ドキュメントからページへのコンバータを構成する

Microsoft Office SharePoint Server 2007 には、Microsoft Office Word 文書、マクロを含む Word 文書、Microsoft Office InfoPath フォーム、および XML ドキュメントを、内部または外部のサイトに発行可能な標準の Web ページに変換するための、ドキュメントからページへの変換ユーティリティが 4 種類あります。

注: InfoPath フォームをイメージに変換するための InfoPath コンバータも用意されていますが、これは構成することはできません。

ドキュメントからページへのコンバータは、使い慣れたプログラムでドキュメントを作成し、サイト コレクション内で Web ページとして発行するのに役立ちます。ドキュメント コンバータは特定のドキュメント コンテンツ タイプに関連付けられています。サイト管理者は、ドキュメントが属するコンテンツ タイプに基づいて、ドキュメントの Web ページへの変換方法を構成することができます。たとえば、Case Studies というドキュメント コンテンツ タイプと、Press Releases というドキュメント コンテンツ タイプがある場合、それぞれに異なるドキュメント コンバータを構成できます。

サイト管理者は、ドキュメントからページへのコンバータについて、次のコンポーネントを構成できます。

継承     親コンテンツ タイプに基づくコンテンツ タイプは、親から変換設定を継承することも、独自の変換設定を持つこともできます。

ページ レイアウト     変換されたドキュメントのサイト コレクションに適用できるページ レイアウトを選択できます。

テキスト配置      コンテンツを配置するページ レイアウト フィールドを指定できます。

テキスト スタイル     ドキュメントに関連付けられているスタイル定義は、変換後も維持できます。または、スタイル定義を削除し、複数のドキュメントで一貫した外観を保つために、.css ファイルによって定義されたテキスト スタイルを定義することもできます。

ページの場所      各コンテンツ タイプについて、変換済みドキュメントを配置するサイトを指定できます。また、ドキュメントをページに変換するときにユーザーがこの設定を変更できないように構成できます。

変換スケジュール     ドキュメントは、その場で変換することもできますが (この場合、ユーザーは結果を待ちます)、優先度が低い場合はバックグラウンドで変換することもできます。後者の場合、ユーザーは変換が開始されたドキュメント ライブラリに戻ります。ドキュメントをページに変換するときにユーザーがこの設定を変更できないように構成できます。

InfoPath テンプレート ビュー     InfoPath からページへの変換の場合のみ、変換に使用する InfoPath フォーム テンプレートのビューを選択できます。

XSL スタイルシート     XML からページへの変換の場合、XML スキーマに適合する XSL スタイルシートを指定する必要があります。

  1. サイト コレクションのホーム ページ上で、[サイトの操作] をクリックし、[サイトの設定] をポイントします。次に、[すべてのサイト設定の変更] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [ギャラリー] セクションで、[サイト コンテンツ タイプ] をクリックし、変換設定を定義するコンテンツ タイプを選択します。

  3. [サイト コンテンツ タイプ] ページで [このコンテンツ タイプのドキュメント変換の管理] をクリックします。

  4. 構成するコンバータの横の [構成] をクリックします。

  5. 親から設定を継承するコンテンツ タイプの場合、[継承] セクションで [このコンテンツ タイプに固有の設定を定義する] をクリックします。

    このオプションは、ルート コンテンツ タイプ (Document など) には使用できません。

  6. XML からページへの変換の場合のみ、[参照] をクリックして、変換に使用する XSL スタイルシートを指定します。XML スキーマに適合する XSL スタイルシートを指定する必要があります。

  7. InfoPath からページへの変換の場合のみ、[参照] をクリックして、InfoPath フォーム テンプレートを指定します。次に、[ビュー] ボックスで、変換に使用するビューを選択します。

  8. [ページ レイアウト] ボックスで、ドキュメントの変換に使用するページ レイアウトを選択します。

  9. [変換したドキュメント コンテンツのフィールド] ボックスで、ドキュメントの本文コンテンツを配置する場所を選択します。このリストには、選択したコンテンツ タイプ レイアウトのすべての HTML フィールドが含まれています。コンテンツを正しく表示できるフィールドを選択してください。

  10. 元のドキュメントのスタイルを使用するか、スタイルを削除してページ レイアウトに関連付けられているスタイルを使用するかを決定します。

    • 変換済みのドキュメントからスタイルを削除するには、[変換した HTML から CSS の <styles> セクションを取り除く] をクリックします。

    • テキスト スタイルを維持するには、[変換した HTML から CSS の <styles> セクションを次のフィールドに保存する] をクリックし、カスケード スタイル シートを適用するフィールドを選択します。カスケード スタイル シートを正しく読み込むことができるフィールドを選択してください。

  11. [場所] セクションで、ページを作成するサイトを決定します。選択するサイトは、発行機能が有効になっている必要があります。[ページ作成用の既定のサイトを設定する] チェック ボックスをオンにし、[参照] をクリックして場所を指定します。

    変換済みのドキュメントをユーザーが他の場所に配置できないようにするには、[ページ作成時にユーザーがこの設定を変更できないようにする] チェック ボックスをオンにします。

  12. [処理] セクションで、変換後すぐにページを作成するか、またはユーザーが他の作業をしている間にバックグラウンドで変換するかを指定します。

    • ドキュメントの変換をすぐに行うには (優先度が高い場合)、[一度に 1 ページ作成し、作成するたびにそのページを表示する] をクリックします。

    • ユーザーが他の作業を行っている間にバックグラウンドで変換を開始するには (優先度が低い場合)、[ページはバックグラウンドで作成し、ドキュメント ライブラリに戻る] をクリックします。

    • ユーザーがこれらの設定を変更できないようにするには、[ページ作成時にユーザーがこの設定を変更できないようにする] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×