ドキュメント セットを作成および管理する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ドキュメント ライブラリにドキュメント セット コンテンツ タイプを追加後は、新しいの複数のドキュメントの作業生産物を作成するのには使用できます。さらに、開くドキュメント セットのフォルダーをクリックすると、ドキュメント セットのコンテンツの管理に使用できる [ようこそ] ページに取得されます。

作業しているライブラリでドキュメントとドキュメント セットの両方が含まれている場合、一意のフォルダー アイコンを見つけ、ドキュメント ライブラリでドキュメント セットを識別できます。 ドキュメント セットのアイコン

ドキュメント セットを操作しているとき、は、一般的なタスクを実行する (表示される [ようこそ] ページで、ドキュメント セットの) ドキュメント セットのリボンの [管理] タブを使ってすることができます。

タブを管理します。

  1. ドキュメント セットをサポートするように構成されているドキュメント ライブラリに移動します。

  2. [ファイル] タブをクリックします。

    注: SharePoint 2010 を使用している場合は、[ドキュメント] タブをクリックします。

  3. 新しいドキュメント]の横にある矢印をクリックし、[ドキュメント セットまたは作成するドキュメント セットの名前 (組織がカスタマイズされたドキュメント セットのコンテンツ タイプを作成する場合があります一意の名前)。ライブラリでは、個々 のドキュメントとドキュメント セットの作成をサポートする場合、ドキュメント セットを特定のフォルダー アイコンを確認できます。 ドキュメント セットのアイコン

  4. 新しいドキュメント セット] ダイアログ ボックスで、名と作成する場合は、ドキュメント セットの説明を入力し、[ OK ] または [保存] をクリックします。ドキュメント セットを作成する場合は、ブラウザーには、ドキュメント セットのウェルカム ページが表示されます。

    新しいインスタンスを作成するときに自動的にドキュメントを作成するのにはこのドキュメント セットを構成する場合は、[ようこそ] ページの Web パーツでこれらのドキュメントが表示されます。このドキュメント セットの既定のコンテンツが指定されていない、空のドキュメント セット フォルダーが作成され、追加したりできるようにフォルダーにファイルをアップロードする場合、ドキュメント セットの一部です。ドキュメント セット内で許可されているのと同じコンテンツ タイプのあるファイルのみを追加することができます。

ドキュメント セットの新しいインスタンスを作成するときに自動的に既定のコンテンツを作成するのには、ドキュメント セットを操作しているが構成されていない場合に、ドキュメント セットのファイルを手動で追加できます。ドキュメント セットの使用できるコンテンツ タイプのファイルのみを追加することができます。

  1. 更新するドキュメント セットを含むドキュメント ライブラリに移動し、[ようこそ] ページに移動するドキュメント セットの名前をクリックします。

  2. ドキュメント セットのウェルカム ページ]、[ファイル] タブをクリックします。

    注: SharePoint 2010 を使用している場合は、[ドキュメント] タブをクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • ドキュメント セットに新しいファイルを追加するには、新しいドキュメント] をクリックしを作成するドキュメントの種類をクリックします。

    • ドキュメント セットにドキュメントをアップロードするには、ドキュメントのアップロード] をクリックし、目的のファイルの場所を参照します。ファイルを選択し、[開く] をクリックし、[ OK] をクリックします。ように求められたら、[保存] をクリックすると、必要なプロパティ情報を指定します。

    • ドキュメント セット、ファイル エクスプ ローラーで、複数のドキュメントをアップロードするには、アップロードするとし、Ctrl キーを押しながら各ファイル] をクリックするファイルを検索します。ドラッグして、[ようこそ] ページに選択したファイルをドロップします。(ページ上のファイルをドラッグすると表示されます、ボックスに、メッセージをここにドロップします。)

既定では、ドキュメント セットが配置されているライブラリからのアクセス許可を継承します。制限または個々 のドキュメント セット内のドキュメントにアクセス権を持つユーザーを変更する必要がある場合は、ドキュメント セットに固有の権限を指定することもできます。

