ドキュメント ライブラリのファイルを操作する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 ドキュメント ライブラリでは、ファイルの作成からフォルダー間でのファイルのコピーや移動まで、ファイルの操作方法が数多く提供されます。ユーザーおよび他のユーザーがファイルに対して行った作業を表示でき、必要に応じて、復元できる以前のバージョンを保存することができます。ユーザーおよびユーザーのチームは、ファイルを操作する場所、コンテンツ、方法など、多くを制御できます。

ドキュメント ライブラリで新しいドキュメント、リンク、またはフォルダーを作成する

SharePoint Online ドキュメント ライブラリを作成したら、コンテンツを追加する必要があります。まず、ドキュメントとファイルを作成またはアップロードします。

Office 365 で新しいフォルダーやドキュメントを作成する

新しい Office 365 ドキュメントを選ぶと、ライブラリに一般的なファイル (Document.docx、book.xlsx など) が作成され、それぞれのアプリで空のドキュメントが開きます。詳細については、「ドキュメント ライブラリで新しいファイルを作成する」を参照してください。

ファイルを整理するために、ドキュメント ライブラリでフォルダーを使用することができます。ライブラリへのフォルダーの追加の詳細については、「ドキュメント ライブラリでフォルダーを作成する」を参照してください。

ドキュメント ライブラリのファイルを編集する

ドキュメント ライブラリのファイル名をクリックし、Word、Excel、PowerPoint などの Office 365 アプリに関連付けられているファイルを開き、オンラインで編集することができます。Office 365 での編集時に、すべての変更内容が自動的に保存されます。

[開く] が強調表示されているファイルの省略記号メニュー

Word などのデスクトップ アプリがある場合は、ファイルを開くとき、または編集するときにそれが表示されます。デスクトップ アプリを選んだ場合は、ドキュメントがそのアプリで開き、他のファイルと同じように編集できます。オンライン バージョンの Word、Excel、または PowerPoint とは異なり、変更内容を保持するにはドキュメントを閉じる前に明示的に保存する必要があります。

ファイルに関連付けられているアプリがない場合は、ファイルをダウンロードできます。ファイルを開いて編集する方法の詳細については、「ドキュメント ライブラリ内のドキュメントを編集する」を参照してください。

ドキュメント ライブラリからファイルを削除する

ドキュメント ライブラリ内のアイテムが不要になった場合は、削除することができます。フォルダーを削除すると、それに含まれているファイルやフォルダーはすべて SharePoint Online でも削除されます。詳細については、「ドキュメント ライブラリからフォルダー、ファイル、リンクを削除する」を参照してください。

削除アイコンと、トップ リンク バーで強調表示されているリンク

削除したものを戻す必要がある場合、ごみ箱から復元できることがあります。詳細については、「Restore deleted content in the Recycle Bin of a SharePoint site」 (SharePoint サイトのごみ箱にある削除済みコンテンツを復元する) を参照してください。

排他編集のためのファイルのチェックインまたはチェックアウト

ファイルをチェックアウトすると、他のユーザーが変更できなくなります。これは、同僚が変更を元に戻したり、上書きできないようにするのに役立ちます。

チェックアウトが強調表示されているチェックアウト メニューの省略記号

ファイルがチェックアウトされている間は、誰もチェックアウトしたり、編集したりすることはできません。もう一度ファイルをチェックインすれば、他のユーザーは変更内容を確認することができます。詳細については、「ドキュメント ライブラリのファイルのチェックアウトまたはチェックイン」を参照してください。

ドキュメント ライブラリでのファイル アクティビティを確認する

チームと作業を行う際に、作業が順調に進んでいるかどうかを確かめるために、ドキュメント ライブラリでの追加、削除、編集などのファイル アクティビティを確認することができます。1 つのアイテムのファイル アクティビティを確認したり、ドキュメント ライブラリでのすべてのアクティビティの概要を表示したりすることができます。

最近のアクティビティ リスト

ファイルが更新されている場合は、[最近のアクティビティ] でいくつかのアイテムを展開して詳細を確認することができます。ファイル アクティビティの表示の詳細については、「ドキュメント ライブラリでのファイル アクティビティ」を参照してください。

ドキュメント ライブラリでファイルのバージョン履歴を表示して操作する

SharePoint Online のバージョン履歴では、ドキュメント ライブラリに保存またはチェックインされたファイルの新しいバージョンが作成されます。

3 つのバージョンが表示されているバージョン履歴ダイアログ ボックス

バージョン履歴] で、ファイルのチェックイン時に追加したコメント、ファイル サイズがチェックインまたはドキュメント ライブラリに保存されている日付を表示できます。復元、またはファイルのバージョンを削除することもできます。さらに詳しい情報は、 SharePoint ドキュメント ライブラリのファイルのバージョン履歴の表示を参照してください。

ドキュメント ライブラリでファイル情報を表示して編集する

ドキュメント ライブラリには、アイテム自体だけでなく、ファイル、フォルダー、リンクの名前、タイトル、ハッシュタグなどの個々のプロパティが保存されます。

Office 365 の [ドキュメント メタデータ] ウィンドウ

ドキュメント ライブラリ内の各アイテムの名前、タイトル、またはハッシュタグ プロパティを表示して編集することができます。これらのプロパティを表示して編集する手順については、「ドキュメント ライブラリでファイル、フォルダー、またはリンクに関する情報を表示し、編集する」を参照してください。

ご意見をお待ちしています。

更新された 2017 年 7 月 5日

この記事は役に立ちましたか。必要な場合は、お知らせこのページの下部にあります。場合に便利に、感想がわかりやすくまたは不足しています。SharePointOS では、ブラウザーのバージョンを含めてください。事実を確認、情報を追加する、この記事の更新、フィードバックを使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×