データ フォームを使用して行を追加、編集、検索、および削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ワークシートのデータ行の幅が広いため、左右のスクロールを繰り返す必要がある場合は、データ フォームを使用して行を追加、編集、検索、および削除することを検討してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データ フォームについて

データ フォームを作成する

データ フォームを使用する

データ フォームを閉じる

データ フォームについて

データ フォームでは、左右にスクロールすることなく、セル範囲やテーブル内の 1 行全体の情報を簡単に入力または表示できます。データ列が多くて画面に収まらない場合、データ フォームを使用すると、列間を移動する必要がないため、簡単にデータを入力することができます。列見出しをラベルとして一覧表示する単純な形式のテキスト ボックスで十分対応でき、リスト ボックスやスピン ボタンなどの高度なフォーム機能やカスタムのフォーム機能が不要な場合に、データ フォームを使用します。

一般的なデータ フォームの例

Microsoft Excel では、範囲やテーブルに対して、組み込みのデータ フォームを自動的に生成できます。データ フォームでは、すべての列見出しがラベルとして 1 つのダイアログ ボックスに表示されます。各ラベルの横には空のテキスト ボックスが表示され、そこに各列のデータを入力できます (最大で 32 列まで)。データ フォームでは、新しい行の入力、移動による行の検索、または (セルの内容に応じた) 行の更新および行の削除を行うことができます。セルに数式が含まれている場合、データ フォームには数式の結果が表示されますが、データ フォームを使用して数式を変更することはできません。

注: データ フォームは印刷できません。また、データ フォームはモーダル ダイアログ ボックスであるため、データ フォームを閉じるまで Excel の [印刷] コマンドまたは [印刷] ボタンは使用できません。Windows の PrintScreen キーを使用して、フォームのイメージを作成し、Microsoft Paint などのプログラムにコピーすることもできます。

ページの先頭へ

データ フォームを作成する

  1. 必要に応じて、セル範囲またはテーブルの各列に列見出しを追加します。Excel ではこれらの列見出しを使用して、フォームの各フィールドのラベルが作成されます。

    重要: データの範囲に空白行がないことを確認します。

  2. フォームを追加するセル範囲またはテーブルをクリックします。

  3. フォームボタン [フォーム コントロール]クイック アクセス ツールバーに追加するには、次の操作を行います。

    1. クイック アクセス ツール バーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. コマンドの選択] ボックスですべてのコマンドの選択] をクリックし、[リストのフォーム] ボタン [フォーム コントロール] を選択します。

    3. [追加] をクリックし、[OK] をクリックします。

  4. クイック アクセス ツールバーの [フォーム[フォーム コントロール] ] をクリックします。

"データ フォームに設定されているフィールドが多すぎます" というメッセージが表示されます。

セル範囲またはテーブルが 32 列以下のデータ フォームのみ作成できます。それ以上の場合は、列の数を減らします。

ページの先頭へ

データ フォームを使用する

データ フォームを使用して、セル範囲またはテーブル内の行を追加、検索、変更、および削除できます。

新しいデータ行を追加する

  1. データ フォームの [新規作成] をクリックします。

  2. 新しい行のデータを入力します。

    行の次のフィールドに移動するには、Tab キーを押します。前のフィールドに移動するには、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  3. データの入力が完了したら、Enter キーを押して、その行をセル範囲またはテーブルの一番下に追加します。

    "テーブルまたはデータベースを拡張することはできません" というメッセージが表示されます。

    データ フォームを使用してテーブルまたはセル範囲に行を追加すると、テーブルまたはセル範囲が下に拡張されます。テーブルの拡張により既存のデータが上書きされる場合、"テーブルまたはデータベースを拡張することはできません" というメッセージが表示されます。セル範囲またはテーブルが最終行から下に拡張されるように、ワークシートのデータを再配置します。

    注: Enter キーを押す前に、[復元] をクリックして変更を元に戻すことができます。フィールドに入力したデータが破棄されます。

ページの先頭へ

移動によって行を検索する

次のいずれかの操作を行います。

  • 1 行ずつ移動するには、データ フォームのスクロール バーの矢印を使用します。

  • 10 行ずつ移動するには、矢印の間の領域にあるスクロール バーをクリックします。

  • セル範囲またはテーブルの次の行に移動するには、[次を検索] をクリックします。

  • セル範囲またはテーブルの前の行に移動するには、[前を検索] をクリックします。

ページの先頭へ

検索条件を入力して行を検索する

  1. [条件] をクリックし、データ フォームに比較検索条件を入力します。

    比較検索条件で始まるすべてのアイテムをフィルター処理されます。たとえば、抽出条件としてDavのテキストを入力すると、Excel が検索"Davidovski"と「デービス」一部の文字だけがテキスト値を検索するには、検索条件としてワイルドカード文字を使用します。

    次のワイルドカード文字は、フィルターの比較抽出条件として、また文字列の検索、置換時に使用できます。

入力する文字列

検索対象

? (疑問符)

任意の 1 文字
たとえば、「インターフェ?ス」と入力すると "インターフェイス" や "インターフェース" が検索されます。

* (アスタリスク)

任意の数の文字
たとえば、「Win*」と入力すると "Win98" や "Win2000" が検索されます。

˜ (チルダ) (?、*、または ˜ の前に入力)

疑問符、アスタリスク、またはチルダ
たとえば、「fy91~?」と入力すると "fy91?" が検索されます。

  1. 条件に一致する行を検索するには、[次を検索] または [前を検索] をクリックします。

  2. 行を追加、変更、または削除できるようにデータ フォームに戻るには、[フォーム] をクリックします。

ページの先頭へ

行のデータを変更する

  1. 変更する行を検索します。

    詳細については、「移動によって行を検索する」および「検索条件を入力して行を検索する」を参照してください。

  2. 行のデータを変更します。

    行の次のフィールドに移動するには、Tab キーを押します。前のフィールドに移動するには、Shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  3. データの変更が完了したら、Enter キーを押して行を更新します。

    次の行に自動的に移動します。

    注: Enter キーを押す前に、[復元] をクリックして変更を元に戻すことができます。

ページの先頭へ

行を削除する

  1. データ フォームで、削除する行を検索します。

    詳細については、「移動によって行を検索する」および「検索条件を入力して行を検索する」を参照してください。

  2. [削除] をクリックします。

    警告: 操作を確認するメッセージが表示されます。確認後に行の削除を元に戻すことはできません。

ページの先頭へ

データ フォームを閉じる

データ フォームを閉じてワークシートに戻るには、[閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×