ドキュメント ライブラリ内にある Word 文書の複数のバージョンを比較する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Word 2007 を使用すると、ドキュメント ライブラリに保存されている 2 つのバージョンの文書を比較して、バージョン間の相違点を表示できます。これを行うには、ドキュメント ライブラリでバージョン管理が有効であることと、Windows SharePoint Services 3.0 または Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバー上にドキュメント ライブラリが格納されていることが必要です。

重要: Office Word 2007でサーバー ドキュメントのバージョンを比較する機能は、スタンドアロン バージョンOffice Word 2007の Microsoft Office Professional Plus 2007、Microsoft Office Enterprise 2007、Microsoft Office Ultimate 2007 でのみ使用できます。

この記事の内容

概要

現在の文書を最新のメジャー バージョンと比較する

現在の文書を最新のバージョンと比較する

現在の文書を以前の任意のバージョンと比較する

概要

ドキュメント ライブラリでバージョン管理が有効になっていると、文書の以前のバージョンがライブラリに保存されます。これにより、内容が変更された場合の管理が容易になります。バージョン管理が特に役立つのは、複数のユーザーが同じプロジェクトで作業している場合や、データが開発とレビューという複数の段階を経由する場合です。このような場合、バージョン管理を行うことにより、バージョン間で行われた変更内容を比較できるようになります。

Windows SharePoint Services 3.0 または Office SharePoint Server 2007 と Office Word 2007 を統合することにより、文書を以前の任意のバージョンと比較できます。この統合により、次のオプションが利用できるようになります。

  • メジャー バージョン     現在の文書を、その文書の最新のメジャー バージョンと比較します。

  • 最新バージョン     現在の文書を、以前のバージョンと比較します。以前のバージョンがマイナー バージョンである場合は、マイナー バージョンと比較します。以前のバージョンがメジャー バージョンである場合は、メジャー バージョンと比較します。

  • 特定のバージョン     現在の文書を、指定した任意の以前のバージョンと比較します。このオプションを選択した場合は、文書を比較するために Office Word 2007 で使用する設定を変更することもできます。たとえば、コメント、書式、大文字小文字の違いを比較するかどうかを指定できます。

次の図は、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス の一部としてリボンの [比較] にこれらのオプションが表示されているようすを示しています。このオプションは、バージョン管理が有効になっているドキュメント ライブラリに保存された文書を開いたときのみ表示されます。

[比較] ボタンのオプション

2 つのバージョンを比較する場合、既定では、2 つの元の文書 (現在の文書、および比較するバージョン) が Office Word 2007 のウィンドウの右側で個別のウィンドウ枠に表示されます。これらの文書は、比較結果文書と同時にスクロールするため、変更を文脈で確認できます。比較されている元の文書が変更されることはなく、比較中にこれらのウィンドウ枠で元の文書を編集することもできません。必要に応じて、[校閲] タブで [元の文書を表示] をクリックすることで、これらの文書を非表示にできます。比較結果文書は 3 つ目のウィンドウ枠に表示され、変更履歴によって元の文書と変更された文書との間の相違点が示されます。比較結果文書では、これらの変更箇所を反映するか元に戻すかを選択できるほか、通常の文書と同じように編集することもできます。

比較結果文書で変更箇所を反映するかどうかの確認が終わったら、比較結果文書を新しい文書として保存できます。 Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) の [名前を付けて保存] をクリックすると、新しい比較結果文書をドキュメント ライブラリに保存できます。比較結果文書をドキュメント ライブラリに保存した場合、新たにアップロードされた文書のバージョン履歴が新規に開始され、元の 2 つの文書のバージョン履歴は組み込まれません。

ページの先頭へ

現在の文書を最新のメジャー バージョンと比較する

この比較を行うには、バージョン管理が有効に設定されているドキュメント ライブラリに文書が保存されていて、その文書にバージョン履歴があり、以前のメジャー バージョンが少なくとも 1 つ存在することが必要です。バージョン管理の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

現在の文書を最新のメジャー バージョンと比較するには

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

    ライブラリの名前がサイド リンク バーに表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 目的のファイルの名前をクリックします。文書が Office Word 2007 で開かれます。

    注: ファイルをチェックアウトする必要はありません。

  3. Office Word 2007 の [校閲] タブの [比較] で [比較] をクリックします。

  4. [メジャー バージョン] をクリックします。

    最新のメジャー バージョンが開かれ、個別の文書として 2 つのバージョンが比較されます。

ページの先頭へ

現在の文書を最新のバージョンと比較する

この比較を行うには、バージョン管理が有効に設定されているドキュメント ライブラリに文書が保存されていて、その文書にバージョン履歴があり、以前のバージョンが少なくとも 1 つ存在することが必要です。バージョン管理の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

現在の文書を最新のバージョン (メジャー バージョンまたはマイナー バージョン) と比較するには

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

    ライブラリの名前がサイド リンク バーに表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 目的のファイルの名前をクリックします。文書が Office Word 2007 で開かれます。

    注: ファイルをチェックアウトする必要はありません。

  3. Office Word 2007 の [校閲] タブの [比較] で [比較] をクリックします。

  4. [最新バージョン] をクリックします。

    最新のバージョンが開かれ、個別の文書として 2 つのバージョンが比較されます。

ページの先頭へ

現在の文書を以前の任意のバージョンと比較する

この比較を行うには、バージョン管理が有効に設定されているドキュメント ライブラリに文書が保存されていて、その文書にバージョン履歴があり、以前のバージョンが少なくとも 1 つ存在することが必要です。バージョン管理の詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

現在の文書を特定のバージョンと比較するには

  1. ライブラリがまだ開かれていない場合は、その名前をサイド リンク バーでクリックします。

    ライブラリの名前がサイド リンク バーに表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックし、ライブラリの名前をクリックします。

  2. 目的のファイルの名前をクリックします。文書が Office Word 2007 で開かれます。

    注: ファイルをチェックアウトする必要はありません。

  3. Office Word 2007 の [校閲] タブの [比較] で [比較] をクリックします。

  4. [特定のバージョン] をクリックします。

  5. [Versions saved] ダイアログ ボックスで、現在の文書と比較するバージョンをクリックし、[比較] をクリックします。

    選択したバージョンが開かれ、個別の文書として 2 つのバージョンが比較されます。

比較の設定を変更する

[Versions saved] ダイアログ ボックスには、[More] という名前のボタンがあります。このボタンをクリックすると、ダイアログ ボックスが展開され、選択可能な比較の設定が表示されます。この設定により、文書のどの要素が比較されるかが決まります。既定では、すべての比較の設定が選択されています。設定を変更した場合、次回からは、変更後の設定が既定の設定として使用されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×