データ ビューで数式列を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 では、データ ソース内の他のデータに対して実行された計算の結果を表示する列を簡単に作成できます。

Office SharePoint Designer 2007 では、XPath 式ビルダを使用して、数式列を作成します。XPath (XML パス言語) は、XML ドキュメントに含まれる情報を検索および処理するための言語です。XPath 式ビルダには XPath 用の IntelliSense が用意されているため、初心者のユーザーも詳しい知識のあるユーザーも、データに対して複雑な計算を実行する XPath 式を作成することができます。

たとえば、高級食品流通企業の Northwind Traders では、XML ファイルを使用して在庫の追跡をしています。同社では、手持ちの在庫数と単価は把握できていますが、商品ごとの棚卸資産をデータ ビューに表示したいと考えています。そこで、各商品の在庫数と単価を掛けた結果を表示する数式列を作成することを提案しました。これで、Northwind Traders では、商品ごとの棚卸資産をすばやく簡単に確認できるようになります。

例では、サンプル データと使用されるデータ ビューを作成するのには、データ ビューの詳細については、データ ビューを作成するを参照してください。

  1. 数式列を追加するデータ ビューがあるページを開きます。

  2. データ ビューをマウスの右ボタンでクリックし、[コモン コントロール タスクの表示] をクリックします。[コモン Data View タスク] ボックスの一覧で、[列の編集] をクリックします。

    ヒント: データ ビューをクリックして、共通のデータ ビューのタスクリストを表示、右上隅にある矢印 ボタン イメージ ] をクリックします。リストを非表示にするには、もう一度矢印をクリックします。

  3. [列の編集] ダイアログ ボックスの [利用可能なフィールド] ボックスの一覧で、[数式列の追加] をクリックし、[追加] をクリックします。

    [XPath 式ビルダ] ダイアログ ボックスが開きます。XPath 式ビルダを使用すると、簡単に数式を作成できます。XPath 式ビルダでは、XPath 式の作成に利用できる組み込み関数の多くのほか、データ ソースのフィールド名も簡単に参照できます。

  4. [XPath 式ビルダ] ダイアログ ボックスの [挿入するフィールドの選択] で、数式に挿入するフィールドをダブルクリックします。フィールドの完全なパスを挿入するには、Ctrl キーを押しながらフィールドをダブルクリックします。

    たとえば、Northwind Traders の棚卸資産を表示するための数式列を作成するには、UnitsInStock をダブルクリックします。[XPath 式の編集] ボックスに "UnitsInStock" と表示されます。

  5. [XPath 式の編集] ボックスで、フィールド名のすぐ後にカーソルを置き、Space キーを押します。

    IntelliSense による XPath 演算子の一覧が表示されます。XPath 用の IntelliSense は、式を簡単に作成できるように、作成中の式において有効な関数や利用可能なフィールドの一覧を表示します。

  6. IntelliSense の演算子の一覧で、使用する演算子をダブルクリックします。

    この Northwind Traders の例では、UnitsInStock フィールドと UnitPrice フィールドを乗算する必要があるので、演算子の一覧でアスタリスク (*) をダブルクリックします。

    XPath 演算子の IntelliSense リスト

  7. Space キーを押します。IntelliSense による利用可能なフィールドの一覧が表示されます。

  8. 利用可能なフィールドの一覧で、使用するフィールドをダブルクリックします。

    この Northwind Traders の例の数式列を作成するには、UnitPrice をダブルクリックします。

    使用可能フィールドの IntelliSense リスト

    最終的な式は次のようになります。

    計算した列の XPath 式が [XPath 式の編集] ボックスに表示される

    [XPath 式の編集] ボックスでの数式の作成に合わせて、XPath 式ビルダの下部にプレビューが表示され、結果のデータが表示された状態の数式列を確認できます。

  9. [OK] を 2 回クリックします。

    新しい数式列が、データ ビューに表示されます。

    注: 既定では、列のヘッダーには XPath ビルダの [XPath 式の編集] ボックスで作成した数式 (たとえば、"UnitsInStock * UnitPrice") が表示されます。既定のヘッダーを置き換える場合は、列のヘッダーを選択して、ヘッダーに設定する文字列を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×