ドキュメント ライブラリ内にある Word 文書の複数のバージョンを比較する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Office Word を使うとドキュメント ライブラリに格納されている文書の 2 つのバージョンを比較し、バージョン間で変更内容を表示できます。ドキュメント ライブラリのバージョン管理のになっている必要があり、 Windows SharePoint Services 3.0をいずれかを実行するサーバー上に存在する必要があります以降、またはMicrosoft Office SharePoint Server 2007以降。

重要: Word で、サーバーのドキュメントのバージョンを比較する機能は、スタンドアロン バージョンの Microsoft Office Word 2007 Microsoft Office Professional Plus 2007 と後で、Microsoft Office Enterprise 2007 と後で、Microsoft Office Ultimate でのみ使用できます。以降。

この記事の内容

概要

現在のドキュメントを最後のメジャー バージョンを比較します。

最新のバージョンと現在の文書を比較します。

現在のドキュメントを以前のバージョンを比較します。

概要

ドキュメント ライブラリでバージョン管理が有効になっていると、文書の以前のバージョンがライブラリに保存されます。これにより、内容が変更された場合の管理が容易になります。バージョン管理が特に役立つのは、複数のユーザーが同じプロジェクトで作業している場合や、データが開発とレビューという複数の段階を経由する場合です。このような場合、バージョン管理を行うことにより、バージョン間で行われた変更内容を比較できるようになります。

Windows SharePoint Services 3.0 および以降または Office SharePoint Server 2007 と以降とOffice Word 2007間と、以前のバージョンの文書を比較するには、後で統合を使用することができます。この統合には、次のオプションが提供されます。

  • メジャー バージョン     現在の文書を、その文書の最新のメジャー バージョンと比較します。

  • 最新バージョン     現在の文書を、以前のバージョンと比較します。以前のバージョンがマイナー バージョンである場合は、マイナー バージョンと比較します。以前のバージョンがメジャー バージョンである場合は、メジャー バージョンと比較します。

  • 特定のバージョン    このオプションは、現在の文書を以前のバージョンを比較します。このオプションを選択するときに、Word を使用して文書を比較する設定を変更することもできます。たとえば、コメント、書式、または大文字と小文字を比較するかどうかを選択できます。

次の図は、 Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部であると、リボンの [比較] をクリックすると、利用可能なオプションを示します。これらのオプションは、バージョン管理が有効であるドキュメント ライブラリに保存されている文書を開いた場合にのみ使用可能なことに注意します。

[比較] ボタンのオプション

バージョンを比較するときに既定が表示されますが、2 つソース ドキュメント、元の文書と比較するには、バージョン、別々 のウィンドウの右側のウィンドウ枠します。これらのドキュメントは、コンテキストで、変更を確認できるように比較対象の文書で同時にスクロールします。文書を比較しているが、何らかの方法で変更されていないことに注意してくださいし、それらを比較するときにこれらのウィンドウで編集することはできません。リボンの [比較] をクリックすると、[校閲] タブまたは以降のバージョンでは、 [元の文書をクリックして場合は、これらのドキュメントを非表示にできます。比較対象の文書は、3 番目のペインに表示され、変更履歴は、元の文書と変更された文書の相違点を示します。承諾またはこれらの変更を拒否し、通常どおり、比較対象の文書を編集できます。

承諾または元に戻してと比較して文書の変更が完了したら、ドキュメント ライブラリと比較して、新しいドキュメントを保存するのに名前を付けて保存を使用できます。ソース ドキュメントのいずれかのバージョン履歴が含まれていません、新しいバージョンの履歴にこのドキュメントが開始されます。

ページの先頭へ

現在の文書を最新のメジャー バージョンと比較する

バージョン管理を有効にされているドキュメント ライブラリでのバージョンを比較するドキュメントが存在する必要があり、ドキュメントには、少なくとも 1 つ前のメジャー バージョンとバージョン履歴が必要があります。

現在の文書を最新のメジャー バージョンと比較するには

  1. ライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    サイド リンク バーで、ライブラリの名前が表示されない場合は、すべてのサイト コンテンツを表示する] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 開きたいファイルの名前をクリックします。Word で文書を開きます。

    注: ファイルをチェックアウトする必要はありません。

  3. Word で、[校閲] タブの [比較] をクリックします。

  4. [メジャー バージョン] をクリックします。

    Word では、最新のメジャー バージョンを開き、別のドキュメントのバージョンを比較したもの。

ページの先頭へ

現在の文書を最新のバージョンと比較する

バージョン管理を有効にされているドキュメント ライブラリでのバージョンを比較するドキュメントが存在する必要があり、文書が以前のバージョンを少なくとも 1 つのバージョン履歴必要があります。

現在の文書を最新のバージョン (メジャー バージョンまたはマイナー バージョン) と比較するには

  1. ライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    サイド リンク バーで、ライブラリの名前が表示されない場合は、すべてのサイト コンテンツを表示する] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 開きたいファイルの名前をクリックします。Word で文書を開きます。

    注: ファイルをチェックアウトする必要はありません。

  3. Word で、[校閲] タブの [比較] をクリックします。

  4. [最新バージョン] をクリックします。

    Word では、最新バージョンを開き、別のドキュメントのバージョンを比較したもの。

ページの先頭へ

現在の文書を以前の任意のバージョンと比較する

バージョン管理を有効にされているドキュメント ライブラリでのバージョンを比較するドキュメントが存在する必要があり、文書が以前のバージョンを少なくとも 1 つのバージョン履歴必要があります。

現在の文書を特定のバージョンと比較するには

  1. ライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    サイド リンク バーで、ライブラリの名前が表示されない場合は、すべてのサイト コンテンツを表示する] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 開きたいファイルの名前をクリックします。Word で文書を開きます。

    注: ファイルをチェックアウトする必要はありません。

  3. Word で、[校閲] タブの [比較] をクリックします。

  4. [特定のバージョン] をクリックします。

  5. [Versions saved] ダイアログ ボックスで、現在の文書と比較するバージョンをクリックし、[比較] をクリックします。

    Word では、選択したバージョンを開き、別のドキュメントのバージョンを比較したもの。

比較の設定を変更する

バージョンを保存] ダイアログ ボックスで、詳細使用可能な比較の設定を表示する] をクリックします。これらの設定は、ドキュメントの要素が比較を確認します。既定では、すべての比較の設定が選択されます。これらの設定に対して行った変更は、将来の比較で既定の設定として使用します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×