データ マクロを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ マクロは Access 2010 の新機能であり、これを使用すると、データの追加、更新、削除など、テーブル内で発生するイベントにロジックを追加できます。データ マクロは Microsoft SQL Server の "トリガー" に似ています。この記事では、データ マクロを作成する方法とデバッグする方法を説明します。

このトピックの内容

データ マクロについて

イベント駆動型データ マクロを作成する

名前付きデータ マクロを作成する

データ マクロを管理する

データ マクロをデバッグする

データ マクロについて

データ マクロは、ナビゲーション ウィンドウの [マクロ] には表示されず、データシート ビューでテーブルを表示しているときに [テーブル] タブから管理します。データ マクロは、テーブル内のデータを検証して、データが正確であることを保証する目的などに使用できます。データ マクロには、大別して、テーブル イベントにより実行されるマクロ ("イベント駆動型" データ マクロ) と、名前を指定して呼び出されると実行されるマクロ ("名前付き" データ マクロ) の 2 種類があります。

ページの先頭へ

イベント駆動型データ マクロを作成する

テーブル イベントは、テーブル内のデータを追加、更新、または削除するときに必ず発生します。これらのイベントが発生した直後、または削除イベントや変更イベントの直前に実行されるようにデータ マクロをプログラミングできます。テーブル イベントにデータ マクロを割り当てるには、次の手順に従います。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、データ マクロを追加するテーブルをダブルクリックします。

  2. [テーブル] タブの [イベント前] または [イベント後] で、マクロを追加するイベントをクリックします。たとえば、テーブルからレコードを削除した後に実行するデータ マクロを作成するには、[削除後処理] をクリックします。

    注: 既に関連付けられているマクロがイベントにある場合は、リボン上でそのアイコンが強調表示されます。

    マクロ ビルダーが開きます。このイベントに対して以前に作成されているマクロがある場合は、その既存のマクロが表示されます。

  3. そのマクロで実行するアクションを追加します。

  4. マクロを保存して閉じます。

マクロの作成の詳細については、「ユーザー インターフェイス (UI) マクロを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

名前付きデータ マクロを作成する

名前付きまたは "独立" データ マクロは、特定のイベントではなく、特定のテーブルに関連付けられます。名前付きデータ マクロは、他のデータ マクロや標準のマクロから呼び出すことができます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、データ マクロを追加するテーブルをダブルクリックします。

  2. [テーブル] タブの [名前付きマクロ] で [名前付きマクロ] をクリックし、[名前付きマクロの作成] をクリックします。

    マクロ ビルダーが開くので、これを使用してアクションを追加します。

マクロの作成の詳細については、「ユーザー インターフェイス (UI) マクロを作成する」を参照してください。

パラメーターについて

パラメーターを使用すると名前付きデータ マクロに値を渡すことができるため、条件付きステートメントやその他の計算に使用できます。また、パラメーターを使用して、標準のマクロからデータ マクロにオブジェクト参照を渡すこともできます。

注: パラメーターをイベント駆動データ マクロで使用できません。

データ マクロにパラメーターを追加するには:

  1. マクロの上部で、[パラメーターの作成] をクリックします。

  2. [名前] ボックスに、パラメーターの一意な名前を入力します。この名前は、式でパラメーターを参照するときに使用します。

  3. 必要に応じて、[説明] ボックスにパラメーターの説明を入力します。後でパラメーターを使用するときに、ここに入力する説明がヒントに表示されるため、説明を入力することをお勧めします。これにより、パラメーターの用途を思い出しやすくなります。

別のマクロから名前付きデータ マクロを実行するには、"RunDataMacro/データマクロの実行" アクションを使用します。このアクションでは、作成した各パラメーターに対してボックスが表示され、必要な値を指定できるようになります。

ページの先頭へ

データ マクロを管理する

データ マクロは、ナビゲーション ウィンドウの [マクロ] に表示されません。データ マクロの作成、編集、名前の変更、および削除を行うには、テーブルのデータシート ビューまたはテーブルのデザイン ビューのリボン コマンドを使用する必要があります。

イベント駆動型データ マクロを編集する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、編集するデータ マクロのあるテーブルをダブルクリックします。

  2. [テーブル] タブの [イベント前] または [イベント後] で、編集するマクロのイベントをクリックします。たとえば、テーブルからレコードを削除した後に実行するデータ マクロを編集するには、[削除後処理] をクリックします。

    注: イベントにマクロが関連付けられていない場合は、イベントのアイコンはメニュー上で強調表示されません。

    マクロ ビルダーが開くので、これを使用してマクロを編集します。

名前付きデータ マクロを編集する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、任意のテーブルをダブルクリックしてデータシート ビューで開きます。

  2. [テーブル] タブの [名前付きマクロ] で [名前付きマクロ] をクリックし、[名前付きマクロの編集] をポイントします。

  3. サブ メニューから、編集するデータ マクロをクリックします。

    マクロ ビルダーが開くので、これを使用してマクロを編集します。

名前付きデータ マクロの名前を変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウで、任意のテーブルをダブルクリックしてデータシート ビューで開きます。

  2. [テーブル] タブの [名前付きマクロ] で [名前付きマクロ] をクリックし、[マクロの名前変更/削除] をクリックします。

  3. [データ マクロ マネージャー] ダイアログ ボックスで、名前を変更するデータ マクロの横にある [名前の変更] をクリックします。

    現在のマクロ名が表示されます。

  4. 新しい名前を入力するか、既存の名前を編集して、Enter キーを押します。

データ マクロを削除する

名前付きまたはイベント駆動型データ マクロを削除するには、次の手順に従います。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、任意のテーブルをダブルクリックしてデータシート ビューで開きます。

  2. [テーブル] タブの [名前付きマクロ] で [名前付きマクロ] をクリックし、[マクロの名前変更/削除] をクリックします。

  3. [データ マクロ マネージャー] ダイアログ ボックスで、名前を変更するデータ マクロの横にある [削除] をクリックします。

注:  イベント駆動型マクロを削除するには、関連付けられているアクションをすべて削除する方法もあります。

ページの先頭へ

データ マクロをデバッグする

シングル ステップ コマンド、"MessageBox/メッセージ ボックス" マクロ アクションなど、一般的なマクロ デバッグ ツールの中には、データ マクロに使用できないものもあります。ただし、データ マクロの問題が発生した場合は、アプリケーション ログ テーブルと "OnError/エラー時"、"RaiseError/エラーの生成"、および "LogEvent/イベントのログ記録" マクロ アクションを組み合わせて使用することで、データ マクロのエラーを発見できます。

アプリケーション ログ テーブルを表示する

アプリケーション ログ テーブルはシステム テーブルの 1 つであり (名称: USysApplicationLog)、既定ではナビゲーション ウィンドウに表示されません。データ マクロでエラーが発生した場合、アプリケーション ログ テーブルの情報を確認することで、状況を把握できることがあります。

アプリケーション ログ テーブルを表示するには、次の手順に従います。

  1. [ファイル] をクリックして、Microsoft Backstage ビューを開きます。

  2. [情報] タブの [アプリケーション ログ テーブルの表示] をクリックします。

    注: ]、[アプリケーションのログ テーブルの表示] ボタンが表示されない場合は、アプリケーションのログのテーブルがまだ作成されていないデータベースになります。イベントにログインすると、[情報] タブのボタンが表示されます。

"LogEvent/イベントのログ記録" アクションまたは "RaiseError/エラーの生成" アクションを使用してアプリケーション ログ テーブルの行を作成し、"OnError/エラー時" アクションを使用して Access のエラーに対する動作方法を制御できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×