データ ビューをフォームとして挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォームは、ユーザーからのデータ収集に使用する Microsoft SharePoint Web アプリケーションの重要なパーツです。データ ビューは、ASP.NET フォーム テクノロジに基づいて構築されているため、データの読み取り専用ビューとして挿入することも、ユーザーがブラウザを使用してデータ ソースへの書き戻しを実行可能なフォーム形式で挿入することもできます。Microsoft Office SharePoint Designer 2007 では、データ ビューをフォーム形式で簡単に挿入でき、ユーザーはデータ ソース (リストとライブラリ、データベース接続、およびローカル XML ファイル) に変更を加えて保存することができます。フォーム形式で挿入したデータ ビューは、これらの種類のデータ ソースでのみ使用できます。

このトピックでは、データ ビューをフォームとして挿入する方法について説明します。また、このトピックでは、サンプルに従って操作できるように、データ ソースとして使用するサンプル XML ファイルの作成方法についても説明します。

重要: このトピックでは、Windows SharePoint Services 3.0 を実行するサーバー上に配置された SharePoint サイトにデータ ビューを作成する方法について説明します。この機能は、サイトが Windows SharePoint Services 3.0 を実行するサーバー上に配置されていない場合は使用できません。

この記事の内容

始める前に

データ ビューをフォームとして挿入なぜですか。

サンプル データ ソースとして .xml ファイルを作成します。

データ ビューをフォームとして挿入します。

ブラウザーを使用してデータを編集します。

次のステップ

始める前に

Office SharePoint Designer 2007 には、ユーザーがブラウザを使用してデータ ビューのデータを編集できる 2 つの機能があります。

  • データ ビューをフォームとして挿入する     データ ビューを作成するときに、それを単一アイテム フォームとして挿入するか、または複数アイテム フォームとして挿入するかを選択できます。フォームは常に編集モードで実行され、1 つまたは多くのレコードが表示されます。ユーザーは、ブラウザを利用してデータの修正と新しいレコードの挿入を実行できますが、レコードを削除することはできません。ユーザーが一度に多くのレコードのデータをすばやく編集する必要がある場合は、複数項目フォームを使用すると便利です。

  • 既存のデータ ビューへのリンクを追加    既存のデータ ビューへのリンクを削除するには、ユーザーが編集できるようにまたはデータ ソース内のレコードを挿入を追加することができます。ユーザーは、そのアイテムを編集モードに挿入するレコードの編集] リンクをクリックします。フォームとして挿入されたデータ ビューにリンクを追加する場合は、フォーム ボタンがリンクに置き換わります。さらに、フォームとして挿入されたデータ ビューにリンクを追加する場合は、データ ビューが不要になったフォーム フィールドを表示既定ではデータ ビューにのみ表示されます。詳細については、「編集、削除、またはデータ ビューでレコードを挿入する」を参照してください。

データ ビューをフォーム形式で挿入した後は、データへのフィルタの適用、並べ替え、およびグループ化、条件付き書式の適用、または数式列の作成を行うことができます。ユーザーがデータに変更を加えて変更内容を保存すると、フィルタ、並べ替え順序、条件付き書式、または数式列が自動的に適用されて、更新されたデータに反映されます。また、既定でフォームに表示される [保存] または [キャンセル] ボタンに組み込みのフォーム アクションを追加することもできます。組み込みのフォーム アクションの詳細情報へのリンクが [参照] セクションにあります。

ページの先頭へ

データ ビューをフォームとして挿入する理由

データ ビューは、データ ソースのカスタマイズ可能なビューです。データ ビューは、ASPX ページにビュー形式またはフォーム形式で挿入できます。データ ビューをビュー形式で挿入した場合、データに書式を設定できますが、データ自体を編集することはできません。

一方、同じデータ ビューをフォーム形式で挿入した場合は、ブラウザを利用してデータを編集し、変更内容を元のデータ ソースに書き戻して保存することができます。Office SharePoint Designer 2007 では、既存のデータ ソースから次のいずれかの種類のフォームを簡単に作成できます。

  • [単一アイテム フォーム] には、1 つのレコードがフォーム形式で表示されます。各フィールドはそれぞれの行に表示され、フィールド名はその行の見出しになります。このフォームでは、一度に 1 つのレコードのデータを編集できます。  フォームには移動リンクがあり、これをクリックすると、次のレコードまたは前のレコードを表示できます。

    単一レコードのフォーム形式で挿入したデータ ビュー

  • [複数アイテム フォーム] には、複数のレコードがフォーム形式で表示されます。各フィールドはそれぞれの列に表示され、フィールド名はその列の見出しになります。このフォームでは、複数のレコードのデータをすばやく編集し、変更内容を同時に保存できます。  

