ドキュメントまたはアイテムでワークフローを手動で起動する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ドキュメントまたはアイテムに対するワークフローは、保存先のリストまたはライブラリから直接手動で開始できます。ワークフローの開始時に使用できるオプションは、ワークフローの目的や、そのアイテムのリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプにワークフローを追加するときに行ったカスタマイズ内容によって異なります。ワークフローを開始するには、少なくともアイテムの編集権限が必要です。ワークフローによっては、さらにリストの管理権限など、特定の権限がないと、ドキュメントまたはアイテムに対するワークフローを開始できない場合があります。

Microsoft Office SharePoint Server 2007 に付属する定義済みのワークフローを開始する方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。Office SharePoint Server 2007 に付属する署名の収集ワークフローは、対応する 2007 Microsoft Office system クライアント プログラム内から開始する必要があります。

注: ワークフローの開始後に、その参加者が、各自のワークフロー タスクに関する電子メール通知やアラームを受け取ることができるようにする場合は、サーバーの管理者に連絡し、電子メール通知がサイトで有効になっているかを確認してください。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

  2. ワークフローを開始するドキュメントまたはアイテムの名前をポイントし、表示された矢印をクリックして、[ワークフロー] をクリックします。

    注: [ワークフロー] コマンドは、対象となるアイテムが格納されているリストまたはライブラリに、ワークフローが少なくとも 1 つ関連付けられている場合にのみ使用できます。

  3. [新規ワークフローの起動] で、起動するワークフローの名前をクリックします。

    ワークフローの中には、すぐに開始され、ユーザーに追加情報を求めないものもあります。

  4. 参加者リスト、タスクに関連した指示、期限などの情報を求められた場合は、それぞれ該当するフィールドに必要な情報を入力します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×