アイテム レベルまたはフォルダーのレベルに固有の権限の管理は、複雑で時間がかかります。ほとんどのドキュメント セットが同じグループにアクセスできるようにする必要がある場合、は、ライブラリ レベルのアクセス許可を管理しやすい場合があります。

ドキュメント セットのアクセス許可を管理するが必要です少なくともデザインまたはフル コントロール アクセス許可レベル。

  1. ドキュメント セットの [ようこそ] ページで、タブの [管理] をクリックし、[権限] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 自体を使ってドキュメント ライブラリの権限の設定を変更するには、親の管理をクリックします。

    • ドキュメント ライブラリからの権限の継承を停止して、[このドキュメント セットに固有の権限を個別に作成する、停止するアクセス許可を継承] をクリックします。

    • 特定のユーザー権限を表示するには、権限の確認] をクリックし、[ユーザーまたはグループを確認したい名前を入力します。

    • (それらの継承を停止するのには、ドキュメント セットが設定されていた) 場合は、親ドキュメント ライブラリの権限を継承するには、権限の継承をクリックします。

場合は、ドキュメント セットが保存されているドキュメント ライブラリのバージョン管理を有効にすると、いくつかのバージョン履歴、ドキュメント セットのセット内の個々 のドキュメントを操作するためのさまざまなオプションがあります。

ドキュメント セットの [ようこそ] ページで、タブの [管理] をクリックし、次のいずれかの操作します。

目的

操作

現在のプロパティとドキュメント セット内のドキュメントのスナップショットを取得します。

[バージョンの取得] をクリックして、キャプチャするバージョンに加えられた変更の説明を入力し、[ OK] をクリックします。

ドキュメント セットのバージョン履歴を表示します。

[バージョン履歴] をクリックします。

ドキュメント セットを以前のバージョンを復元します。

  1. [バージョン履歴] をクリックします。

  2. 復元を表示される矢印をクリックして [バージョンの復元] をクリックして目的のバージョンの日付と時刻の情報をポイントします。

ドキュメント セットの全体を選択した保存したバージョンに復元されます。このバージョンを元に戻す後に、ドキュメント セットに加えられた変更します。

ドキュメント セットの以前のバージョンのスナップショットを削除します。

バージョン履歴] をクリックし、[すべてのバージョンの削除] をクリックします。このアクションは、ドキュメント セットのバージョン履歴スナップショットを削除します。削除されませんドキュメント セット自体します。

ドキュメント セット内の個々 のファイルのバージョン履歴を表示します。

バージョン履歴を表示を表示される矢印をクリックして [バージョン履歴] をクリックするドキュメントをポイントします。

以前のバージョンには、個々 のドキュメントを復元します。

  1. 履歴を表示するバージョンを表示される矢印をクリックして [バージョン履歴] をクリックするドキュメントをポイントします。

  2. 復元を表示される矢印をクリックして、[復元] をクリックして目的のバージョンの日付と時刻の情報をポイントします。

Microsoft SharePoint Server 2010、 Microsoft Outlook 2010などと互換性のある電子メール プログラムを使用している場合は、ドキュメント セットのリンクをへようこそ] ページにすばやくメールことができます。

  1. ドキュメント セットの [ようこそ] ページで、[管理] タブをクリックし、[電子メールのリンク] をクリックします。

  2. Web コンテンツを開くように Outlook を許可するメッセージが表示されたら、[許可] をクリックします。

  3. Microsoft Outlook メール メッセージの [宛先] 行で目的の受信者の名前を入力、 [件名] ボックスに件名を指定して、メール メッセージの本文に含める追加情報を入力し、します。

  4. 場合は、サーバーから送信されたメッセージが表示されないと、受信者を無視してしないようにから行に、自分のメール アドレスを指定します。から] の横にある下向き矢印をクリックし、[その他の電子メール アドレス] をクリックします。入力するか、メール アドレスを選択します。

  5. メッセージの下書きを作成が完了したら、[Outlook で送信を] をクリックします。

関連項目

ドキュメント セットの概要

作成して新しいドキュメント セット コンテンツ タイプを構成します。

ドキュメント セットのウェルカム ページをカスタマイズします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×