データ ビューでレコードを編集、削除、または挿入する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint リストまたはライブラリ、SQL データベース、または XML ファイルをデータ ソースに持つデータ ビューを作成した後、ブラウザを使用してデータ ソース内のレコードを編集、削除、挿入するためのリンクを簡単に追加することができます。

たとえば、高級食品流通企業の Northwind Traders では、XML ファイルを使用して在庫の追跡をしています。在庫が少なくなると、チーム メンバがその製品の仕入先に電話を掛けて発注します。発注担当のチーム メンバがアイテムのレコードを即座に更新できるように、データ ビューを編集するためのリンクの追加を提案しました。データ ビューに挿入リンクや削除リンクを追加すると、チームのメンバが製品を追加または削除することもできます。このようにすると、Northwind Traders では、現在の在庫に関して常に最新の情報を確認することができます。

この記事では、追加、編集、削除、および既存のデータ ビューへのリンクを挿入する方法を示します。例では、サンプル データと使用されるデータ ビューを作成するのには、データ ビューの詳細については、データ ビューを作成する」を参照してください。

この記事の内容

始める前に

編集、削除、またはデータ ビューでレコードを挿入するリンクを追加します。

編集、削除、またはブラウザーを使ってレコードを挿入します。

編集または挿入テンプレートをカスタマイズします。

始める前に

Microsoft Office SharePoint Designer 2007 には、ブラウザでデータ ビューのデータを編集するための機能が 2 つあります。

  • 既存のデータ ビューにリンクを追加する     既存のデータ ビューにリンクを追加すると、ユーザーがデータ ソース内のレコードを編集、削除、または挿入できるようになります。ユーザーがレコードの [編集] リンクをクリックすると、そのアイテムは編集モードになります。フォーム形式で挿入したデータ ビューにリンクを追加すると、フォーム ボタンがリンクに置き換わります。さらに、フォームとして挿入されたデータ ビューにリンクを追加した場合、既定ではデータ ビューにフォーム フィールドは表示されなくなります。ビューにはデータのみが表示されます。

  • データ ビューをフォームとして挿入    データ ビューを作成すると、単一アイテムまたは複数アイテム フォームとして挿入することもできます。フォームは常に編集モードで、レコードを 1 つまたは複数のレコードのいずれかが表示されます。ユーザーは、ブラウザーを使って既存のレコードを変更できますが、挿入またはレコードを削除することはできません。ユーザーは簡単に多数のレコードのデータを同時に編集する場合は、複数アイテム フォームを選択することがあります。詳細については、「データ ビュー フォームとして挿入」を参照してください。

データの形式

この例では、XML ファイルをデータ ソースとして使用しています。XML ファイルはプレーン テキスト ファイルであるため、個々のフィールドに含まれる値の種類を指定することはできません。たとえば、UnitsOnOrder などの数字を入力しなければならないフィールドに、テキストを入力して保存することもできます。

ただし、データ ソースがデータベースや SharePoint リストまたはライブラリの場合は、データベース、リスト、ライブラリの作成時に、個々のフィールドに含まれる値の種類を指定することができます。そのような場合に、フォームを使用して、数字を要求するフィールドにテキストを入力して [保存] をクリックすると、データ ソース コントロールが更新コマンドを実行できなかったことを示すエラー メッセージが表示されます。このエラーは、データ ソースのフィールドでは受け付けられない値が入力されたために発生します。このようなエラー メッセージが表示されたら、ブラウザの [戻る] ボタンをクリックしてください。次に、フォームの [キャンセル] をクリックして変更を破棄するか、またはデータ ソースが受け付ける値を入力します。

フォームをデザインする際に、フィールドが要求するデータの形式を示す注を各列の見出しに含めることができます。

ページの先頭へ

データ ビューでレコードを編集、削除、または挿入するためのリンクを追加する

これらのリンクは、データ ビューがビューまたはフォームのいずれとして挿入されたかにかかわらず、すべてのデータ ビューに追加されます。ただし、フォームとして挿入されたデータ ビューにリンクを追加すると、フォームのボタンは挿入されたリンクに置き換わります。さらに、フォームとして挿入されたデータ ビューにリンクを追加した場合、データ ビューにはフォーム フィールドが表示されなくなります。ビューにはデータのみが表示されます。これらの機能を使用して、データ ビューにボタンとリンクの両方を含めることはできません。

  1. リンクを追加するデータ ビューが含まれているページを開きます。

    この例を実行するには、データ ビューを作成するで作成したデータ ビューを使用します。

    データ ビューに表示された products.xml

  2. データ ビュー] をクリックして、共通のデータ ビューのタスクの一覧を表示する右上隅にある矢印 ボタン イメージ をクリックし、[データ ビューのプロパティ] をクリックします。リストを非表示にするには、もう一度矢印をクリックします。

    ヒント: データ ビューを右クリックし、ショートカット メニューの [コモン コントロール タスクの表示] をクリックすることもできます。

  3. [データ ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[編集] タブをクリックします。

  4. [編集] タブの [リンクのオプション] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • レコードを編集するためのリンクを追加するには、[アイテムの編集リンクを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    • レコードを削除するためのリンクを追加するには、[アイテムの削除リンクを表示する] チェック ボックスをオンにします。

    • 新しいレコードを挿入するためのリンクを追加するには、[アイテムの挿入リンクを表示する] チェック ボックスをオンにします。

      この例では、[アイテムの編集リンクを表示する] チェック ボックス、[アイテムの削除リンクを表示する] チェック ボックス、および [アイテムの挿入リンクを表示する] チェック ボックスをオンにします。

