ドキュメント ライブラリとは何か。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ドキュメント ライブラリは、ファイルを安全に保管できる場所です。ファイルの検索や共同作業が簡単であり、あらゆるデバイスからいつでもアクセスできます。たとえば、SharePoint Online では、サイトのドキュメント ライブラリを利用し、特定のプロジェクトまたは特定のクライアントに関連しているすべてのファイルを保存できます。ドラッグ アンド ドロップで簡単にファイルを追加したり、フォルダー間でファイルを移動したりできます。

何も選択されていないドキュメントライブラリの縮小表示ビュー。

注: 画面はこれとは異なる外観になっていますか?管理者は、ドキュメントライブラリにクラシックエクスペリエンスが設定されている可能性があります。その場合は、「ライブラリの概要」を参照してください。 ドキュメントライブラリの所有者、サイトの所有者、または管理者の場合は、「ドキュメントライブラリの既定のエクスペリエンスを新しいまたはクラシックから切り替える」を参照してください。既定のエクスペリエンスを設定する手順は次のとおりです。

注: 一部の機能は現在、従来のエクスペリエンスでのみ使用できます。ページの左下隅にある [クラシックSharePointに戻る] をクリックして、従来のエクスペリエンスに切り替えます。

SharePoint OnlineとSharePoint Server 2019の既定のサイトにはドキュメントライブラリが含まれており、新しいサイトを作成すると自動的に作成されます。 必要に応じて、ドキュメントライブラリをサイトに追加することができます。これは、たとえば、ファイルのセットへのアクセスを制限する必要がある場合に便利です。各ドキュメントライブラリには、ファイルやフォルダーの一覧が表示され、それぞれについての重要な情報 (作成したユーザーや最終更新日など)。この情報を使ってファイルを整理して、簡単に見つけられるようにすることができます。

ドキュメント ライブラリで可能な操作:

画面を詳しく見ていきましょう。

ドキュメント ライブラリ ページの左上にあるのがメイン メニューです。

SharePoint Onine ドキュメントライブラリメニュー

ここでは、新しいフォルダー、ドキュメント、ドキュメント ライブラリ外にある要素へのリンクを作成できます。

Office 365 で新しいフォルダーやドキュメントを作成する

注: ドキュメントの種類の一覧は、アクセス許可とサイトの設定方法によって異なります。

フォルダーやファイルをアップロードすることもできます。

Office 365 でドキュメント ライブラリにファイルやフォルダーをアップロードする

注: 現在、フォルダーはInternet Explorerではサポートされていません。

新しい OneDrive 同期クライアントを使用してファイルを同期したり、通知を作成して、何かが変更されたときに警告を受信したりすることもできます。

ドキュメントライブラリページの右上で、[表示オプション] をクリックして、[ドキュメントライブラリ] ビューを [リスト]、[コンパクト]、[タイル] ビューに変更します。 Internet Explorerを使用している場合は、ファイルエクスプローラーで [表示] をクリックして、ドキュメントライブラリをWindowsファイルエクスプローラーで開くことができます。[ビューの保存] をクリックしてカスタムビューを保存することもできます。または、ライブラリの所有者または管理者の場合は、[現在のビューの編集] をクリックして、[ライブラリの設定] ページでビューを編集または作成することができます。

Office 365 でドキュメント ライブラリ ビューを変更する

新しい列を追加して、表示する列を選択するには、[ + ] または [+] をクリックして、列見出しの右端にある列を追加するか、または [タイル] ビューの場合は、[ ドキュメント ライブラリの [並べ替え] ボタン ] をクリックしてから [ ドキュメント ライブラリの [列を追加する] ボタン ] をクリックします。列見出しの右端。

グループ接続されたドキュメントライブラリで列のドロップダウンを追加する

必須のプロパティ、最近のアクティビティ、ファイルの共有者など、ファイルやフォルダーに関する情報を情報ウィンドウで表示したり、編集したりできます。情報ウィンドウの表示/非表示を切り替えるには、ファイルまたはフォルダーを選択し、メイン メニューの右側にある ドキュメント ライブラリの [詳細] ウィンドウ をクリックします。ファイルまたはフォルダーを右クリックし、[詳細] を選択する方法でも情報ウィンドウを表示できます。

Office 365 の [ドキュメント メタデータ] ウィンドウ

ファイルまたはフォルダーを選択すると、ドキュメント ライブラリの左上にあるメニューがそのファイルまたはフォルダーに実行できるアクションの一覧に変わります。

選択したファイルに [ドキュメントライブラリ] メニューの [変更] が表示される

注: サムネイル ビューでファイルまたはフォルダーのメニューを表示するには、サムネイルの右上隅をクリックします。

ファイル名の横にある省略記号の Office 365 のドキュメント ライブラリ リストの省略記号 をクリックして、ファイル名を右クリックするか、リストビューの場合は、別のバージョンのドキュメントメニューを表示できます。このメニューには、ファイルを強調表示し、他のユーザーがすばやく見つけられるようにするための [ピン] などの追加の操作が含まれています。

[ファイル] メニューの [先頭にピン留め]

作業を始める準備をする

詳しい操作については、以下の記事をご覧ください。

ドキュメント ライブラリのファイルを操作する

ドキュメント ライブラリでフォルダーを作成する

ドキュメント ライブラリで新しいファイルを作成する

ドキュメント ライブラリのファイル、フォルダー、リンクに関する情報を表示し、編集する

SharePoint Online の記憶域の手当とその他のソフトウェアの制限

どのような状況で OneDrive for Business の代わりにドキュメント ライブラリを使用しますか。

ファイルの最良の保管場所については、「ドキュメントを OneDrive for Business とチーム サイトのどちらに保存すればよいか」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×