データ テーブル内で変数を使ってさまざまな問題解決の方法を見つける

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

数値を変化させながらセルに入力していくと、さまざまな問題解決の方法をすばやく見つけることができます。 良い例として、金利とローン期間 (月単位) をさまざまに組み合わせて PMT 関数を使用し、住宅や車の購入のために支払い可能なローン金額を導き出します。 実際の数値は、データ テーブルと呼ばれるセルの範囲に入力します。

ここでは、データ テーブルとして、セルの範囲 B2:D8 を使います。 B4 のローン額を変更すると、列 D の毎月のローン返済額が自動的に更新されます。 3.75% の金利では、=PMT(C2/12,$B$3,$B$4) という数式に基づいて、D2 に毎月のローン返済額として \104,201 が返されます。

この場合、B2:D8 というセルの範囲がデータ テーブル

テストしたい変数や数式の数に応じて、1 つまたは 2 つの変数を使うことができます。

1 つの変数でのテストを実行して、数式内の 1 つの変数の値を変更すると、結果がどのように変化するのか確認してみましょう。 たとえば、PMT 関数を使って、毎月のローン返済額の金利を変更できます。 変数値 (金利) を 1 つの列または 1 つの行に入力すると、隣接する列または行に結果が表示されます。

このライブ ブックでは、セル D2 に返済額の計算式 =PMT(C2/12,$B$3,$B$4) が入力されています。 セル B3 は変数セルであり、さまざまな期間の条件 (ローンの支払月数) を入力できます。 セル D2 には、PMT 関数によって金利 3.75%/12、360 か月、ローン額 \22,500,000 が入力され、毎月の支払額として \104,201 が計算されます。

2 つの変数のテストを実行して、数式内の 2 つの変数の値を変更すると、結果がどのように変化するのか確認してみましょう。 たとえば、金利とローンの支払月数をさまざまな組み合わせで入力して、毎月の支払額を計算できます。

このライブ ブックでは、セル C3 に返済額の計算式 =PMT($B$3/12,$B$2,B4) が入力されています。この計算式では、B2 と B3 という 2 つの変数セルを使用しています。 セル C2 には、PMT 関数によって金利 3.875%/12、360 か月、ローン額 \22,500,000 が入力され、毎月の支払額として \105,803 が計算されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×