ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

自分にとって効率的にアイテムを表示できるように、ドキュメント ライブラリの表示をカスタマイズすることができます。たとえば、表示する列を選択したり、任意の順番で列を配置したりできます。また、必要に応じてアイテムを並べ替えたり、フィルター処理したり、グループ化したりして表示をカスタマイズできます。完了したら、ビューに名前を付けて保存します。カスタム ビューへのリンクは、ビューを作成したドキュメント ライブラリの右上隅にあるビュー メニューに表示されます。

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを作成する方法

下記で説明する方法の 1 つ以上を使用して、ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを作成します。完了したら、ビューに名前を付けて保存します。保存したビューへのリンクは、カスタム ビューを作成したライブラリのビュー メニューに表示されます。

  1. カスタム ビューを作成するドキュメント ライブラリに移動します。

  2. ドキュメント ライブラリ ページのドキュメント ライブラリ上部で、リスト ビューの場合は ドキュメント ライブラリの [列を追加する] ボタン をクリックします。タイル ビューの場合は、 ドキュメント ライブラリの [並べ替え] ボタン をクリックして、 ドキュメント ライブラリの [列を追加する] ボタン をクリックします。

  3. カスタム ビューに含める新しい列の種類を作成して追加するには、追加する列の種類を選択して、名前を付け、[作成] をクリックします。新しい種類の列を作成するライブラリの所有者の場合、あるいはそのようなライブラリへの管理者権限をお持ちの場合は、[その他...] をクリックしてライブラリの設定ページに移動します。このページでその他の種類の列を作成して追加することができます。他の種類の列を作成して追加する詳細については、「ビューを作成する」を参照してください。

    ドキュメント ライブラリに表示する列を選択する

  4. 表示する列を選択するには、[列の表示/非表示] をクリックします。

    ドキュメント ライブラリの編集一覧

    注: お使いの画面がこれとは異なる場合、管理者がドキュメント ライブラリにクラシック モードを設定している可能性があります。その場合は、「ビューを作成する」を参照してください。

Office 365 で保存されたドキュメント ライブラリのカスタム ビュー

注: お使いの画面がこれとは異なる場合、管理者がドキュメント ライブラリにクラシック モードを設定している可能性があります。その場合は、「ビューを作成する」を参照してください。

  1. ドキュメント ライブラリ ページのドキュメント ライブラリ上部で、リスト ビューの場合は ドキュメント ライブラリの [列を追加する] ボタン をクリックします。タイル ビューの場合は、 ドキュメント ライブラリの [並べ替え] ボタン をクリックして、 ドキュメント ライブラリの [列を追加する] ボタン をクリックします。

  2. リストの下部にある [列の表示/非表示] をクリックします。

    ドキュメント ライブラリに表示する列を選択する

  3. [ビュー列の編集] ウィンドウで、リストのアイテムをドラッグ アンド ドロップするか選択して、上向き矢印や下向き矢印を使用して、列を表示する順序を変更します。

    ドキュメント ライブラリの列を配置する

  4. 列の配置が完了したら、[適用] をクリックします。

    注: お使いの画面がこれとは異なる場合、管理者がドキュメント ライブラリにクラシック モードを設定している可能性があります。その場合は、「ビューを作成する」を参照してください。

  1. ドキュメント ライブラリのページで、並べ替える列名の上にマウス ポインターを置き、列名の横にある矢印をクリックします。

    Office 365 でドキュメント ライブラリのビューを並べ替える

  2. メニュー リスト上部にある 2 つの並べ替えオプションのうちの 1 つをクリックして、ドキュメント ライブラリのアイテムを並べ替えます。こちらで利用できるオプションは、列にあるデータの種類によって異なります。たとえば、更新者の列はアルファベット中に、更新日時の列は日付順 (古い順または新しい順) に並べ替えることができます。また、サイズ順 (小さいサイズから大きいサイズ、または大きいサイズから小さいサイズ) に並べ替えることもできます。

  1. ドキュメント ライブラリのページで、フィルター処理する列名の上にマウス ポインターを置き、列名の横にある矢印をクリックします。

  2. [フィルター] をクリックして、ドキュメント ライブラリでアイテムをフィルター処理するために使用する値を選択します。選択した値に一致するアイテムのみが一覧に表示されます。

    Office 365 でドキュメント ライブラリのビューをフィルター処理する

  3. フィルターを削除するには、[次のフィルターをクリア] をクリックします。

  1. ドキュメント ライブラリのページで、グループ化する列名の上にマウス ポインターを置き、列名の横にある矢印をクリックします。

  2. [グループ化] をクリックして、ドキュメント ライブラリのアイテムを選択した列ごとにグループ化します。

    Office 365 のビューごとに、ドキュメント ライブラリをグループ化する

  1. カスタム ビューを作成すると、ドキュメント ライブラリ ページの右上にあるビュー名の横に * が表示されます。これは、ビューが変更されたことを示します。変更を保存するには、[すべてのドキュメント] をクリックし、[ビューの保存] をクリックします。

    Office 365 でドキュメント ライブラリのカスタム ビューを保存する

  2. [名前を付けて保存] ボックスにビューの名前を入力し、[保存] をクリックします。カスタム ビューへのリンクがビューを作成したライブラリのビュー メニューに表示され、* が消えます。

ドキュメント ライブラリの既定のビューを設定する

ドキュメント ライブラリの既定のビューを設定するには、既定として設定するビューに移動して、ビュー メニューの [現在のビューを既定として設定] をクリックします。

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを変更する

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを変更するには、「ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを編集する」を参照してください。

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除する

ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除するには、カスタム ビューを削除するライブラリのライブラリ所有者または管理者のアクセス許可が与えられている必要があります。ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除する手順については、「ドキュメント ライブラリのカスタム ビューを削除する」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×