ドキュメントのテーマを適用またはカスタマイズする

ドキュメント テーマを適用すると、ドキュメント全体を速く簡単に書式設定して、プロのようなモダンな外観にすることができます。ドキュメント テーマとは一連の書式設定の選択であり、テーマの色、テーマのフォント (見出しと本文のフォント)、テーマの効果 (線と塗りつぶしの効果) が含まれます。

Microsoft Office の Word、Excel、PowerPoint などのプログラムには複数の定義済みドキュメント テーマが用意されていますが、既存のドキュメント テーマをカスタマイズして保存することにより、独自のテーマを作成することもできます。すべての Office ドキュメントが統一感のある外観になるように、ドキュメント テーマは Office プログラム全体で共有されます。ただし、Word や Excel とは異なり、PowerPoint には背景スタイルのカスタマイズ オプションが含まれます。追加して、背景をカスタマイズする方法については、スライドの背景の書式設定を参照してください。

注: 適用するか、PowerPoint のテーマをカスタマイズする方法については、次を参照してください。使用または PowerPoint のテーマを作成するします。

この記事では、テーマについて説明します。ドキュメント テンプレートを探す方法の詳細については、「テンプレートのある場所」を参照してください。

ドキュメント テーマを適用する

Word および Excel において既定で適用されるドキュメント テーマを変更するには、別の定義済みドキュメント テーマを選ぶか、ユーザー設定のドキュメント テーマを選びます。適用したドキュメント テーマは、ドキュメント内で使用できるスタイルに影響します。

  1. Excel では、[ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループの [テーマ] をクリックします。

    Word では、[デザイン] タブの [ドキュメントの書式設定] グループの [テーマ] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 定義済みのドキュメント テーマを適用するには、使うドキュメント テーマをクリックします。

    • ユーザー設定のドキュメント テーマを適用するには、[ユーザー設定] で使うドキュメント テーマをクリックします。

      注: [ユーザー設定] は、ユーザー設定のドキュメント テーマを作成してある場合にのみ使用できます。ユーザー設定のドキュメント テーマを作成する方法の詳細については、後の「ドキュメント テーマをカスタマイズする」を参照してください。

  3. 使うドキュメント テーマが一覧に表示されない場合は、[テーマの参照] をクリックして、コンピューターまたはネットワークで検索します。

  4. Office 2007 アプリケーションでは、Office Online で他のドキュメント テーマを検索できます。[Office Online で検索] をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメント テーマをカスタマイズする

ドキュメント テーマをカスタマイズするには、最初に、使用する色、フォント、線と塗りつぶしの効果を変更します。これらのテーマ コンポーネントに対する変更は、作業中のドキュメントに適用したスタイルに直ちに反映されます。これらの変更を新しいドキュメントに適用する場合は、ユーザー設定のドキュメント テーマとして保存することができます。

テーマの色をカスタマイズする

テーマの色には、4 つのテキスト/背景色、6 つのアクセント色、および 2 つのハイパーリンク色が含まれます。[テーマの色] ボタン ボタン イメージ の色は現在のテキストと背景の色を表し、[テーマの色] ボタンをクリックした後で [テーマの色] の名前の横に表示される色のセットは、そのテーマのアクセントとハイパーリンクの色を表します。これらの色を変更して独自のテーマの色のセットを作成すると、[テーマの色] ボタンの色および [テーマの色] の名前の横の色が対応して変化します。

