データ テーブルを使って複数の結果を計算する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ テーブルは、数式で 1 つまたは 2 つの変数を変更したときに数式の結果にどのように影響するかを示すセル範囲です。データ テーブルには、1 回の操作で複数の結果を計算するためのショートカットがあります。シート上に異なる結果を表示し、比較できます。

データ テーブルは、What-If 分析ツールと呼ばれているコマンド群の一部です。データ テーブルを使用すると、What-If 分析が行われます。What-If 分析では、セルの値を変更し、その変更により、シート上の数式の結果がどのような影響を受けるのか確認します。たとえば、データ テーブルを使用してローンの金利や期間を変更し、可能な毎月の支払額を決定できます。

Excel には 3 種類の What-If 分析ツールがあります。シナリオ、データ テーブル、ゴール シークです。シナリオとデータ テーブルは一連の入力値を受け取り、考えられる結果を決定します。ゴール シークはシナリオやデータ テーブルとは異なり、結果を受け取り、その結果を生成する入力可能値を決定します。シナリオと同様に、データ テーブルは考えられる一連の成果を分析調査するのに役立ちます。シナリオとは異なり、データ テーブルでは、1 つのシート上の 1 つのテーブルにすべての成果が表示されます。データ テーブルを使用すると、可能性の範囲をひとめで簡単に考察できます。1 つまたは 2 つの変数に集中的に取り組むので、結果を簡単に読み、表形式で共有できます。

データ テーブルでは 3 個以上の変数は操作できません。3 個以上の変数を分析する場合は、代わりにシナリオを使用してください。データ テーブルの場合、変数の数が 1 つか 2 つに制限されますが (行セルに 1 つ、列セルに 1 つ入力)、異なる変数値をたくさん指定できます。シナリオでは指定できる値は 32 個までですが、シナリオは必要な数だけ作成できます。

データ テーブルの基本

テストする変数や数式の数に合わせ、単入力データ テーブルまたは複入力データ テーブルを作成できます。1 つ以上の数式の 1 つの変数の値を変更したときに数式の結果がどのように変化するかを調べるには、単入力テーブルを使います。たとえば、単入力テーブルで PMT 関数を使用して、利率の変化が毎月のローン返済額に及ぼす影響を調べることができます。変数値を 1 つの列または 1 つの行に入力すると、隣接する列または行に結果が表示されます。

詳細については、「PMT 関数」を参照してください。

セル D2 に支払数式の =PMT(B3/12,B4,-B5) が含まれています。これは入力セル B3 を参照します。

単入力テーブル

What-if 分析 - 単一変数テーブル

吹き出し 1 代入セル。

吹き出し 2 Excel において、代入セル B3 に入る値の一覧。

1 つの数式の 2 つの変数の値を変更したときに数式の結果がどのように変化するかを調べるには、複入力テーブルを使います。たとえば、複入力テーブルを使用して、利率とローン期間の値の変化が毎月のローン返済額に及ぼす影響を調べることができます。

セル C2 に支払数式の =PMT(B3/12,B4,-B5) が含まれています。これには 2 つの代入セル、B3 と B4 が使用されます。

複入力データ テーブル

What-if 分析 - 2 つの変数のデータ テーブル

吹き出し 1 列の代入セル。

吹き出し 2 Excel において、行の代入セル B4 に入る値の一覧。

吹き出し 3 行の代入セル。

吹き出し 4 Excel において、列の代入セル B3 に入る値の一覧。

データ テーブルの内容が変更されていない場合でも、シートが再計算されるとデータ テーブルも再計算されます。データ テーブルを含むワークシートの計算を速くするには、データ テーブルではなく、シートを自動的に再計算するように [計算方法] オプションを変更します。

単入力テーブルでは、代入値を縦 1 列 (列方向) または横 1 行 (行方向) に入力します。単入力テーブルで使用される数式は、1 つの代入セルだけを参照している必要があります。

  1. 代入セルに代入する値の一覧を縦 1 列または横 1 行に入力します。値の両側に空の行と列をいくつか残しておきます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

データ テーブルの方向

操作

列方向 (変数値が列に入っている)

値の列の右上のセル (最初の値の 1 行上、1 列右の位置にあるセル) に数式を入力します。

概要セクションの単入力データ テーブルの図では、列方向のデータ テーブルを確認できます。数式はセル D2 に含まれています。

注: 他の数式でさまざまな値を試し、その変化を調べるには、最初の数式の右のセルに追加数式を入力します。

行方向 (変数値が行に入っている)

