ドキュメント内でドキュメント ワークスペースを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Robert Bogue Robert Bogue 著
私の 18 冊目となる著書『The SharePoint Shepherd's Guide for End Users (エンドユーザー向け SharePoint Shepherd ガイド)』では、エンドユーザーが SharePoint で、116 個の一般的なタスクを実行するために役立つ詳しい手順を説明しています。Microsoft Office SharePoint Server MVP として、私は 2000 年の "Tahoe" の時代から SharePoint に携わっています。タスクのスクリーンキャストを含むバージョンなど、この書籍の企業向けエディションをライセンスできます。私は自分のホーム ベースであるインディアナ州インディアナポリスで活動しており、世界に発信しています。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 を使用する最大の利点の 1 つは、ドキュメント ワークスペースを使用してドキュメントの共同作業ができることです。会議ワークスペースと同様に、ドキュメント ワークスペースは、ユーザーが任意のドキュメントについて、話し合い、提案し、編集できるインフラストラクチャをチーム サイトに構築します。Office SharePoint Server 2007 は、2007 Microsoft Office system とも緊密に統合されます。多くの 2007 Office リリース プログラムを使用して、ドキュメント ワークスペースを作成できます。「Create a Document Workspace in Office (Office でドキュメント ワークスペースを作成する)」で、Robert Bogue がその方法を紹介しています。

この記事は、エンドユーザー向け The SharePoint Shepherd ガイドロバート ・ ボーグによってから抜粋です。本を購入する方法については、次の図をクリックします。 『The SharePoint Shepherd's Guide for End Users』の表紙



この著者による他の記事

Microsoft Office SharePoint Server 2007


ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×