ドキュメント ツールで競合またはエラーを解決する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Groove ワークスペースでは、ワークスペース メンバー間でコンテンツが同期されます。また、SharePoint Workspace がオフラインで作業するように設定されている場合に、またはインターネットに接続していない場合に、ワークスペースのコンテンツにアクセスできます。次にオンラインになったときに、ワークスペース メンバーが Groove ワークスペースに追加した変更が同期されます。

ワークスペース メンバーがデータを利用および更新できるのは柔軟である反面、メンバーが同じコンテンツを意図せず更新して競合またはエラーが発生してしまう可能性があります。このリスクは、ドキュメント ツールでは特に問題になります。既定のアクセス許可では、ロールが参加者または管理者であるメンバーは任意の文書を編集できますが、別のメンバーが文書を開いたことはユーザーに通知されません。

ドキュメント ツールでは、競合またはエラーが発生したことを検出でき、その競合またはエラーを解決できます。このヘルプ トピックでは、ドキュメント ツールで検出されることがある競合状態またはエラー状態、およびその競合またはエラーを解決する手順について説明します。

競合状態またはエラー状態の種類

ドキュメント ツールで検出されることがある競合状態またはエラー状態には 2 種類あり、それぞれ異なるインジケーターで示されます。

  • 使用可能な更新プログラムの取得

    この場合、示された文書のコンテンツは最新ではありません。この状態は、更新されたときにすべてのメンバーに対して自動的には同期されない特定の種類のファイル (Microsoft OneNote ファイルなど) で発生することがあります。

    この状態の文書には同期アイコンが追加されます。

    ドキュメント コンテンツをこのワークスペースに同期する必要があります。

  • 競合またはエラーの解決

    この例では、2 つ以上のメンバーが更新され、指定された文書を同時に保存します。A 競合エラー アイコンのオーバーレイには、ファイルの種類] この条件を指定します。

    編集の競合があるドキュメント

競合状態またはエラー状態のどちらの種類でも、次に説明するように、[解決] タブを使用します。

[解決] タブを使用して競合とエラーを解決する

文書が競合状態またはエラー状態になると、リボンに [解決 (エラー ツール)] タブが表示されます。

[競合の解決] タブ

  1. 競合またはエラーのある文書を選択します。

  2. [解決] タブをクリックすると、競合とエラーを解決するためのオプションが表示されます。

  3. 選択した文書にダウンロード アイコンがある場合は、[使用可能な更新プログラムの取得 ] をクリックして、別のメンバーからその文書の最新バージョンをダウンロードします。

  4. 選択した文書に競合エラーを表すアイコンがある場合は、[競合またはエラーの解決] をクリックします。

    [競合の解決] ダイアログ ボックスに、文書のすべてのバージョンが編集者と最終更新日時と共に表示されます。

  5. 残しておく文書のバージョンをオンにします。

    既定では、文書のすべてのバージョンが最初からオンになっています。したがって、破棄する文書のバージョンがある場合は、そのバージョンをオフにします。オフにした文書は、[OK] をクリックすると削除されます。

    競合するドキュメントのコピーが作成され、表示するドキュメントのすべてのバージョンを保持する場合は、ドキュメントの一覧にします。ワークスペースに保存されたドキュメントのバージョンは、まず、元のコピーとして表示されます。文書の他のすべてのバージョンがある数値が保存されている順序でファイル名を追加します。

    ドキュメントの競合バージョン

  6. [OK] をクリックします。

    一覧でオフにした文書がある場合、その文書を削除することを確認するメッセージが表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×