データ テーブル内で変数を使ってさまざまな問題解決の方法を見つける

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

セルに別の番号を接続して、生み出す必要できますすばやくが問題のさまざまな回答にします。とても便利な例は、自宅や自動車のできるローンの割合を計算する利率とローンの期間 (月数) では、 PMT関数を使用してがします。データ テーブルと呼ばれるセルの範囲には、番号を入力します。

ここでは、データ テーブルとして、セルの範囲 B2:D8 を使います。 B4 のローン額を変更すると、列 D の毎月のローン返済額が自動的に更新されます。 3.75% の金利では、=PMT(C2/12,$B$3,$B$4) という数式に基づいて、D2 に毎月のローン返済額として \104,201 が返されます。

この場合、B2:D8 というセルの範囲がデータ テーブル

テストしたい変数や数式の数に応じて、1 つまたは 2 つの変数を使うことができます。

1 つの変数でのテストを実行して、数式内の 1 つの変数の値を変更すると、結果がどのように変化するのか確認してみましょう。 たとえば、PMT 関数を使って、毎月のローン返済額の金利を変更できます。 変数値 (金利) を 1 つの列または 1 つの行に入力すると、隣接する列または行に結果が表示されます。

このライブ ブックでは、セル D2 に返済額の計算式 =PMT(C2/12,$B$3,$B$4) が入力されています。 セル B3 は変数セルであり、さまざまな期間の条件 (ローンの支払月数) を入力できます。 セル D2 には、PMT 関数によって金利 3.75%/12、360 か月、ローン額 \22,500,000 が入力され、毎月の支払額として \104,201 が計算されます。

2 つの変数のテストを実行して、数式内の 2 つの変数の値を変更すると、結果がどのように変化するのか確認してみましょう。 たとえば、金利とローンの支払月数をさまざまな組み合わせで入力して、毎月の支払額を計算できます。

このライブ ブックでは、セル C3 に返済額の計算式 =PMT($B$3/12,$B$2,B4) が入力されています。この計算式では、B2 と B3 という 2 つの変数セルを使用しています。 セル C2 には、PMT 関数によって金利 3.875%/12、360 か月、ローン額 \22,500,000 が入力され、毎月の支払額として \105,803 が計算されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×