ドキュメント ツールのドキュメントをチェックアウトおよびチェックインする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint サーバーの場合と同じように、SharePoint ワークスペース ドキュメント ライブラリのドキュメントをチェックアウト/チェックインすることができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

詳細については、SharePoint ワークスペースでのソース管理操作の実行

ドキュメントをチェック アウト

ドキュメントをチェックインします。

チェック アウトを破棄

SharePoint ワークスペースでのソース管理操作の実行について

SharePoint サイトの場合と同様に、ドキュメントをチェックアウトしなくてもドキュメントを編集することができます。ドキュメントを開き、編集して、変更を保存すると、それらの更新は、次回の同期時に SharePoint サーバーに自動的にアップロードされます。ドキュメントをチェックアウトせずに編集することには、明確な利点が 1 つあります。それは、ドキュメントへの更新を保存するたびに、更新がサーバーにアップロードされて、他のユーザーが確認できることです。逆に、ドキュメントをチェックアウトすると、行った更新は、チェックインするまで SharePoint サイトにアップロードされません。

ただし、次のいずれかの理由で、ドキュメントのチェックアウトを検討することが必要になる場合があります。

  • 他のユーザーが同じドキュメントを編集して編集の競合が発生してしまうことを避ける場合

    他のユーザーが SharePoint サイトで同じドキュメントを直接編集できる場合があります。SharePoint ワークスペースでこのようなドキュメントをチェックアウトすると、他のユーザーはそのドキュメントの読み取り専用バージョンを表示できるだけで、編集することはできません。

  • ドキュメントの編集が完了したときにだけ更新をアップロードする場合

    ドキュメントに対する編集を大量に行う場合、作業が完了するまで、更新を未発行のままにした方が適切なことがあります。

ページの先頭へ

ドキュメントをチェックアウトする

  1. チェックアウトするドキュメントを選択します。

  2. [ホーム] タブの [チェックアウト] をクリックします。

    現在チェックアウトされていることを示す緑色のチェックアウトの矢印が、選択したファイルに付けられます。

ページの先頭へ

ドキュメントをチェックインする

  1. チェックインするドキュメントを選択します。

  2. [ホーム] タブの [チェックイン] をクリックします。

ページの先頭へ

チェックアウトを破棄する

チェックアウトしたドキュメントで行った更新を破棄するために、チェックアウトする前のバージョンにドキュメントを戻すことが必要になる場合があります。この場合、チェックアウトを破棄するだけで済みます。

  1. チェックアウトを破棄するドキュメントを選択します。

  2. [ホーム] タブの [チェックアウトの破棄] をクリックします。

  3. [はい] をクリックして、チェックインしていない変更を破棄することを確認します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×