データ ビューに表示されるレコード数を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ブラウザでデータ ビューに表示されるレコード数は、変更することが可能です。たとえば、データ ビューにすべてのアイテムを表示することも、指定した数のアイテムだけを表示することもできます。また、ページングを設定して、指定した数単位でデータ ビューにアイテムを表示することもできます。データ ビューにページングを追加した場合は、ブラウザでページ間を移動できます。

デザイン ビューのデータ ビューに表示されるレコード数を変更して、特定のレコード数の場合にデータ ビューがどのように表示されるかを簡単にプレビューすることもできます。

次の例では、サンプル データと使用されるデータ ビューを作成するのには、データ ビューの詳細については、データ ビューを作成する」を参照してください。

この記事の内容

ブラウザーで表示されるレコード数を変更します。

デザイン ビューで表示されるレコード数を変更します。

ブラウザに表示されるレコード数を変更する

データ ビューのレコード数が 25 件未満の場合、既定では、ブラウザのデータ ビューにすべてのレコードが表示されます。

データ ビューのレコード数が 26 件以上の場合、既定では 1 ページに 10 件のレコードが表示され、データ ビューの右下隅にナビゲーション リンクが表示されます。ブラウザでデータ ビューを表示しているときは、このナビゲーション リンクをクリックしてページ間を移動できます。

次の図は、ブラウザに表示されたデータ ビューとページ ナビゲーション リンクを示しています。

ブラウザーのデータ ビューのページへのリンク

注: データ ビューでページングが使用される場合、デザイン ビューでは、最初のページのレコードだけが表示されます。他のページのレコードを表示するには、ブラウザでデータ ビューを表示し、ナビゲーション リンクをクリックしてそのページに移動する必要があります。

ブラウザでデータ ビューに表示されるレコード数を変更するには、次の操作を行います。

  1. データ ビューを含むページを開きます。

  2. データ ビューをマウスの右ボタンでクリックし、[コモン コントロール タスクの表示] をクリックします。

    ヒント: データ ビュー] をクリックして、共通のデータ ビューのタスクリストを表示、右上隅にある矢印 ボタン イメージ ] をクリックします。リストを非表示にするには、もう一度矢印をクリックします。

  3. [ページング] をクリックします。

  4. [ページング] タブで、次のいずれかのオプションをクリックします。

オプション

説明

[すべてのアイテムを表示する]

すべてのレコードがデータ ビューに表示されます。

[指定したサイズ単位でアイテムを表示する:]

このボックスの値に応じて、各ページに n 件のレコードのセットが表示されます。

注: このオプションの既定値は、データ ビューのレコード数が 26 件以上の場合は 10、データ ビューのレコード数が 25 件未満の場合は 6 です。

この既定値を変更するには、対応するテキスト ボックスに新しい数値を入力します。

このオプションをオンにした場合、データ ビューのレコード数がこのオプションで指定した数を超えると、データ ビューにナビゲーション リンクが表示されます。

[表示するアイテム数を次の数に制限する]

データ ビューに表示するアイテムの最大数を指定します。既定では、このフィールドの値は常に 100 に設定されます。対応するテキスト ボックスに数値を入力すると、この値を変更できます。

  1. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

デザイン ビューに表示されるレコード数を変更する

デザイン ビューのデータ ビューに表示されるレコード数も、変更することができます。これは、データ ビューをデザインしながら、特定のレコード数の場合にデータ ビューがどのように表示されるかを、デザイン ビューですばやくプレビューするのに便利です。

  1. データ ビューを含むページを開きます。

  2. データ ビューをマウスの右ボタンでクリックし、[コモン コントロール タスクの表示] をクリックします。

    ヒント: データ ビュー] をクリックして、共通のデータ ビューのタスクリストを表示、右上隅にある矢印 ボタン イメージ ] をクリックします。リストを非表示にするには、もう一度矢印をクリックします。

  3. [データ ビューのプレビュー] の一覧で、次のいずれかのオプションをクリックします。選択したオプションに従ってデータ ビューが表示されます。

オプション

説明

[既定]

データ ビューを既定の外観で表示します。

注: データ ビューにフィルタ、並べ替え、グループ化、またはページングのオプションを設定している場合は、それに従ってデータ ビューが表示されます。

[すべてのフィルタの非表示]

データ ビューにフィルタを適用している場合、このオプションを選択すると、データ ビューがフィルタなしで表示されます。

注: このオプションは、データ ソースに適用されているフィルタには影響しません。

データ ビューにフィルターを適用する方法については、データ ビューでデータをフィルターする」を参照してください。

[1 アイテムに制限]

データ ビューの最初のアイテムだけを表示します。

[5 アイテムに制限]

データ ビューの最初の 5 アイテムだけを表示します。

[10 アイテムに制限]

データ ビューの最初の 10 アイテムだけを表示します。

['一致するアイテムが見つからない' 場合のテンプレート]

フィルタ、並べ替え、またはグループ化のクエリに一致するアイテムがない場合に、データ ビューにテキストを表示します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×