ドキュメント セットを作成および管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンテンツ タイプとして "ドキュメント セット" をドキュメント ライブラリに追加したら、それを使用して、新しい複数ドキュメントの作業生産物を作成できます。 また、ドキュメント セットのフォルダーをクリックして開くと、ドキュメント セットのコンテンツ管理に使用できるウェルカム ページが表示されます。

このトピックの内容

ドキュメント セットの操作方法

ドキュメント セットの新しいインスタンスを作成します。

追加または既存のドキュメント セットにドキュメントをアップロードします。

ドキュメント セットの権限を管理します。

バージョンを管理します。

ドキュメント セットへのリンクを共有します。

関連作業

ドキュメント セットの使用について

操作しているライブラリにドキュメントとドキュメント セットの両方が格納されている場合、それぞれ一意のフォルダー アイコンを探すことにより、ドキュメント ライブラリ内のドキュメント セットを識別できます。

ドキュメント ライブラリ内のドキュメント セット フォルダー

ドキュメント セットで作業している場合は、ドキュメント セットのウェルカム ページに表示される [ドキュメント セット] リボンの [管理] タブを使用して、一般的なタスクを実行できます。

ドキュメント セット管理リボン

ページの先頭へ

ドキュメント セットの新しいインスタンスを作成する

  1. ドキュメント セットをサポートするように構成されているドキュメント ライブラリに移動します。

  2. [ライブラリ ツール] リボンの [ドキュメント] タブをクリックします。

  3. 新しいドキュメント]をクリックし、[ドキュメント セットまたは (場合、組織が作成したカスタム ドキュメント セット コンテンツの種類は一意の名前があります) を作成するドキュメント セットの名前] をクリックします。ライブラリでは、個々 のドキュメントとドキュメント セットの作成をサポートする場合、ドキュメント セットを特定のフォルダー アイコンを確認できます。
    [ドキュメント セット] アイコンが強調表示された [新しいドキュメント] メニュー

  4. [新しいドキュメント セット] ダイアログ ボックスで、作成するドキュメント セットの名前と説明を入力し、[OK] をクリックします。 ドキュメント セットが作成されたら、ブラウザーにドキュメント セットのウェルカム ページが表示されます。

    このドキュメント セットが、新しいインスタンスの作成時にドキュメントを自動的に作成するように構成されている場合、それらのドキュメントがウェルカム ページの Web パーツに表示されます。 ドキュメント セットの既定のコンテンツが指定されていない場合は、空のドキュメント セット フォルダーが作成され、そのフォルダーにドキュメント セットを構成するファイルを追加またはアップロードできるようになります。 追加できるのは、ドキュメント セット内で許可されているコンテンツ タイプと同じコンテンツ タイプのファイルのみです。

ページの先頭へ

既存のドキュメント セットにドキュメントを追加またはアップロードする

作業しているドキュメント セットが、新しいインスタンスの作成時に既定のコンテンツを自動的に作成するように構成されていない場合、ドキュメント セットに手動でファイルを追加できます。 追加できるのは、ドキュメント セットに対して許可されているコンテンツ タイプのファイルのみです。

  1. 更新するドキュメント セットが格納されているドキュメント ライブラリに移動し、ドキュメント セットの名前をクリックして、そのウェルカム ページに移動します。

  2. ドキュメント セットのウェルカム ページで、リボンの [ドキュメント] タブをクリックし、次のいずれかの操作を実行します。

    • ドキュメント セットに新しいファイルを追加するには、[新しいドキュメント] をクリックし、作成するドキュメントの種類をクリックします。

    • ドキュメント セットにドキュメントをアップロードするには、[ドキュメントのアップロード] の横にある矢印をクリックし、単一のドキュメントをアップロードするためのオプションを選択します。 目的のファイルの場所に移動し、[OK] をクリックします。 必要なプロパティ情報を指定するように要求するメッセージが表示された場合はその情報を指定し、[保存] をクリックします。

    • ドキュメント セットに複数のドキュメントをアップロードするには、[ドキュメントのアップロード] の横にある矢印をクリックし、[複数のドキュメントのアップロード] をクリックします。 目的のファイルをドラッグ アンド ドロップまたは参照し、[OK] をクリックします。メッセージが表示されたら、[完了] をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメント セットに対する権限を管理する

既定では、ドキュメント セットは、格納されているライブラリの権限を継承します。個々のドキュメント セット内のドキュメントへのアクセスを許可するユーザーを制限または変更する必要がある場合は、ドキュメント セットに対する一意の権限を指定できます。

