データ プロパティ ページ (ADP)

(Microsoft SQL Server 2000 のみ。)テーブル、ビュー、単一ステートメント ストアド プロシージャ、およびインライン関数に適用されます。フィルター処理、並べ替え、およびサブデータ シートのプロパティを表示します。

テーブル名

テーブルで作業している場合にのみ表示されます。テーブルの名前を示します。データベース ダイアグラムで作業していて、その中で 1 つ以上のテーブルを選択している場合、最初のテーブルの名前のみが表示されます。

オブジェクト名

ビュー、単一ステートメント ストアド プロシージャ、またはインライン関数で作業している場合のみに適用されます。作業しているオブジェクトの名前を示します。

フィルター

データベースから結果セットが返された後に適用される、クライアント側の選択条件を示します。このプロパティは、WHERE 句で構成され、WHERE キーワードを使用しない文字列式です。

並べ替え

データベースから結果セットが返された後に適用される、クライアント側の並べ替え条件を示します。このプロパティは、レコードを並べ替える 1 つまたは複数のフィールドの名前で構成される文字列式です。複数のフィールド名を使用する場合はカンマ (,) で区切ります。レコードを降順で並べ替える場合は、文字列式の最後に「DESC」と入力します。

サブデータシート名

サブデータ シートにバインドされるテーブルまたはクエリを指定または決定します。サブデータシートにバインドするテーブルを決定する際に、Access がデータベース内の既存の関係を使用するよう指定するには、[自動] を選択します。

リンク子フィールド

サブデータ シート内のリンクするフィールドの一覧を示します。ここで一覧するフィールドは、[リンク親フィールド] コントロールで指定したフィールドと一致する必要があります。

リンク親フィールド

テーブル、ビュー、ストアド プロシージャ、またはサブデータ シートを含むインライン関数のリンクするフィールドまたはコントロールの一覧を示します。ここで一覧するフィールドは、[リンク子フィールド] コントロールで指定したフィールドと一致する必要があります。マスターと子のフィールドの各ペアは同じ名前である必要はありませんが、同じ種類のデータが含まれ、またデータ型とフィールドのサイズが同じまたは互換性を持っている必要があります。

サブデータシートの高さ

サブデータ シートに表示する既定の高さを示します。既定の高さを超える行がサブデータ シートに含まれている場合は、サブデータ シートに垂直スクロール バーが表示されます。

展開したサブデータシート

テーブル、ビュー、単一ステートメント ストアド プロシージャの、またはインライン関数内のすべてのサブデータ シートの保存された状態が表示されます。[Yes] なら展開されており、[No] なら未展開です。

既定のビュー

ユーザーがオブジェクトを開くかサブフォームまたはサブレポートとして埋め込んだ場合にサブデータ シートの表示に使用するビューが表示されます。選択肢は、[データシート]、[ピボットテーブル]、または [ピボットグラフ] です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×