データ フォームを使用してデータ入力を簡略化する

データ フォームは、1 行分の全情報を範囲 またはテーブルに入力または表示するための便利な方法です。データ フォームにはすべての列が表示されるため、1 行分のデータを一度にすべて見ることができます。これは、範囲またはテーブルに含まれる列が多くて画面に収まらないときに特に便利です。

データ フォームを作成する前に、範囲またはテーブル内の各列の先頭にラベルを追加する必要があります。Excel では、これらのラベルに基づいてフォームのフィールドが作成されます。

データ フォーム

吹き出し 1 列ラベルがフィールド名になります。

吹き出し 2 フォームの各フィールドに入力したデータは、次の空白行に入力されます。

重要: データ フォームでは、数式は追加、変更、または削除できません。

必要に応じて、次の操作を行います。

データ フォームを使用してデータを追加する

  1. 行を追加する範囲またはテーブルで、いずれかのセルをクリックします。

  2. データ メニューの フォーム をクリックします。

  3. 新規 をクリックします。

  4. 新しい行の情報を入力します。

    TAB キーを押してフォーム内の次のフィールドに移動します。

  5. データの入力が完了したら、RETURN キーを押して、リストの末尾に行を追加します。

  6. すべての行を追加したら、閉じる をクリックして、最後の新しい行を追加し、データ フォームを閉じます。最後の行では、RETURN キーを押す必要はありません。

    注記: 

    • 別のレコードに移動するかデータ フォームを閉じると、行が自動的に追加されます。

    • 数式を含むセルでは数式の結果が表示されますが、データ フォームでは内容を変更できません。

行のデータを変更する

  1. 変更するデータが含まれる範囲またはテーブルで、いずれかのセルをクリックします。

  2. データ メニューの フォーム をクリックします。

  3. 新規 をクリックします。

  4. データ フォームで、前を検索 または 次を検索 をクリックするかスクロール バーを使用して、変更する行を探します。

  5. 行のデータを変更します。

    ヒント: フォーム内の次のフィールドに移動するには、TAB キーを押します。前のフィールドに移動するには、SHIFT + TAB キーを押します。

  6. データを変更したら、RETURN キーを押して行を更新します。

    自動的に次の行に移動します。

    ヒント: RETURN キーを押す前であれば、元に戻す をクリックして、変更内容を元に戻すことができます。

行を削除する

  1. 行を削除する範囲またはテーブルで、いずれかのセルをクリックします。

  2. データ メニューの フォーム をクリックします。

  3. 新規 をクリックします。

  4. データ フォームで、前を検索 または 次を検索 をクリックするかスクロール バーを使用して、削除する行を探します。

  5. 削除 をクリックします。

    注意: 実行を確認するメッセージが表示されます。実行後は、削除した行を元に戻すことはできません。

    削除した行に続くすべての行が上方向にシフトします。

関連項目

数値や日付などの連続データを入力する

Excel で連続データを自動入力する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×