    複数レコードのフォーム形式で挿入したデータ ビュー

  • [新しいアイテムのフォーム] には、1 つのレコード用の空白フィールドが表示されます。各フィールドはそれぞれの行に表示され、フィールド名はその行の見出しになります。このフォームでは、一度に 1 つのレコードについてデータをデータ ソースに追加できます。  すべてのデータを同時に保存できるように、レコードの関連フィールドをすべて含めると便利です。

    フォーム形式で挿入したデータ ビューの [新しいアイテムのフォーム]

フォーム形式で挿入するデータ ビューは、SharePoint リストおよびライブラリ、データベース接続、およびローカル XML ドキュメントに対して作成できます。データ ビューを挿入すると、Office SharePoint Designer 2007 では、データ ソースのデータを拡張マークアップ言語 (XML) 形式で取得し、取得した言語を Extensible Stylesheet Language Transformation (XSLT) を使用して表示します。データ ビューの場合と同様、フォームも Office SharePoint Designer 2007 を使用して修正できます。

また、データ ビューをページに挿入した後に、Office SharePoint Designer 2007 の WYSIWYG ツールを使用して、列の追加や削除、フォントの書式の変更、色の適用などを行うこともできます。Office SharePoint Designer 2007 の WYSIWYG ツールを使用してデータ ビューの書式を設定した場合は、拡張スタイルシート言語 (XSL) が直接 HTML に挿入されます。コード ビューで XSL を直接編集することも可能ですが、Office SharePoint Designer 2007 の書式設定ツールを使用すると、XSL の知識がなくても、XSL をすばやく簡単に適用できます。

ページの先頭へ

サンプル データ ソースとなる .xml ファイルを作成する

たとえば、高級食品流通企業の Northwind Traders では、XML ファイルを使用して在庫の追跡をしています。在庫が少なくなると、チーム メンバはサプライヤに問い合わせて商品を注文しています。そこで、注文を担当するチーム メンバが注文単位をすばやく更新できるように、データ ビューをフォームとして挿入することを提案することにします。このようにすると、Northwind Traders では、現在の在庫に関する最新情報を常に把握することできます。

以下の手順では、データ ソースとして .xml ファイルを使用する必要があります。SharePoint サイトに .xml ファイルがない場合は、まずサンプルとして Northwind Traders 商品リストを作成する必要があります。リストを作成すると、データ ビューをフォーム形式で挿入して、リストに含まれるデータを更新できます。

Products.xml を作成する

  1. [ファイル] メニューの [サイトを開く] をクリックします。

  2. [サイトを開く] ダイアログ ボックスで、SharePoint サイトを参照して選択し、[開く] をクリックします。

  3. 入力を求められたら、[接続先] ダイアログ ボックスでユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

  4. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。

  5. [新規作成] ダイアログ ボックスの [ページ] タブで、左端のウィンドウで [全般] をクリックし、1 つ右にある次のウィンドウで [テキスト ファイル] をクリックします。

    Web サイトで新しいテキスト ファイルが開きます。

  6. 次のコードを選択し、Ctrl キーを押しながら C キーを押して、これをコピーします。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ProductsRoot>
    <Products>
    <ProductID>1</ProductID>
    <ProductName>Chai</ProductName>
    <SupplierID>1</SupplierID>
    <CategoryID>1</CategoryID>
    <QuantityPerUnit>10 boxes x 20 bags</QuantityPerUnit>
    <UnitPrice>18</UnitPrice>
    <UnitsInStock>39</UnitsInStock>
    <UnitsOnOrder>0</UnitsOnOrder>
    <ReorderLevel>10</ReorderLevel>
    <Discontinued>0</Discontinued>
    </Products>
    <Products>
    <ProductID>2</ProductID>
    <ProductName>Chang</ProductName>
    <SupplierID>1</SupplierID>
    <CategoryID>1</CategoryID>
    <QuantityPerUnit>24 - 12 oz bottles</QuantityPerUnit>
    <UnitPrice>19</UnitPrice>
    <UnitsInStock>17</UnitsInStock>
    <UnitsOnOrder>40</UnitsOnOrder>
    <ReorderLevel>25</ReorderLevel>
    <Discontinued>0</Discontinued>
    </Products>
    <Products>
    <ProductID>3</ProductID>
    <ProductName>Aniseed Syrup</ProductName>
    <SupplierID>1</SupplierID>
    <CategoryID>2</CategoryID>
    <QuantityPerUnit>12 - 550 ml bottles</QuantityPerUnit>
    <UnitPrice>10</UnitPrice>
    <UnitsInStock>13</UnitsInStock>
    <UnitsOnOrder>70</UnitsOnOrder>
    <ReorderLevel>25</ReorderLevel>
    <Discontinued>0</Discontinued>
    </Products>
    <Products>
    <ProductID>4</ProductID>
    <ProductName>Chef Anton's Cajun Seasoning</ProductName>
    <SupplierID>2</SupplierID>
    <CategoryID>2</CategoryID>
    <QuantityPerUnit>48 - 6 oz jars</QuantityPerUnit>
    <UnitPrice>22</UnitPrice>
    <UnitsInStock>53</UnitsInStock>
    <UnitsOnOrder>0</UnitsOnOrder>
    <ReorderLevel>0</ReorderLevel>
    <Discontinued>0</Discontinued>
    </Products>
    <Products>
    <ProductID>5</ProductID>
    <ProductName>Chef Anton's Gumbo Mix</ProductName>
    <SupplierID>2</SupplierID>
    <CategoryID>2</CategoryID>
    <QuantityPerUnit>36 boxes</QuantityPerUnit>
    <UnitPrice>21.35</UnitPrice>
    <UnitsInStock>0</UnitsInStock>
    <UnitsOnOrder>0</UnitsOnOrder>
    <ReorderLevel>0</ReorderLevel>
    <Discontinued>1</Discontinued>
    </Products>
    </ProductsRoot>
  7. Office SharePoint Designer 2007 で、ページの先頭にカーソルを置き、Ctrl キーを押しながら V キーを押して、コピーしたコードをページに貼り付けます。