アイテム レベルまたはフォルダー レベルで一意の権限を管理するのは、複雑で時間がかかる場合があります。 ほとんどのドキュメント セットに類似のグループからアクセスできるようにする必要がある場合は、ライブラリ レベルで権限を管理する方が簡単です。

ドキュメント セットに対する権限を管理するには、少なくとも "デザイン" または "フル コントロール" の権限レベルが必要です。

  1. ドキュメント セットのウェルカム ページで、[ドキュメント セット] リボンの [管理] タブをクリックし、[権限] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を実行します。

    • ドキュメント ライブラリ自体に対する権限設定を変更するには、[親 Web サイトの管理] をクリックします。

    • ドキュメント ライブラリから権限を継承しないようにし、このドキュメント セットに対する一意の権限を個別に作成するには、[権限の継承を中止] をクリックします。

    • 個々のユーザーまたはグループが持つ特定の権限を表示するには、[権限の確認] をクリックし、確認するユーザーまたはグループの名前を入力します。

    • 親ドキュメント ライブラリから権限を継承するには (ドキュメント セットが権限を継承しないように設定されている場合)、[権限の継承] をクリックします。

権限の使用方法の詳細については、「参照」のリンク先を参照してください。

ページの先頭へ

バージョンを管理する

ドキュメント セットが格納されているドキュメント ライブラリに対するバージョン管理が有効になっている場合、各種オプションを使用して、ドキュメント セットまたはその中の個々のドキュメントのバージョン履歴を操作できます。

ドキュメント セットのウェルカム ページで、[ドキュメント セット] リボンの [管理] タブをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

目的

操作

ドキュメント セット内の現在のプロパティとドキュメントのスナップショットを取得する

[バージョンの取得] をクリックし、取得するバージョンに加えた変更の説明を入力し、[OK] をクリックします。

ドキュメント セットのバージョン履歴を表示する

[ドキュメント セット] リボンの [管理] タブで [バージョン履歴] をクリックします。

ドキュメント セットを以前のバージョンに復元する

  • [ドキュメント セット] リボンの [管理] タブで [バージョン履歴] をクリックします。

  • 復元するバージョンの日時情報をポイントし、表示される矢印をクリックして、[バージョンの復元] をクリックします。

ドキュメント セット全体が、選択した保存済みバージョンに復元されます。 このバージョン以降のドキュメント セットに加えた変更は破棄されます。

ドキュメント セットの以前のバージョンのスナップショットを削除する

[バージョン履歴]、[すべてのバージョンを削除] の順にクリックします。 この操作では、ドキュメント セットのバージョン履歴のスナップショットが削除されます。 ドキュメント セット自体は削除されません。

ドキュメント セット内の個々のファイルのバージョン履歴を表示する

バージョン履歴を表示するドキュメントをポイントし、表示される矢印をクリックして、[バージョン履歴] をクリックします。

個々のドキュメントを以前のバージョンに復元する

  • バージョン履歴を表示するドキュメントをポイントし、表示される矢印をクリックして、[バージョン履歴] をクリックします。

  • 復元するバージョンの日時情報をポイントし、表示される矢印をクリックして、[復元] をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメント セットへのリンクを共有する

Microsoft SharePoint Server 2010、 Microsoft Outlook 2010などと互換性のある電子メール プログラムを使用している場合は、ドキュメント セットのウェルカム ページへのリンクをすばやく電子メールできます。

  1. ドキュメント セットのウェルカム ページで、[ドキュメント セット] リボンの [管理] タブをクリックし、[リンクを電子メールで送信] をクリックします。

  2. Outlook で Web コンテンツを開くことを許可するように求めるメッセージが表示されたら、[許可する] をクリックします。

  3. Microsoft Outlook の電子メール メッセージの [宛先] 行に目的の受信者の名前を入力し、[件名] 行に件名を指定し、電子メール メッセージの本文に含める追加情報を入力します。

  4. 必要に応じて、[差出人] 行に自分の電子メール アドレスを指定できます。この場合、メッセージはサーバーから送信されたようには見えず、受信者によって無視されることはありません。 [差出人] の横にある下矢印をクリックし、[その他の電子メール アドレス] をクリックします。 電子メール アドレスを入力または選択します。

  5. メッセージの作成が完了したら、Outlook で [送信] をクリックします。

ページの先頭へ

関連作業

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×