ドキュメント ツールのドキュメントを開く

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

ドキュメント ツールに保存されているドキュメントは、そのファイルの種類をサポートするアプリケーションがコンピューターにインストールされていれば、開くことができます。

サポートされていないファイルの種類のドキュメントを開こうとすると、[開く] ダイアログ ボックスが表示され、使用するプログラムを指定するように求められます。[開く] ダイアログ ボックスの詳細については、Windows のマニュアルを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

SharePoint ワークスペース ドキュメント ライブラリのドキュメントを開く

Groove ワークスペースでドキュメント ツールのドキュメントを開く

SharePoint ワークスペース ドキュメント ライブラリのドキュメントを開く

  1. ドキュメントを開くには、ドキュメントをダブルクリックします。

  2. 必要に応じて、アプリケーションでファイルを編集して保存します。

ドキュメントへの変更を保存すると、ドキュメントへの変更は、次回の同期時に SharePoint サーバーにアップロードされます。

ヒント: 保存した編集が毎回の同期でアップロードされないようにするには、ドキュメントを開く前にドキュメントをチェックアウトします。

変更をアップロードできるかどうかは、SharePoint サイトに対するアクセス許可によって制御されることに注意してください。編集権限がない場合、ドキュメントの更新バージョンをアップロードすることはできず、ドキュメントのアップロード エラーが発生します。このエラー メッセージには、エラーを解決するための方法が示されます。多くの場合、編集したファイルを新しいファイルとしてコンピューターに保存することが最善の方法です。

Groove ワークスペースでドキュメント ツールのドキュメントを開く

  1. ドキュメントを開くには、ドキュメントをダブルクリックします。

  2. 必要に応じて、アプリケーションでファイルを編集して保存します。

    保存した変更は、ドキュメント ツールで直ちに同期され、他のワークスペース メンバーに送信されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×