ドキュメントの最終版への変更を防ぐ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office ドキュメントの電子コピーを他のユーザーと共有する前に、[最終版にする] コマンドを使用して、ドキュメントを読み取り専用にし、変更されるのを防ぐことができます。ドキュメントが最終版に設定されると、入力や編集のためのコマンド、校正マークが無効になり、ドキュメントは読み取り専用になります。また、ドキュメントの "状態" プロパティが "最終版" に設定されます。[最終版にする] コマンドを使用することで、ドキュメントの最終版を共有していることを示すことができます。これは、校閲者や閲覧者が不用意にドキュメントを変更することを防ぐ上でも有効です。

注記: 

  • [最終版にする] コマンドは、セキュリティ機能ではありません。ドキュメントの電子コピーが最終版に設定されていても、ドキュメントの [最終版にする] コマンドをオフにすることで、だれでもこのドキュメントを編集することができます。

  • 2007 Microsoft Office system プログラムで最終版に設定されているドキュメントは、以前のバージョンの Microsoft Office プログラムで開かれた場合は、読み取り専用にはなりません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

最終版としてマーク ドキュメント

最終版に設定されているドキュメントの編集を有効にします。

ドキュメントを最終版にする

  1. 最終版にするドキュメントを開きます。

  2. Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、準備] をポイントし、[最終版としてマーク] をクリックします。

    [最終版にする] コマンドを選択してドキュメントを読み取り専用にします

ページの先頭へ

最終版にしたドキュメントの編集を有効にする

最終版に設定されているドキュメントでは、[最終版にする] コマンドが選択されています。最終版に設定されているドキュメントを編集するには、[最終版にする] コマンドをクリックします。

ステータス バーに [最終版にする] アイコンが表示されているかどうか確認することでも、ドキュメントが最終版であるかどうかを判断できます。

最終版に設定されているドキュメントのステータス バーには、[最終版にする] アイコンが表示されます

  1. 最終版にするドキュメントを開きます。

  2. Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックし、準備] をポイントし、[最終版としてマーク] をクリックします。

    [最終版にする] コマンドをオフにすることで編集が可能になります

ページの先頭へ

Office 2010 の新機能

Office ブログ (英語)

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×