユーザーアカウントを作成します。

    4. 各アカウントに [ + (新規)] を選び、必要な情報を入力します。

    5. 現在のユーザーのメールと同じままにするには、ユーザーフィールドは、ユーザーの既存のメールアドレスとまったく同じにする必要があります。

    6. [ユーザー名] の隣の、ドロップダウン リストからカスタム ドメイン名を選択します。

    7. [作成]、[閉じる] の順に選びます。

  6. dns ホスティングプロバイダーで dns レコードを更新する

    1. dns ホスティングプロバイダーの web サイトにサインインし、「 Office 365 の任意の dns ホスティングプロバイダーで dns レコードを作成する」の手順に従います。次の例外を確認します。

      1. 新しい MX レコードを作成したり、既存の MX レコードを変更したりしません。

      2. 以前のメール サーバーに対する Sender Policy Framework (SPF) レコードがある場合は、Exchange Online に対する新しい SPF (TXT) レコードを作成するのではなく、ただ、現在の TXT レコードに "include:outlook.com" を追加します。 たとえば、"v=spf1 mx include:adatum.com include:spf.protection.outlook.com ~all" になります。

      3. まだ SPF レコードを持っていない場合は、Office 365 で推奨されているものを変更して、現在のメールプロバイダーのドメインと protection.outlook.com を追加します。これは、両方のメールシステムからの送信メッセージを承認します。

  7. 現在のプロバイダーでメールの転送を設定する

    1. 現在のメールプロバイダーで、ユーザーのメールアカウントの転送を onmicrosoft.com ドメインに設定します。

    2. ユーザー A のメールボックスを usera@yourcompany.onmicrosoft.com に転送する必要がある

    3. ユーザー B のメールボックスを userb@yourcompany.onmicrosoft.com に転送する必要がある

    4. この手順を実行すると、次のように設定されます。

    5. usera@yourcompany.com と userb@yourcompany.com に送信されたすべてのメールは、Office 365 で利用できるようになります。

    6. 注:

      1. 転送をセットアップするための手順の詳細については、現在のメール プロバイダーにお問い合わせください。

      2. 現在のメール プロバイダーにメッセージのコピーを残す必要はありません。

      3. 多くのプロバイダーではメールを転送したときに送信者の返信先アドレスが変更されないため、元の送信者アドレスに返信が届きます。

  8. メールフローのテスト

    1. ユーザー A の資格情報を使用して Outlook Web App にサインインします。

    2. 次のテストを実行します。

    3. ローカル Office 365 メールをテストします。たとえば、ユーザー B にメールを送信します。このメールはすぐに配信される必要があります。このシナリオでは、Office 365 がローカルとしてメールボックスを認識しているため、メッセージは元のサーバーのユーザー B のメールボックスにルーティングされません。

    4. 他のメールシステムにある他のユーザーにメールをテストします。たとえば、ユーザー C にメールを送信します。このメールは、元のメールサーバー上のユーザー C のメールボックスに配信される必要があります。

    5. 外部アカウント、または他のメールシステムの従業員のメールアカウントから、他のメールシステムで転送が適切に設定されていることを確認します。たとえば、ユーザー C の origninal server アカウントまたは Hotmail アカウントからユーザー a のメールを送信し、ユーザー a の Office 365 メールボックスに到着したことを確認します。

  9. メールボックスの内容を移動する

    1. ユーザー a とユーザー B はどちらも Outlook を既に使用しているため、移動するユーザーは2人しかいないため、メールは古いものを開くことによって移動できます。outlook データファイル (.pst) から outlook アイテムをインポートするときに表示されるように、メッセージ、予定表アイテム、連絡先などをコピーします。Office 365 メールボックスの適切な場所に整理されると、すべてのデバイスから、どこからでもアイテムにアクセスできるようになります。

    2. メールボックスの数が多い場合、または従業員がまだ Outlook を使用していない場合は、Exchange 管理センターで利用できる移行ツールを使用できます。作業を開始するには、exchange 管理センターに移動し、「IMAP サーバーから exchange Online メールボックスにメールを移行する」の手順に従います。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×