トラブルシューティング: 図やインポートしたグラフィックス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

グラフィックを回転することができません。

回転または反転できるのは、描画オブジェクトだけです。オブジェクトのグループを解除してから、もう一度グループ化して描画オブジェクトに変換すると、そのオブジェクトを回転または反転することができます。ただし、ビットマップを描画オブジェクトに変換することはできません。

  • オブジェクトを描画オブジェクトに変換するには、変換するオブジェクトを選択し、[図形の調整] メニュー ([図形描画] ツールバー) の [グループ解除] をクリックします。次に、[グループ化] をクリックします。

  • オブジェクトを描画オブジェクトに変換できない場合は、そのオブジェクトを他のグラフィック アプリケーションで開き、グラフィックスを回転させてから保存します。保存したグラフィックスを Graph で開くと、回転したグラフィックスが表示されます。

グラフィックはインポートされません。

グラフィック フィルタが適切なフォルダに組み込まれていないか、またはフィルタ自体に問題があります。フィルタをいったん削除し、セットアップ プログラムを実行してフィルタをもう一度組み込みます。

オートシェイプ、テキスト ボックス、図、ワードアート、またはオブジェクトのコマンドでは、[書式] メニューです。

[オートシェイプ]、[テキスト ボックス]、[図]、[ワードアート]、または [オブジェクト] コマンドが表示されるのは、描画オブジェクト、テキスト ボックス、埋め込まれたグラフィックス、特殊効果テキスト、図などのオブジェクトを選択している場合だけです。

図の一部の色を変更することはできません。

挿入した図のグループを解除し、[図形描画] ツールバーのツールを使って色を変更します。

インポートした図をグループ解除はできません。

ビットマップはグループを解除したり、描画オブジェクトに変換することができません。

グラフィック アプリケーションを使うと、ビットマップを変更できます。たとえば、ビットマップを Photo Editor などで開き、回転または反転して、グラフに挿入します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×