  8. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  9. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスのファイル名] ボックスに、 products.xmlを入力します。

  10. [ファイルの種類] ボックスの一覧で [XML] をクリックし、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

データ ビューをフォームとして挿入する

[データ ソースの詳細] 作業ウィンドウを使用してデータ ビューをフォームとして挿入するには、まずデータ ビューをページに挿入します。次に、SharePoint サイトで利用可能なデータ ソースを管理するための作業ウィンドウである [データ ソース ライブラリ] から、データ ソースを選択します。データ ソースを選択すると、[データ ソースの詳細] 作業ウィンドウが開きます。[データ ソースの詳細] 作業ウィンドウで、表示するフィールドを選択し、これらのフィールドをデータ ビューに挿入します。

データ ビューは、ASP.NET 2.0 テクノロジを基盤としています。データ ビューを作成するには、ASP.NET ページ (.aspx ファイル) を用意する必要があります。以下の例では、新しい ASP.NET ページを作成し、その後、[データ ソースの詳細] 作業ウィンドウを使用してデータ ビューをフォーム形式で挿入します。

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をクリックします。

  2. [新規作成] ダイアログ ボックスの [ページ] タブで、[全般] をクリックし、[ASPX] をダブルクリックします。

    FORM タグを含んだ新規ページが表示されます。

    ASP.NET の form タグ

  3. [データ ビュー] メニューの [データ ビューの挿入] をクリックします。

    ページ上に空のデータ ビューが表示され、[データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウが開きます。

    空のデータ ビュー

    データ ビューを挿入できたので、次はデータを追加します。

  4. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、データ ソースを検索してこれをクリックし、[データの表示] をクリックします。

    この例では、[XML ファイル] の [products.xml] をクリックし、[データの表示] をクリックします。[XML ファイル] が折りたたまれている場合は、正符号 (+) をクリックして、これを展開します。

  5. [データ ソースの詳細] 作業ウィンドウで、データ ビューに挿入するフィールドをクリックします。

    ヒント: 複数のフィールドを選択するには、Ctrl キーを押しながらフィールドをクリックします。

    この例では、[ProductsRoot] フォルダの [Products] にある [ProductName] をクリックします。Ctrl キーを押しながら、[UnitsInStock]、[UnitsOnOrder]、および [ReorderLevel] をクリックします。

    [データ ソースの詳細] 作業ウィンドウで選択されたフィールド

  6. [選択したフィールドの挿入] をクリックし、[複数アイテム フォーム] をクリックして、選択したデータをデータ ビューにフォーム形式で挿入します。

    注: [単一アイテム フォーム] には、レコードが一度に 1 つずつフォーム形式で表示されます。[複数アイテム フォーム] には、複数のレコードが表示されます。各フィールドはそれぞれの列に表示され、フィールド名はその列の見出しになります。

    [データ ソースの詳細] 作業ウィンドウで選択したフィールドが、フォーム形式で表示されます。

    注: この例では .xml ファイルを使用しているため、データ ビュー内のすべてのフィールドが編集可能です。ただし、データ ソースの種類によっては、一部のフィールドが編集できない場合もあります。たとえば、データ ソースが SharePoint リストで、"Created By" や "Modified By" などのシステム フィールドをフォームに取り込む場合、これらのフィールドは編集できません。

