ドキュメント パック ウィザードで印刷業者入稿用に文書をパックまたは展開する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ドキュメント パック ウィザードは、印刷業者やコピー ショップに入稿して印刷できるように、文書をすべてのリンクされたファイルと共に 1 つのファイルにパックします。パックしたファイルを別のコンピュータに取り込み、編集することもできます。ドキュメント パック ウィザードを使用すると、文書で作業する人に完全な文書を渡すために必要なファイルすべてを確実に用意することができます。

ウィザードの起動時に、ファイルの保存先を選択します。選択した保存先に応じて、文書がパックされます。

この記事の内容

ウィザードでは、どのような Pack and Go

ドキュメント パック ウィザードを使用して、文書

展開し、印刷業者の Publisher ファイルを開く

ドキュメント パック ウィザードの機能

印刷業者に入稿できるように文書をパックする場合、ドキュメント パック ウィザードは文書を圧縮ファイルおよび PDF (Portable Document Format) ファイルとして保存します。

注: アドインをインストールした場合にのみ、2007 Microsoft Office system プログラムから PDF または XPS ファイルとして保存できます。詳細については、「PDF や XPS など、その他のファイル形式のサポートを有効にする」を参照してください。

文書にほとんど修正が必要ない場合、印刷業者は PDF ファイルを使用して完成文書を印刷できます。文書を印刷業者に手渡した後で間違いに気付いた場合、印刷業者が PDF ファイルに限定的な変更を加えることができます。たとえば、印刷業者は図を修正することはできますが、テキストやフォントは修正できません。ドキュメント パック ウィザードが生成する圧縮ファイルには、印刷業者が変更を加えて、印刷用の最終ファイルを作成するために必要なファイルがすべて含まれています。

ドキュメント パック ウィザードを使用して文書を圧縮ファイルとして保存すると、ウィザードは以下の処理を行います。

  • デザイン チェックを実行して問題を検出し、問題の修正作業を補助します。

  • リンクされたグラフィックスへのリンクを更新します。

  • リンクされたグラフィクスをパックする文書に含めます。

  • TrueType フォントを文書に埋め込みます。

  • 埋め込むことができないフォントのリストを作成します。

  • リンクされたグラフィックスに関する問題のレポートを作成します。

  • 簡易カラー校正版を印刷するオプションを表示します。

ページの先頭へ

ドキュメント パック ウィザードを使用して文書をパックする

  1. [ファイル] メニューの [ドキュメント パック] をポイントし、[印刷業者へ入稿] をクリックします。

  2. [印刷業者へ入稿] 作業ウィンドウの [この文書の印刷方法を選択してください。] ボックスでオプションを選択します。

    • オフセット印刷機を使用する場合は、[印刷業者] を選択します。

    • 高品質コピー ショップに依頼する場合は、[高品質印刷] を選択します。

    • 印刷するプリンタの設定に合わせて PDF の設定をカスタマイズする場合は、[その他] を選択し、必要な設定を選択します。

      注: アドインをインストールした場合にのみ、2007 Microsoft Office system プログラムから PDF または XPS ファイルとして保存できます。詳細については、「PDF や XPS など、その他のファイル形式のサポートを有効にする」を参照してください。

  3. [印刷オプション] をクリックします。

  4. [印刷オプション] ダイアログ ボックスで、印刷用マークなどの必要な変更を加え、[OK] をクリックします。

    [印刷用マーク] オプションの選択が必要かどうかは、印刷業者に問い合わせてください。

  5. [修正する項目の選択] で、Publisher が特定した問題を修正します。

  6. PDF ファイルを作成するには、[エクスポート] の [PDF を作成する] チェック ボックスをオンにします。

    文書は、Publisher ファイルを含む圧縮ファイル、PDF ファイル、または両方のファイルとして保存できます。既定では両方のファイルが選択されています。印刷業者がどちらを使用するかわからない場合は、両方のファイルを選択したままにしておいてください。

  7. [保存] をクリックします。

  8. ドキュメント パック ウィザードで、ファイルのエクスポート先を選択し、[次へ] をクリックします。

    複数の文書をパックする場合は、それぞれの文書を異なるフォルダに保存してください。そうしないと、パックされた既存の文書が上書きされます。

    ファイルは、リムーバブル メディア、ハード ディスク ドライブ、外付けドライブ、またはネットワーク ドライブに保存できます。

    リムーバブル メディアにファイルを保存します。

    ディスクにある文書を印刷業者に渡す場合は、対応するドライブをクリックします (通常、書き込み可能 CD または USB フラッシュ ドライブなど、リムーバブル メディアは D または E です)。

    ハード ディスク ドライブ、外付けドライブまたはネットワークにファイルを保存します。

    外付けドライブ、ネットワーク上のドライブ、またはコンピュータのハード ディスク ドライブにファイルを保存する場合は、[参照] をクリックして、ドライブとフォルダを選択し、[OK] をクリックします。

    印刷業者が Web でのファイルの受け渡しを利用している場合、ファイルは後で Web サイトにアップロードすることができます。

  9. [簡易カラー校正版の印刷] チェック ボックスをオンまたはオフにして、[OK] をクリックします。

    既定では、[簡易カラー校正版の印刷] チェック ボックスは常にオンです。ファイルを印刷業者に送る前に、簡易カラー校正版を使用して文書の印刷板を検査し、間違いを見つけます。印刷業者がファイル内の間違いを修正した場合、普通は印刷費用が増えます。

注: ファイルをパックした後で文書に変更を加える場合は、印刷業者に送る文書に変更内容が含まれるように、ドキュメント パック ウィザードを再度実行してください。

ページの先頭へ

印刷業者入稿用の Publisher ファイルを展開して開く

1 枚のディスクまたはネットワーク ドライブ上の文書を展開するには、次の操作を行います。

  1. Microsoft Windows エクスプローラで、.zip または .pdf ファイルをダブルクリックします。

  2. 展開したファイルを保存するフォルダへのパスを入力するか、フォルダを検索して [OK] をクリックします。

  3. Publisher で文書を開くときは、ファイルが含まれているフォルダに移動し、名前に PNG が付いており、.pub 拡張子が付いているファイル (文書 1 PNG.pub など) をダブルクリックします。

注: 展開された文書に埋め込まれているフォントは、新しいコンピュータ上に読み込むことができますが、それらが埋め込まれている文書でしか使用できません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×