ドキュメント保持ポリシーの定義

このヘルプ トピックで説明した機能は、繁体字中国語、簡体字中国語、日本語、または韓国語のいずれかのバージョンの Office SharePoint Server 2007 と Microsoft Office Enterprise 2007 の両方がインストールされている場合にのみ利用できます。

  1. サイトのページの右上にある [サイトの操作]タブをクリックします。このタブが表示されない場合は、管理者としてログインしていることを確認してください。

  2. [サイトの設定]をクリックします。サイトに適用されているテンプレートによっては、[サイトの設定] をクリックし、[すべてのサイト設定の変更] を選択する必要があります。

  3. [申請書ワークフローの管理]の下の [申請書ワークフロー]をクリックして、[申請書ワークフロー ] ページに移動します。

  4. 画面の上部にあるタスクバーで [操作] をクリックし、[ポリシー設定の変更]をクリックします。

  5. 有効期限を設定するには、[有効期限を有効にする] チェックボックスをオンにします。申請書ワークフローで扱われるドキュメントは、長期的に保存されることが多いので、既定では、このオプションは選択されていません。‪

  6. 必要に応じて保持期間などを設定を指定します。

    • 保持期間      保持期間を指定します。

    • アイテムのプロパティに基づく期間      条件として [作成日時] または [更新日時] を選択し、保持期間を日単位、月単位、または年単位で指定します。[作成日時] は、申請者がドキュメントを作成した日時です。[更新日時] は、承認が完了した日時です。

    • プログラム的に設定する      詳細については、Microsoft Office SharePoint Server のヘルプを参照してください。[ポリシーの編集] ページの右上にある [ヘルプ] リンクをクリックします。

    • アイテムが有効期限に達した場合      有効期限に達したファイルの取り扱い方法を指定します。申請書ワークフローでは、[このワークフローを開始] オプションを選択することはできません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×