値の行の左下のセル (最初の値の 1 行下、1 列左の位置にあるセル) に数式を入力します。

注: 他の数式でさまざまな値を試し、その変化を調べるには、最初の数式の下のセルに追加数式を入力します。

  1. 代入する数式と値を含むセル範囲を選択します。前の概要セクションの最初の図では、この範囲は C2:D5 です。

  2. Excel 2016 for Mac の場合:[データ]、[What-If 分析]、[データ テーブル] の順にクリックします。

    データ テーブル オプション

    Excel for Mac 2011 の場合:[データ] タブの [分析] で [What-If] をクリックし、[データ テーブル] をクリックします。

    [データ テーブル] ダイアログ ボックス

  3. 次のいずれかの操作を行います。

データ テーブルの方向

操作

列方向

[列の代入セル] ボックスに代入セルのセル参照を入力します。最初の図の例では、代入セルは B3 です。

行方向

[行の代入セル] ボックスに代入セルのセル参照を入力します。

注: データ テーブルの作成後、結果セルの書式を変更する場合もあります。図では、結果セルが通貨として書式設定されています。

単入力テーブルで使用される数式は、同じ代入セルを参照している必要があります。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

データ テーブルの方向

操作

列方向 (変数値が列に入っている)

データ テーブルの一番上の行の数式の右にある空のセルに新しい数式を入力します。

行方向 (変数値が行に入っている)

データ テーブルの最初の列の数式の下にある空のセルに新しい数式を入力します。

  1. データ テーブルと新しい数式を含むセルの範囲を選択します。

  2. Excel 2016 for Mac の場合:[データ]、[What-If 分析]、[データ テーブル] の順にクリックします。

    データ テーブル オプション

    Excel for Mac 2011 の場合:[データ] タブの [分析] で [What-If] をクリックし、[データ テーブル] をクリックします。

    [データ テーブル] ダイアログ ボックス

  3. 次のいずれかの操作を行います。

データ テーブルの方向

操作

列方向

[列の代入セル] ボックスに代入セルのセル参照を入力します。

行方向

[行の代入セル] ボックスに代入セルのセル参照を入力します。

複入力テーブルでは、2 つの代入値のリストを含む数式を使用します。数式は 2 つの異なる代入セルを参照している必要があります。

  1. シートのセルに、2 つの代入セルを参照する数式を入力します。次の例では、数式の開始値がセル B3、B4、B5 に入力されています。セル C2 に数式 =PMT(B3/12,B4,-B5) を入力します。

  2. 数式の下に、縦 1 列に 1 つ目の代入値のリストを入力します。この場合、セル C3、C4、C5 に異なる金利を入力します。

  3. 数式の右に、横 1 行に 2 つ目の代入値のリストを入力します。セル D2 と E2 にローン期間を月単位で入力します。

  4. 数式 (C2)、値の行と列の両方 (C3:C5 と D2:E2)、計算した値を表示するセル (D3:E5) を含むセル範囲を選択します。この場合は、範囲 C2:E5 を選択します。

  5. Excel 2016 for Mac の場合:[データ]、[What-If 分析]、[データ テーブル] の順にクリックします。

    データ テーブル オプション

    Excel for Mac 2011 の場合:[データ] タブの [分析] で [What-If] をクリックし、[データ テーブル] をクリックします。

    [データ テーブル] ダイアログ ボックス

  6. [行の代入セル] ボックスに、行の値が代入される代入セルの参照を入力します。[行の代入セル] ボックスに「B4」と入力します。

  7. [列の代入セル] ボックスに、列の値が代入される代入セルの参照を入力します。[列の代入セル] ボックスに「B3」と入力します。

複入力データ テーブルの場合、金利とローン期間のさまざまな組み合わせを試し、月の返済額を検証できます。次の図では、セル C2 に支払数式の =PMT(B3/12,B4,-B5) が含まれています。これには 2 つの代入セル、B3 と B4 が使用されます。

What-if 分析 - 2 つの変数のデータ テーブル

吹き出し 1 列の代入セル。

吹き出し 2 Excel において、行の代入セル B4 に入る値の一覧。

吹き出し 3 行の代入セル。

吹き出し 4 Excel において、列の代入セル B3 に入る値の一覧。

重要: この計算オプションを選択すると、残りのブックが再計算されるとき、データ テーブルがスキップされます。データ テーブルを手動で再計算するには、その数式を選択し、F9 を押します。Mac OS X バージョン 10.3 以降でこのキーボード ショートカットを使用するには、このキーの Exposé キーボード ショートカットを最初にオフにする必要があります。詳細については、「Excel のキーボード ショートカット」を参照してください。

  1. [Excel] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [数式とリスト] セクションで、[計算] をクリックし、[テーブル以外自動] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

What-if 分析の概要

Predict データの傾向

を定義し、ソルバーを使って問題を解決

数式から必要な結果を求める使用ゴール シーク

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×