ドキュメント ライブラリにフォルダーまたはファイルをアップロードする

ドキュメント ライブラリにフォルダーまたはファイルをアップロードする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

SharePoint OnlineとSharePoint Server 2019のドキュメントライブラリにファイルをアップロードするには、それらをコンピューターからドラッグしてドキュメントライブラリにドロップします。ほとんどのブラウザーでは、フォルダーとそれらに含まれるファイルをアップロードすることもできます。

重要: ドキュメント ライブラリにファイルをアップロードまたは作成する前に、管理者からライブラリに投稿する許可を得てください。

注: 

ドキュメント ライブラリにフォルダーまたはファイルをアップロードするには

重要: 

  • Microsoft Edge、Mozilla FireFox、Google Chrome を使って、自分のコンピューターからSharePoint Onlineドキュメントライブラリにフォルダーをアップロードすることができます。Internet Explorer 11は、フォルダーのアップロードをサポートしていません。

  • 従来のエクスペリエンスと以前のバージョンのSharePointでは、任意のブラウザーでライブラリにフォルダーをアップロードすることはサポートされていません。

  • 使用しているSharePointのバージョンを確認するには、「使用している SharePoint のバージョンを確認する」を参照してください。

  1. フォルダーまたはファイルをアップロードするドキュメント ライブラリを開きます。

  2. コンピューターの [スタート] Windows 8 と Windows 10 の Windows [スタート] ボタン をクリックして、エクスプローラーを入力後、[エクスプローラー] をクリックし、アップロードするフォルダーまたはファイルに移動します。

  3. エクスプローラーでファイルまたはフォルダーを選択し、フォルダーまたはファイルをドキュメントライブラリページにドラッグアンドドロップします。フォルダーをドキュメントライブラリにアップロードすると、フォルダーに含まれているすべてのファイルも自動的にアップロードされます。

  4. [メイン文書ライブラリ] メニューから [アップロード] を選択し、[ファイル] を選択するか、またはブラウザーがサポートしている場合は、メニューから [フォルダー ] を選ぶこともできます。

    Office 365 でドキュメント ライブラリにファイルやフォルダーをアップロードする

    ブラウザーがフォルダーをサポートしていない場合は、[アップロード] をクリックすると、[アップロードするファイルの選択] ページが開き、1 つまたは複数のファイルを選ぶことができます。

    SharePoint の [アップロードするファイルの選択] ダイアログ ボックス。
  5. アップロードするファイルまたはフォルダーを選択後、ファイルをアップロードする場合は [開く] をクリックし、フォルダーをアップロードする場合は [フォルダーの選択] をクリックします。

注: ドキュメント ライブラリにファイルまたはフォルダーをアップロードした後、これらのプロパティを表示または編集するには、「ドキュメント ライブラリでファイル、フォルダー、またはリンクに関する情報を表示し、編集する」を参照してください。

ライブラリにフォルダー、ファイル、またはリンクを追加後、これらをドキュメント ライブラリ内で移動またはコピーすることもできます。

大規模なファイルをアップロードしている場合、または合計サイズが大きいファイルをドキュメントライブラリに追加する場合は、 Office 365でのファイルサイズの制限や、 Internet ExplorerのバージョンでのSharePoint Onlineまたは timeout エラーのためにエラーが発生することがあります。次のようなエラーを回避するために実行できる手順は次のとおりです。

  • ドラッグアンドドロップを使用しているときに、一度に100以下のファイルをアップロードします。

  • sharepoint Online の場合、15 GB を超えるファイルをアップロードしないようにします。 sharepoint Server の場合、既定では最大ファイルサイズです。

  • SharePoint Onlineの 15 GB を超えるファイルサイズについては、SharePoint server の場合は、"そのままにしてください" というメッセージが表示された場合は、Microsoft サポートの手順に従ってください。サーバーが応答しないときに Internet Explorer エラー "接続がタイムアウトしました".

  • ドキュメント ライブラリ内の一部の種類のファイルは、セキュリティ上の理由によってブロックされます。ブロックされるファイルの種類の詳細については、「リストやライブラリに追加できないファイルの種類」を参照してください。

  • 一度にアップロードできるファイル数に制限があるドキュメント ライブラリがあります。たとえば、ドキュメント ライブラリで特定のコンテンツ タイプや特定のフィールドが必須になっている場合、一度にアップロードできるのは 1 ファイルのみです。

  • ファイルをドラッグ アンド ドロップするオプションが表示されない場合は、Office のバージョンを更新してください。

使用する必要が生じる可能性があるドキュメント ライブラリに、サイト管理者が追加の要件を設定する場合があります。これらの要件には次のものがあります。

チェックアウトが必要   な場合:サイトの所有者は、ドキュメントライブラリを編集する前にファイルをチェックアウトするように設定できます (完了したらチェックインします)。ドキュメントライブラリでチェックアウトが必要な場合は、最初にアップロードするときにファイルがチェックアウトされています。他のユーザーが編集できるようにするには、ファイルをチェックインする必要があります。チェックアウトの詳細については、「ドキュメントライブラリのファイルのチェックアウトまたはチェックイン」を参照してください。

ファイルのバージョンを追跡する:   既存のファイルをファイルの改訂版に置き換えることができます。ドキュメントライブラリがバージョンを追跡するように設定されている場合は、改訂されたファイルを新しいバージョンとして追加できます。これは、ファイルのバージョン履歴の一部になります。ファイルの新しいバージョンをアップロードする場合は、このバージョンで変更された内容に関するコメントを入力して、ファイルの履歴をより簡単に追跡できるようにすることを検討してください。バージョン管理について詳しくは、「リストまたはライブラリでのバージョン管理のしくみ」をご覧ください。

ファイルのプロパティを入力します。   ドキュメントライブラリにファイル、フォルダー、またはリンクを追加する場合は、[情報] パネルでフォームに入力する必要がある場合もあります。説明、部署名、プロジェクト番号などの項目に関する情報が表示されます。ファイル、フォルダー、またはリンクに関する情報を編集する方法の詳細については、「ドキュメントライブラリ内のファイル、フォルダー、またはリンクに関する情報を表示および編集する」を参照してください。

送信   されたコンテンツを承認する:サイトの所有者は、ライブラリを使っている他のユーザーに表示されるようになる前に、コンテンツの承認を要求するようにライブラリを設定できます。作成者は、ファイルを表示して操作できますが、他のユーザーには表示できません。たとえば、法務部では、ドキュメントを公開する前に承認が必要になる場合があります。詳細については、「サイトリストまたはライブラリのアイテムの承認を要求する」を参照してください。

フォルダーとブラウザーのバージョンのアップロードに関する単語

SharePointは、ブラウザーに組み込まれているフォルダーをアップロードする機能を利用しています。機能を組み込むブラウザーはMicrosoft Edgeのみです。Chrome、Mozilla Firefox。現時点では、Internet Explorer ではフォルダーのアップロードはサポートされていません。

使用しているSharePointのバージョンを確認するには、「使用している SharePoint のバージョンを確認する」を参照してください。

使用している internet explorer のバージョンを確認するには、「 internet explorer のバージョンの詳細」を参照してください。

リスニングしています。

2018 10 月に更新されました。

この記事は役に立ちましたか? 役に立った場合は、このページの下でお知らせください。役に立たなかった場合は、わかりにくかった点や情報が不足している点をお知らせください。お客様からのご意見は、事実を確認し、情報を追加して、この記事を更新するために利用させていただきます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×