ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを作成したら、そのビューを編集できます。列を追加したり、削除したり、ビュー内の情報の並べ替え、フィルター処理、グループ化の方法を変更したりできます。カスタム ビューを作成する場合、「ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを作成する」を参照してください。

注: 一部のカスタム ビュー設定では、所有者または管理者のアクセスを変更する必要があります。設定に基づく列、並べ替え、フィルター処理、グループ化をはじめ、ビュー設定の変更に関する詳細については、「ビューを変更する」を参照してください。

この記事は、お客様のフィードバックを反映して 2016 年 8 月 18 日に更新されました。

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを変更します。

  1. 変更するカスタム ビューに移動します。

  2. 新しい列タイプを追加するには、列の追加ボタン リスト列のボタンを追加する をクリックします。ここから共通の列タイプを追加できます。あるいは、[その他...] をクリックし、カスタム タイプを作成できます。列が既に存在する場合、[列の表示/非表示] をクリックします。

    詳しくは、 SharePoint リストまたはライブラリで列を作成するを参照してください。

    ドキュメント ライブラリの列のクイック編集メニュー

    注: お使いの画面はこれとは異なりますか。従来のエクスペリエンスをドキュメント ライブラリの設定は、管理者があります。必要な場合は、「ビューを変更する (を含む別のビューを選択)します。

  3. カスタム ビューを編集し、[表示オプション] [表示オプション] ボタン をクリックします。

    注記: 

    • ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを編集するとき、ビュー メニューの上部にあるビュー名の隣に "*" が表示されます。変更を保存すると、"*" は消えます。

    • SharePoint Online のアスタリスクが付いた表示オプション ボタン

    注: ファイルを選択している場合、画面の右上に「1 選択 x」というメッセージが表示されます (1 は、選択した任意の数字です)。[X] をクリックすると、選択が解除され、[表示オプション] ボタンが表示されます。

  4. [表示オプション] メニューの [ビューの保存] をクリックします。

    SharePoint Online の [表示オプション] メニュー。[保存] が強調表示されています。
  5. [名前を付けて保存] ダイアログで名前を更新または変更します。

    SharePoint Online の [名前を付けて保存] ダイアログ

    [保存] をクリックします。

[クイック編集] ボタンで列をカスタム ビューに追加することもできます。

クイック編集でドキュメント ライブラリのカスタム ビューを変更する

[クイック編集] ビューから、列やデータを追加できます。完了したら、[完了] をクリックします。

列を追加してビューを変更した場合、ビュー名にアスタリスク (*) が付きます。上の保存手順でビューを保存します。

特定のビュー設定の変更方法については、「ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを作成する」を参照してください。

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除する必要がありますか?

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除するには、カスタム ビューを削除するライブラリのライブラリ所有者または管理者のアクセス許可が与えられている必要があります。ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除する手順については、「ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除する」を参照してください。

ご意見を寄せてください。

この記事はお役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や足りない点をお知らせください。SharePoint、OS では、ブラウザー バージョンを含めてください。皆様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×