トラブルシューティング: 描画オブジェクトへの枠線、塗りつぶし、影、3-D 効果の追加

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

描画オブジェクトに 3-D 効果を追加すると、オブジェクトの影が表示されません。

描画オブジェクトに影と 3-D 効果を同時に設定することはできません。

描画オブジェクトの周囲の境界線が表示されません。

  • 描画オブジェクトに 3-D 効果を設定すると、輪郭が非表示になります。

  • 枠線がオフになっている、枠線がバック グラウンドでと同じ色または浮き出し効果や浮き彫りの影の効果をオブジェクトに追加されました。表示される境界線を追加するには、オブジェクトを選択します。図形描画] ツールバーで、[線の色Button image ] の横にある矢印をクリックし、[枠線の色] をクリックします。

塗りつぶし、罫線、影、または 3-D 効果を変更したが、表示するには、古い設定オブジェクトを描画します。

新しく描画したオブジェクトには、既定のスタイルが適用されます。新しいオブジェクトの既定の設定を変更するには、既定値にする属性が設定されているオブジェクトを選択します。[図形描画] ツールバーの [図形の調整] メニューをクリックし、[オートシェイプの既定値に設定] をクリックします。

影付きの 3-D 効果と描画オブジェクトの塗りつぶしの色の変更、3-D 効果、影の色が変更されません。

塗りつぶしの色を変更すると、描画オブジェクトの色だけが変更されます。影または 3-D 効果の色を変更するには、[図形描画] ツールバーの [影付きスタイル] または [3-D スタイル] をクリックし、変更する色を選択します。

描画オブジェクトの影は塗りつぶしではありません。

透明オブジェクトに影を適用すると、影は線で表示されます。影に均一の色を付けるには、オブジェクトに塗りつぶし色または塗りつぶし効果を適用する必要があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×