  1. Excel では、[ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループの [] をクリックします。

    Word では、[デザイン] タブの [ドキュメントの書式設定] グループの [] をクリックします。

  2. Excel では、[新しい配色パターンの作成] をクリックします。

    Word では、[色のカスタマイズ] をクリックします。

  3. [テーマの色] で、変更するテーマの色要素のボタンをクリックします。

  4. [テーマの色] で、使う色を選びます。変更するすべてのテーマの色要素について、手順 3 ~ 4 を繰り返します。

    ヒント: [サンプル] では、行った変更の影響を確認できます。ドキュメントに適用したスタイルに対する選んだ色の影響を見るには、[プレビュー] をクリックします。

  5. [名前] ボックスに、新しいテーマの色に合った名前を入力し、[保存] をクリックします。

    ヒント: すべてのテーマの色要素を元のテーマの色に戻す場合は、[保存] をクリックする前に [リセット] をクリックします。

テーマのフォントをカスタマイズする

テーマのフォントには、見出しのフォントと本文のフォントが含まれています。[テーマのフォント] ボタン ボタン イメージ をクリックすると、[テーマのフォント] の名前の下に、各テーマのフォントに使われている見出しフォントと本文フォントの名前が表示されます。両方のフォントを変更して、独自のテーマのフォントのセットを作成できます。

  1. Excel では、[ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループの [フォント] をクリックします。

    Word では、[デザイン] タブの [ドキュメントの書式設定] グループの [フォント] をクリックします。

  2. Excel では、[新しいテーマのフォント パターンの作成] をクリックします。

    Word では、[フォントのカスタマイズ] をクリックします。

  3. [見出しのフォント] および [本文のフォント] ボックスで、使うフォントを選びます。

    ヒント: 選択したフォントでサンプルが更新されます。

  4. [名前] ボックスに、新しいテーマのフォントに合った名前を入力し、[保存] をクリックします。

テーマの効果のセットを選ぶ

テーマの効果は、線と塗りつぶしの効果のセットです。[テーマの効果] ボタン ボタンの画像 をクリックすると、グラフィックでテーマの効果の各セットに使われる線と塗りつぶしの効果が、[テーマの効果] の名前の横に表示されます。テーマの効果のセットを独自に作成することはできませんが、独自のドキュメント テーマで使うテーマの効果を選ぶことができます。

  1. Excel では、[ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループの [効果] をクリックします。

    Word では、[デザイン] タブの [ドキュメントの書式設定] グループの [効果] をクリックします。

  2. 使う効果をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメント テーマを保存する

ドキュメント テーマの色、フォント、または線と塗りつぶしの効果に対して行った変更を、他のドキュメントに適用できるユーザー設定のドキュメント テーマとして保存することができます。

  1. Excel では、[ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループの [テーマ] をクリックします。

    Word では、[デザイン] タブの [ドキュメントの書式設定] グループの [テーマ] をクリックします。

  2. [現在のテーマを保存] をクリックします。

  3. [ファイル名] ボックスに、テーマに合った名前を入力し、[保存] をクリックします。

    ユーザー設定のドキュメント テーマが Document Themes フォルダーに保存され、ユーザー設定のテーマの一覧に自動的に追加されます。

ページの先頭へ

ドキュメント テーマを適用する

Word および Excel において既定で適用されるドキュメント テーマを変更するには、別の定義済みドキュメント テーマを選ぶか、ユーザー設定のドキュメント テーマを選びます。適用したドキュメント テーマは、ドキュメント内で使用できるスタイルに影響します。

  1. [印刷レイアウト] タブの [テーマ] グループで [テーマ] をクリックします。

    Word のリボンの画像 または Excel のリボン イメージ

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 定義済みのドキュメント テーマを適用するには、[組み込み] で使うドキュメント テーマをクリックします。

    • ユーザー設定のドキュメント テーマを適用するには、[ユーザー設定] で使うドキュメント テーマをクリックします。

      注: [ユーザー設定] は、ユーザー設定のドキュメント テーマを作成してある場合にのみ使用できます。ユーザー設定のドキュメント テーマを作成する方法の詳細については、後の「ドキュメント テーマをカスタマイズする」を参照してください。

  3. 使うドキュメント テーマが一覧に表示されない場合は、[テーマの参照] をクリックして、コンピューターまたはネットワークで検索します。

  4. Office 2007 アプリケーションでは、Office Online で他のドキュメント テーマを検索できます。[Microsoft Office Online のその他のテーマ] をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメント テーマをカスタマイズする