      [データ ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスの [編集] タブ

      注: 上の例は XML ファイルの場合のものです。SQL データベースを使用するときは、[データ ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスの [編集] タブに、[コマンドの自動同期のオプション] が表示されます。このオプションを選択すると、SQL データ ソースの更新、削除、挿入コマンドが、データ ビューの編集、削除、挿入コントロールと同期されます。

  5. [OK] をクリックします。

    これで、データ ビューの各レコードの前に、[編集] リンクと [削除] リンクが表示されます。データ ビューの左下隅には、[挿入] リンクが表示されます。

    挿入、編集、削除のリンクが表示された複数アイテム データ ビュー

  6. [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。

  7. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力して、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

ブラウザでレコードを編集、削除、または挿入する

フォームを含むページを保存した後、このページをブラウザでプレビューし、フォーム内のデータを修正できます。

データ ビューをブラウザでプレビューする

  • Office SharePoint Designer 2007 で、[ファイル] メニューの [ブラウザでプレビュー] をクリックし、使用するブラウザの種類とサイズをクリックします。

    ショートカット キーは、[フォルダー一覧] でプレビューするページをクリックし、f12 キーを押します。

    リンクを含んでいるデータ ビューがブラウザに表示されます。

    ブラウザに表示されたリンク付きのデータ ビュー

レコードを編集する

  1. 編集するレコードの [編集] リンクをクリックします。

    例をフォローするには、用の編集] をクリックして大貴します。データ ビューのデータ フォームを含む、大貴レコードが表示されます。

    編集モードのデータ ビューに表示された単一レコード

    注記: 

    • SharePoint リストおよびライブラリを使用しているときは、編集コントロールはテキスト ボックスではなく、SharePoint フォーム フィールド コントロールです。

    • SharePoint リストや SQL データベースの ID のような読み取り専用フィールドを操作する場合、フィールドは編集可能なフィールドではなく、単なるテキストとして表示されます。

    いずれかに表示される情報の編集できるよう、大貴レコード。

  2. そのレコードのデータを編集し、[保存] をクリックして変更を保存するか、または [キャンセル] をクリックして変更を元に戻し、データ ビューに戻ります。

    例では、実行すると、 UnitsOnOrder ] 列で、ボックスの[エンタープライズ数値 40] を入力しの左に [保存] をクリックして、大貴レコード。

    レコードが更新された状態のデータ ビューが表示されます。

    UnitsOnOrder 値が表示されたレコード

レコードを削除する

  • 削除するレコードの左側にある [削除] リンクをクリックします。

    重要: ブラウザを通じてレコードを削除する際に、その操作を本当に実行するかを確認するプロンプトは表示されません。また、削除したレコードを元に戻す方法はありません。

    例では、実行するの左に削除するリンクをクリックして商品名] ボックスの一覧で変更します。4 つだけのレコードを含むデータ ビューが表示されます。

    データ ビューには 4 つのレコードしか表示されない

レコードを挿入する

  1. データ ビューの左下隅にある [挿入] リンクをクリックします。

    空のフォーム フィールドを持つレコードが表示されます。

    [挿入] リンクをクリックしたときに表示される、空のフォーム フィールドを持つレコード

    これで、新しいレコードを挿入できるようになりました。

  2. そのレコードのデータを入力し、[保存] をクリックして変更を保存するか、または [キャンセル] をクリックして変更を元に戻し、データ ビューに戻ります。

    次の例では、ボックスで、 ProductName列におばあちゃんの果汁 100% の分散を入力します。ボックスの[在庫]列で、 120を入力します。UnitsOnOrder ] 列で、ボックスに「 0」と入力します。フォルダ] 列で、ボックスには、 25を入力します。[保存] をクリックします。新しいレコードでデータ ビューが表示されます。

    挿入した新しいレコードがデータ ビューに表示される

ページの先頭へ

編集テンプレートまたは挿入テンプレートをカスタマイズする

データ ビューを使用してレコードを挿入または編集する方法は、たとえば NewForm.aspx や EditForm.aspx などのリスト フォームを使用して SharePoint リスト内のアイテムを追加または編集する方法と若干異なります。ユーザーがアイテムを追加または編集するとき、リストまたはライブラリでは異なるページが表示されますが、データ ビューの場合は異なるモードが表示されます。ただし、各モードに、完全にカスタマイズ可能なテンプレートがあります。たとえば編集テンプレートをカスタマイズすると、そのカスタマイズは、ユーザーが編集リンクをクリックしてデータ ビューを編集モードにしたときしかユーザーには表示されません。

ユーザーがレコードを挿入または編集する際に特別の指示を与えたい場合などに、各モードのテンプレートをカスタマイズします。列見出しの下に新しい行を簡単に挿入して、各列に入力しなければならないデータの種類やデータの形式 (テキスト、数字、その他) などを指定するテキストをその行に入力することができます。

  1. データの表示] をクリックし、[データ ビューの共通のタスク一覧を表示する右上隅にある矢印 ボタン イメージ ] をクリックします。

    ヒント: データ ビューを右クリックし、ショートカット メニューの [コモン コントロール タスクの表示] をクリックすることもできます。

  2. [データ ビューのプレビュー] ボックスの一覧の [編集テンプレート] または [挿入テンプレート] をクリックします。

    そのモードのデータ ビューに対応するテンプレートが表示されます。フォームのフォント、書式、またはレイアウトを変更して、テンプレートの外観をカスタマイズすることができます。

  3. 変更を保存するには、[ファイル] メニューの [保存] をクリックします。

  4. テンプレートをブラウザでプレビューするには、[ファイル] メニューの [ブラウザでプレビュー] をクリックし、使用するブラウザの種類およびサイズをクリックします。

    ショートカット キーは、[フォルダー一覧] でプレビューするページをクリックし、f12 キーを押します。

データ ビューをブラウザで開き、[編集] または [挿入] をクリックすると、カスタマイズしたテンプレートが表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×