ドキュメント保持ポリシーの定義

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

このヘルプ トピックで説明する機能は、Office SharePoint Server 2007 および Microsoft Office Enterprise 2007 の両方が以下のバージョンでインストールされている場合にのみ使用できます。繁体字中国語、簡体字中国語、日本語、または韓国語。

  1. 申請書ワークフローがインストールされている [サイト] ページの右上にある [サイトの操作] タブをクリックします。このタブが表示されない場合は、管理者としてログインしていることを確認します。

  2. [サイトの設定] をクリックして、[サイトの設定] ページに移動します。サイトに適用するテンプレートによっては、[サイトの設定] と [すべてのサイト設定の変更] をもう一度クリックすることが必要になる場合があります。

  3. [グループの承認の管理、自分の承認ページに移動するには、自分の承認をクリックします。

  4. 画面の上部にあるタスク バーの [設定] をクリックし、[ポリシーの設定の変更] をクリックします。

  5. 有効期限ポリシーを使用するには、有効期限を設定を表示します。申請書ワークフローの既定の永続的なドキュメントの保存には、このオプションが選択されていません。

  6. 表示されている関連 spcification を定義します。

    • 保持期間     保持期間を指定します。

    • アイテムのプロパティに基づいて期間     作成、変更、割り当ての日付、または変更の状況報告日からの抽出条件を選択し、日、月、年を保持期間を指定します。作成時の送信者が、文書を作成するときに基づいています。変更し、状況報告日の変更は、時間の承認が完了したときに基づいています。ただし、割り当ての日付は、グループの承認] では使用されません。

    • プログラムを設定します。     詳細については、Microsoft Office SharePoint Server のヘルプを参照してください。[ポリシーの編集]ページの右上にある [ヘルプ] リンクをクリックします。

    • アイテムの有効期限が切れた場合     ファイルをどのように有効期限が切れた指定処理する必要があります。申請書ワークフローでは、このワークフローを開始する] オプションを使用できません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×