ドキュメント テーマをカスタマイズするには、最初に、使用する色、フォント、線と塗りつぶしの効果を変更します。これらのテーマ コンポーネントに対する変更は、作業中のドキュメントに適用したスタイルに直ちに反映されます。これらの変更を新しいドキュメントに適用する場合は、ユーザー設定のドキュメント テーマとして保存することができます。

テーマの色をカスタマイズする

テーマの色には、4 つのテキスト/背景色、6 つのアクセント色、および 2 つのハイパーリンク色が含まれます。[テーマの色] ボタン ボタン イメージ の色は現在のテキストと背景の色を表し、[テーマの色] ボタンをクリックした後で [テーマの色] の名前の横に表示される色のセットは、そのテーマのアクセントとハイパーリンクの色を表します。これらの色を変更して独自のテーマの色のセットを作成すると、[テーマの色] ボタンの色および [テーマの色] の名前の横の色が対応して変化します。

  1. [ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループの [配色] をクリックします。

    Word のリボンの画像 または Excel のリボン イメージ

  2. [新しい配色パターンの作成] をクリックします。

  3. [テーマの色] で、変更するテーマの色要素のボタンをクリックします。

  4. [テーマの色] で、使う色を選びます。変更するすべてのテーマの色要素について、手順 3 ~ 4 を繰り返します。

    ヒント: [サンプル] では、行った変更の影響を確認できます。ドキュメントに適用したスタイルに対する選んだ色の影響を見るには、[プレビュー] をクリックします。

  5. [名前] ボックスに、新しいテーマの色に合った名前を入力し、[保存] をクリックします。

    ヒント: すべてのテーマの色要素を元のテーマの色に戻す場合は、[保存] をクリックする前に [リセット] をクリックします。

テーマのフォントをカスタマイズする

テーマのフォントには、見出しのフォントと本文のフォントが含まれています。[テーマのフォント] ボタン ボタン イメージ をクリックすると、[テーマのフォント] の名前の下に、各テーマのフォントに使われている見出しフォントと本文フォントの名前が表示されます。両方のフォントを変更して、独自のテーマのフォントのセットを作成できます。

  1. [ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループで [フォント] をクリックします。

    Word のリボンの画像 または Excel のリボン イメージ

  2. [新しいテーマのフォント パターンの作成] をクリックします。

  3. [見出しのフォント] および [本文のフォント] ボックスで、使うフォントを選びます。

    ヒント: 選択したフォントでサンプルが更新されます。

  4. [名前] ボックスに、新しいテーマのフォントに合った名前を入力し、[保存] をクリックします。

テーマの効果のセットを選ぶ

テーマの効果は、線と塗りつぶしの効果のセットです。[テーマの効果] ボタン ボタンの画像 をクリックすると、グラフィックでテーマの効果の各セットに使われる線と塗りつぶしの効果が、[テーマの効果] の名前の横に表示されます。テーマの効果のセットを独自に作成することはできませんが、独自のドキュメント テーマで使うテーマの効果を選ぶことができます。

  1. [ページ レイアウト] タブの [テーマ] グループで [効果] をクリックします。

    Word のリボンの画像 または Excel のリボン イメージ

  2. 使う効果をクリックします。

ページの先頭へ

ドキュメント テーマを保存する

ドキュメント テーマの色、フォント、または線と塗りつぶしの効果に対して行った変更を、他のドキュメントに適用できるユーザー設定のドキュメント テーマとして保存することができます。

  1. [印刷レイアウト] タブの [テーマ] グループで [テーマ] をクリックします。

    Word のリボンの画像 または Excel のリボン イメージ

  2. [現在のテーマを保存] をクリックします。

  3. [ファイル名] ボックスに、テーマに合った名前を入力し、[保存] をクリックします。

    ユーザー設定のドキュメント テーマが Document Themes フォルダーに保存され、ユーザー設定のテーマの一覧に自動的に追加されます。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×