ドキュメントの互換性を検査する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office for Mac では、Office for Mac の他バージョンおよび Windows 版 Office に対するドキュメントの互換性が検査され、互換性レポートが生成されます。 互換性レポートを開くと、互換性問題に関する詳細情報を確認したり、互換性問題の修正を試みたりすることができます。 なお、ドキュメントを他の人と共有する予定がない場合や、同じバージョンの Office for Mac を使用している人とのみドキュメントを共有する予定である場合は、互換性レポートを無視してかまいません。

注: 互換性レポートでは、Office 98 for Mac ~ Microsoft Office for Mac 2011 との互換性と、Windows 版 Office 97 ~ Microsoft Office 2010 との互換性が検査されます。

次のいずれかの操作を実行します。

保存時にドキュメントを検査する

  1. 検査するドキュメントを作成するか、開きます。

  2. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. [互換性レポート] をクリックします。1 件以上の互換性の問題が存在することを示すメッセージが表示された場合は、[OK] をクリックして互換性問題の内容を調べます。 それ以外の場合は、[OK] をクリックして、互換性チェックを閉じます。

    互換性の問題が存在する場合、[互換性レポート] ウィンドウが開きます。

  4. [互換性レポート] ウィンドウの [互換性を確認する対象] ポップアップ メニューで、このドキュメントが開かれる可能性のある Office のバージョンをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

求める結果

操作

互換性の問題の修正を試みる

[結果] で問題をクリックし、[修正] をクリックします。

互換性レポートの問題の詳細情報を確認する

[結果] で問題をクリックし、[ヘルプ] をクリックします。

互換性レポートの問題を無視する

[結果] で問題をクリックし、[無視] をクリックします。

ドキュメントを随時検査する

  1. 検査するドキュメントを作成するか、開きます。

  2. [表示] メニューの [互換性レポート] をクリックします。

  3. [互換性を確認する対象] ポップアップ メニューで、このドキュメントが開かれる可能性のある Office のバージョンをクリックします。

  4. [チェック実行] または [再チェック] をクリックします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

ケース

操作

互換性の問題が存在しない

[互換性レポート] を閉じます。

[互換性レポート] に問題が表示されているので、問題の修正を試みる

[結果] で問題をクリックし、[修正] をクリックします。

[互換性レポート] に問題が表示されているので、問題の詳細情報を確認する

[結果] で問題をクリックし、[ヘルプ] をクリックします。

[互換性レポート] に問題が表示されているのが、問題を無視する

[結果] で問題をクリックし、[無視] をクリックします。

関連項目

他のバージョンの Office とドキュメントを共有する

Office for Mac ファイルを保存します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×