データ バーを視覚的に比較データを表示する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

データのストーリーを一目で確認する必要がある場合は、データバーを使用します。数値フィールドにデータバーを適用すると、レコード間でデータを視覚的に対比することができます。たとえば、次のレポートでは、一部のトレーニングコースのマーケティングが、[結果] フィールドのデータバーの長さによってより効果的であるかどうかを簡単に確認できます。[結果] フィールドのデータには、マーケティング活動の後に、予測されたコース登録データと出席データとの比較が示されます。

データ比較が表示されているレポートの表示バー

この記事では、Microsoft access 2010 のこの新しい条件付き書式設定オプションの概要について説明し、クライアントデータベースのレポートやフォームに適用する方法を示します。

注: この機能は、web データベースでは使用できません。

この記事の内容

概要

レポートにデータバーを適用する

フォームにデータバーを適用する

追加情報

概要

コントロールが数値データ型のフィールドにバインドされている場合は、フォームまたはレポートのコントロールにデータバーを適用できます。access でのデータバーの有用性は、Microsoft Excel のグラフのデータバーとよく似ています。これは、値を視覚的に比較しやすくするためのものです。データバーの長さは、セル内の値を表します。長いバーは、より高い値を表し、短いバーは低い値を表します。フォームでは、データバーが最も役に立ちます。

データバーを適用することは、条件付き書式ルールマネージャーで簡単に行うことができます。書式の条件を指定し、効果を適用する前にプレビューするデータバーをカスタマイズできます。たとえば、バーの値をカスタマイズして、最上位または最小値、数値、またはパーセント範囲を表すことができます。

データ バーの設定を書式設定する

次の表では、視覚的な下限または最短のバーオプションの設定について説明します。

オプション

結果

最小値

既定の設定。最小値の視覚的な制限を設定します。

数値

線形スケールの下限を設定します。最短のバー番号以下のすべての値は、長さ0です。

パーセント

[数値] のように表示されますが、レコードセット内の残りのレコードと比較して、各値に対する下限のパーセンテージに制限が配置されます。

次の表では、最大ビジュアル制限または最長バーオプションの設定について説明します。

オプション

結果

最大値

既定の設定。最大値の視覚的な制限を設定します。

数値

グラデーションの線形スケールの上限を設定します。最も長いバー番号以上のすべての項目は、コントロールを完全に塗りつぶします。

パーセント

レコードセット内の残りのレコードと比較して、各値の上限のパーセンテージに制限が配置されている場合を除き、数値の設定に似ています。

ページの先頭へ

レポートにデータバーを適用する

大量のデータについての傾向やデータ比較のスナップショットを表示する場合は、[休日の売上] レポートの [トップセールス] や [下売り] などのデータバーを使用してレポートの書式を設定することをお勧めします。たとえば、売上レポートでは、データバーを使用すると、特定の地域の売上傾向を理解しやすくなります。

レポートにデータバーを適用するには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーションウィンドウでレポートを右クリックし、[レイアウトビュー] をクリックします。

  2. データバーを適用するコントロールを選びます。

  3. [書式 ] タブの [条件付き書式] グループで、[条件付き書式] をクリックします。

  4. [条件付き書式ルールマネージャー ] ダイアログボックスで、[新しい仕分けルール] をクリックします。

  5. [新しい書式ルール] ダイアログボックスで、 under ルールの種類を選択し、[他のレコードと比較] を選択します。

  6. [仕分けルールの説明を編集してください] で、どのデータバーの書式を適用するかを決定するルールを指定します。

[新しい書式ルール] ダイアログ ボックス

  1. フィールドの数値を含まないデータバーを表示するには、[バーのみを表示する] オプションを選択します。

    次の図は、対応する値を持つデータバーとデータバーのみを表示する例を示しています。

    数値を表示せずにデータ バーを適用する

    データと共に表示されるデータ バー

    注: このコントロールが編集モードになると、値のデータバーは一時的に消えます。

  1. [最短バー ] と [最長バー ] オプションのオプションを選択し、[バーの色] の矢印をクリックして、標準またはユーザー設定のバーの色を選択します。

    注: [プレビュー ] バーの色のグラデーションビューが表示されます。

  2. [ OK ] を2回クリックして、ダイアログボックスを閉じます。

  3. 表示された値のフォントを変更するには、次の手順を実行します。

    1. プロパティシートがまだ開いていない場合は、セルを選択し、Alt キーを押しながら入力します。

    2. [書式] タブを選択し、[フォント名] プロパティの矢印をクリックして、フォントを選びます。

  4. レポートビューに切り替えます。

ページの先頭へ

フォームにデータバーを適用する

フォームの値にデータバーを適用すると、フォーム、分割フォーム、またはデータシートビューでの使用がより便利になります。たとえば、[受注] フォームでは、データバーを使用するときに特定の地域の売上傾向を理解しやすくなります。

注: データバーは web データベースでは使用できません。

分割フォーム ビューでデータ バーを表示する

フォームにデータバーを適用するには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーションウィンドウでフォームを右クリックし、[レイアウトビュー] をクリックします。

  2. データバーを適用するセルを選択します。

  3. [書式 ] タブの [条件付き書式] グループで、[条件付き書式] をクリックします。

  4. [条件付き書式ルールマネージャー ] ダイアログボックスで、[新しい仕分けルール] をクリックします。

  5. [新しい書式ルール] ダイアログボックスで、 under ルールの種類を選択し、[他のレコードと比較] を選択します。

  6. [仕分けルールの説明を編集してください] で、適用する書式を決定するルールを指定します。

    注: [ バーのみを表示] を選択した場合、フィールド値は表示されません。

  7. 最短バー最長バー種類を選択します。

  8. [バーの色] の矢印をクリックして、標準またはユーザー設定のバーの色を選択します。

  9. [ OK ] を2回クリックし、[フォームビュー] に切り替えます。

ページの先頭へ

追加情報

データバーとその他の条件付き書式を適用し、Access 2010 で視覚的にデータを表示するためのリソースの書式を設定するためのヒント。

  • データバーの間にスペースを作成するに   は: レイアウトビューでフォームまたはレポートを開き、データバーコントロールを選択して、[必要なコントロールの埋め込み] オプションを適用します。

コントロール間でスペースを作るために余白のオプションを使用する

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×