    選択されたデータがフォームとして表示される

    データ ビューをフォーム形式で挿入した後、[書式設定] ツールバーなどの WYSIWYG ツールを使用して、フォントの変更、テキストの整列、色の適用などを行うことができます。新しい書式をデータ ビューのデータ要素に適用する場合、Office SharePoint Designer 2007 では、ページに関連付けられている XSLT スタイル シートが変更され、XML 内で同じレベルにあるすべてのデータにこの書式が適用されます。たとえば、上の図の例で、[Chai] を選択して、[書式設定] ツールバーの [太字] をクリックすると、Office SharePoint Designer 2007 では、この書式が ProductName フィールドに表示されるすべてのコンテンツに適用されます。

    同じレベルのすべてのデータに適用された同じ書式設定

  7. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力して、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

ブラウザを使用してデータを編集する

フォームを含むページを保存した後、このページをブラウザでプレビューし、フォーム内のデータを修正できます。

フィールドの型とデータ入力

この例では、XML ファイルをデータ ソースとして使用しています。XML ファイルはプレーン テキスト ファイルであるため、個々のフィールドに含まれる値の種類を指定することはできません。たとえば、UnitsOnOrder などの数字を入力しなければならないフィールドに、テキストを入力して保存することもできます。

一方、SQL データベースや、SharePoint リストまたはライブラリなど、データ ソースが SQL データ ソースである場合は、フィールドの型がデータ ソース自体で指定されていることがあります。このような場合、フォームを使用して、数字を入力する必要があるフィールドにテキストを入力し、[保存] をクリックすると、データ ソース コントロールが更新コマンドの実行に失敗したことを示すエラー メッセージがブラウザに表示されます。つまり、データ ソース フィールドで受け付けることができない値をフォームに入力しています。このようなエラー メッセージが表示された場合は、ブラウザの [戻る] をクリックし、フォームの [キャンセル] をクリックして変更内容を破棄するか、データ ソースで受け付けることができる値をフォーム フィールドに入力します。

このような理由により、Office SharePoint Designer 2007 でフォームを設計する場合、フィールドに特定の型の値を入力する必要があるときは、列の見出しに説明を付けると便利です。

ブラウザでフォームを使用する

  1. Office SharePoint Designer 2007 で、[ファイル] メニューの [ブラウザでプレビュー] をクリックし、使用するブラウザの種類とサイズをクリックします。

    ショートカット キーは、[フォルダー一覧] でプレビューするページをクリックし、f12 キーを押します。

    フォームを持つページがブラウザに表示されます。

    ブラウザに表示された複数レコードのフォーム

  2. 次は、データ ビュー内のフォーム フィールドに表示される情報を修正できます。また、複数のレコードの複数のフィールドの情報を同時に変更することもできます。フォーム内のデータを修正したら、[保存] をクリックしてデータ ソースに変更内容を確定するか、[キャンセル] をクリックして変更内容を破棄します。

    次の例では、単語を含むフィールドで、 ProductName列内に大貴、単語の末尾にカーソルを置きます大貴, 1 回、space キーを押すし、ティー集中を入力し、します。UnitsOnOrder ] 列での大貴レコードの種類の40します。UnitsOnOrder ] 列での、料理人 Anton の Cajun Seasoning レコードが35を入力し、[保存] をクリックします。ブラウザーで、レコードの更新されたフォームが表示されます。

    更新されたレコードを表示したデータ フォーム

ページの先頭へ

次に参照するトピック

データ ビューは、強力で、完全にカスタマイズ可能なデータのライブ ビューです。ここでは、データ ビューをフォームとして挿入する方法を学習しましたが、以下の操作についても学習されることをお勧めします。

  • データ ビューでデータをフィルター処理   配置されるように表示されるデータを表示するデータが正確に簡単に、データ ビュー内のデータをフィルターできます。詳細については、データ ビューでデータをフィルター処理を参照してください。

  • 並べ替えデータ ビューでデータをグループ化と   すばやく並べ替えるしたり、データ ビュー内のデータをグループ化できます。たとえば、アルファベット順にリストを簡単に並べ替えることができます。詳細については、次を参照してください。並べ替えデータ ビューでデータをグループ化とします。

  • 条件付き書式のデータ ビューに適用します。   データ ビュー内のデータが特定の条件を満たしている場合、データ ビューに特定書式を適用することができます。詳細については、条件付き書式のデータ ビューの適用を参照してください。

  • データ ビューで数式列を作成します。   データ ビューでデータの計算の結果を表示する集計列を作成することができます。たとえば、単価に株価チャートの単位数の積を求めるでき、別の列に、アイテムの合計値を表示できます。詳細については、データ ビューで数式列を作成するを参照してください。

  • データ ビューで列の変更   できますが、迅速かつ簡単に追加、削除、またはデータ ビューで列を変更します。詳細については、データ ビューで列を変更するを参照してください。

  • データ ビューのサンプル データの表示   データ ビューでサンプル データを簡単に表示することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×