ドキュメントまたはアイテムでワークフローを手動で起動する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークフローは、保存されているリストまたはライブラリから直接ドキュメントまたはアイテムで手動で起動できます。ワークフローの起動時に利用できるオプションは、そのワークフローが何を実行するのか、およびそのワークフローがリスト、ライブラリ、またはアイテムのコンテンツ タイプに追加されたときにどのようにカスタマイズされたのかに応じて、変化することがあります。ワークフローを起動するには、アイテムの編集権限が必要です。ワークフローによっては、ドキュメントまたはアイテムでワークフローを開始するためには、リストの管理権限または他の特定の権限がさらに必要になることがあります。

注: ワークフローが開始された後にワークフローの参加者に対してワークフロー タスクに関する電子メール通知およびアラームが送信されるようにする場合は、サイトに対して電子メールが有効になっていることをサーバー管理者に確認してください。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

  2. ワークフローを開始するドキュメントまたはアイテムの名前をポイントし、表示された矢印をクリックして、[ワークフロー] をクリックします。

    注: [ワークフロー] コマンドは、対象となるアイテムが格納されているリストまたはライブラリに、ワークフローが少なくとも 1 つ関連付けられている場合にのみ使用できます。

  3. [新規ワークフローの起動] で、起動するワークフローの名前をクリックします。

  4. 参加者のリスト、作業手順、期限情報などの情報の入力を求めるメッセージが表示されたら、用意されたフィールドにその情報を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×