ドキュメント セットの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ドキュメント セットは、単一のエンティティとして管理できる、関連するドキュメントをひとまとめにしたものです。ドキュメント セットを 1 つの手順で作成し、特性とメタデータを定義することができます。ドキュメント セットは、単一のエンティティとして管理できます。

この記事の内容

ドキュメント セットとは

ドキュメント セットで操作できるもの

ドキュメント セットとは

多くの種類のプロジェクトについて、関連性のあるドキュメントをセットとして作成することがよくあります。場合によっては、この一連のドキュメントが、プロジェクトの最終的な結果 (成果物) になることもあります。たとえば、専門のサービスを提供する企業であれば、クライアントから提案書の要求を受け、標準的なプレゼン資料を作成することがあります。プレゼン資料には常に以下の部分が含まれ、特定のプロジェクトの固有の要件に応じて各部分をカスタマイズすることができます。

  • サービス会社の概要

  • SWOT (強み、弱み、外部における機会、さらされている脅威) 分析

  • ビジネス計画

  • 類似の企業分析

別のケースでは、この一連のドキュメントが、より大きなプロジェクトを支援し、何か他の成果を実現するためのさまざまな情報の集まりにすぎないこともあります。たとえば、製造業では、製造する製品ごとにそのデザイン、テスト、製造に関連した標準的なドキュメントのセットを作成します。

これらのドキュメントは、同時に、または段階的に作成できます。ドキュメントは、1 人または多くのユーザーによって作成または確認される可能性があります。すべてのドキュメントが同じ形式 (Word 文書など) である場合があります。または、異なるファイル形式が含まれている場合があります (たとえば、Word 文書、OneNote ノートブック、PowerPoint プレゼンテーション、Visio 図面、Excel ブックなど)。

ドキュメント セットは、組織でこのような状況をより簡単に管理するのに役立ちます。ドキュメント セットは、複数の関連するドキュメントを 1 つのビューにまとめ、単一のエンティティとして作業し、管理できるようにします。新しいドキュメント セットを作成する場合は、実際に新しいコンテンツ タイプを作成します。コンテンツ タイプは、サイト コレクション全体で使用できるようになり、複数ドキュメントから成る関連資料ごとに、新しいドキュメント セット コンテンツ タイプを構成することができます。

ドキュメント セット コンテンツ タイプをライブラリに追加すると、ユーザーが 1 つの文書を作成するときと同じ方法で、ドキュメント セットの新しいインスタンスを作成することができます。

ページの先頭へ

ドキュメント セットで操作できるもの

ドキュメント セット コンテンツ タイプには、複数のドキュメントから成る関連資料を確実に、より簡単に作成、管理できるさまざまな固有の機能があります。ドキュメント セット コンテンツ タイプを構成すると、次のようなことができます。

すべての情報をユーザーが必要な設定が含まれているドキュメント セットのウェルカム ページのカスタマイズ   にします。[ようこそ] ページは、プロジェクトの情報またはドキュメント セット (たとえば、プロジェクト タイムラインなどのリソースへのリンクです。) で作業しているチーム メンバーにリソースを表示するように設定できる Web パーツ ページです。また、セットに追加されたドキュメントの一覧も表示されます。

  • 自動的に作成され、ドキュメント セットの新しいインスタンスごとに含まれている既定のコンテンツを指定   します。自動的に含まれている、特定のドキュメントを持つことができ、ユーザーを使用するテンプレートを制御することができます。既定のドキュメントが正しいコンテンツ タイプであることができます。たとえば、組織では、特定の種類の通信を使用するテンプレートをブランドをアップロードできますこれらドキュメント セット コンテンツ タイプを構成するとします。

  • 使用できるコンテンツ タイプの指定    ドキュメント セット内で使用できるコンテンツ タイプを指定します (ドキュメント ファイル、画像、音声、ビデオなど)。

  • 共有メタデータの指定    セット内のすべてのドキュメントに必要な共有メタデータとメタデータ列を指定します。既定のドキュメントは、ドキュメント セットが作成されるときに、メタデータを使用して自動的に提供され、共有メタデータをウェルカム ページに表示することができます。

  • ワークフローの割り当て    ドキュメント セットに使用するワークフローを割り当てます。ドキュメント セットには、標準的なレビュー ワークフローまたは承認ワークフローを使用することができ、ワークフロー ステップによってドキュメント セット全体が 1 ファイルとして処理されます。さらに、組織でドキュメント セット用のカスタム ワークフローを開発することができます。

  • ドキュメント セットの送信    対象となるフォルダー、サイト、ライブラリにルーティングするために、コンテンツ オーガナイザーにドキュメント セットを送信します。

サイトのユーザーは、ドキュメント セット コンテンツ タイプをライブラリに追加した後、使い慣れたドキュメント管理機能や特殊なドキュメントセット機能を使用することができます。

ドキュメント セットの作成者は、次のすべてのタスクを実行することができます。

  • ドキュメント ライブラリの [新しいドキュメント] を使用して、複数のドキュメントから成る新しい関連資料を効率よく簡単に作成する。

  • ドキュメント セット内の現在のプロパティやドキュメントについて、バージョン履歴のスナップショットを取得する。

ドキュメント セット全体またはドキュメント セット内の個々のアイテムに対するワークフローを開始して、共通のタスク (レビュー、承認など) を管理する。

  • ドキュメント セットへのリンクをメールで送信する。

  • [送信] を使用してドキュメント セットを他の場所に移動またはコピーする (送信先はサーバーの全体管理で構成されている必要があります)。

  • ドキュメント セットの権限を管理する。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×