データ ソースをコピーおよび変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

次の条件に該当する場合、データ ソースを変更するためには、あらかじめデータ ソース接続をコピーしておく必要があります。

  • Microsoft SharePoint リストおよびライブラリでカスタム クエリを作成したい場合。

    SharePoint リストおよびライブラリのデータ ソース接続に表示されるデータは、変更することのできない既定のクエリによって取得されます。ただし、SharePoint リストまたはライブラリのデータ ソース接続をコピーすればカスタム クエリを作成できます。

  • データベースを使用しているとき、同じソース データに基づく複数のデータ ソース クエリを作成したい場合。

データ ソース ライブラリの他のデータ ソース接続をコピーして変更することもできます。[コピーと変更] をクリックすると、データ ソース接続のコピーが作成されます。 コピーしたデータ ソース接続は、[データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスのオプションを使用して変更できます。

クエリを編集できるのは、SQL ベースのデータ ソース (SharePoint リスト、SharePoint ライブラリ、データベース接続など) に限られます。他のデータ ソース接続には、クエリそのものが存在しないためです。ただし、クエリの存在しないデータ ソース接続でも、クエリ以外のプロパティを変更することはできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

コピーして、SharePoint リストまたはライブラリを変更する.

コピーして、データベースへの接続を変更する.

コピーして、XML ファイルを変更する.

コピーして、サーバー側スクリプトを変更します。

コピーして、XML Web サービスを変更する.

コピーして、リンクされているデータ ソースを変更します。

SharePoint リストまたはライブラリをコピーして変更する

データ ソース ライブラリに表示される SharePoint リストおよびライブラリは、元のデータに対する接続であり、そのデータに対してクエリを実行した結果が表示されます。データ ソース ライブラリの他のデータ ソースに対するクエリとは異なり、SharePoint リストおよびライブラリに対して自動的に作成されたデータ ソースのクエリを編集することはできません。ただし、SharePoint リストまたはライブラリの接続をコピーして、そのリストまたはライブラリのクエリをカスタマイズすることによって、目的に合ったデータを表示することはできます。

次の手順では、データ ソース接続をコピーし、名前、説明、およびそのデータ ソースのキーワードを変更する方法を示します。データ ソースのクエリを編集する方法の詳細については、「データ ソース クエリを作成する」を参照してください。

  1. データ ソース ライブラリが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [データ ソース ライブラリ] をクリックします。

  2. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、対象の SharePoint リストまたは SharePoint ライブラリをクリックし、[コピーと変更] をクリックします。

    [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [全般] タブの [名前] ボックスに、新しいデータ ソースの名前を入力します。

    注: データ ソースのコピーに対し、新しい名前を入力しなかった場合、元のデータ ソース名に "_copy(1)" を追加したものが新しい名前になります。たとえば、"お知らせ" というデータ ソース接続をコピーするときに、新しい名前を入力しなかった場合、その新しいデータ ソースの名前は "お知らせ_copy(1)" になります。

  4. [説明] ボックスに、新しいデータ ソースの説明を入力します。

  5. [キーワード] ボックスに、適宜キーワードを入力します。

これで、新しいリストまたはライブラリのクエリを指定できます。クエリの作成方法の詳細については、「データ ソース クエリを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

データベース接続をコピーして変更する

データベース接続に対するクエリは、すばやく簡単に編集できます。しかし、日常的に使用するクエリがたくさんある場合には、個々のクエリを個別のデータ ソースとして保存しておくと便利です。

たとえば、Northwind Traders という、グルメ食品を扱う会社が、商品を SQL データベースで管理しているとします。データベースの既定のクエリでは、Northwind Traders が過去に発注した商品がすべて表示されてしまいます。そこで、販売中止になった商品のみを表示するクエリを別途作成してみてはどうか、という提案がチーム メンバから出されました。これは、データ ソースのもともとのクエリをコピーして、販売中止になった品目だけを表示するように変更し、データ ソース ライブラリに、別のデータベース接続として (新しい名前で) 保存することによって簡単に実現できます。

次の手順では、データ ソースをコピーし、[名前、説明、およびそのデータ ソースのキーワードを変更する方法を示します。データ ソースのクエリを編集する方法の詳細については、「データ ソース クエリを作成する」を参照してください。

  1. データ ソース ライブラリが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [データ ソース ライブラリ] をクリックします。

  2. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、対象のデータベース接続をクリックし、[コピーと変更] をクリックします。

    [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [全般] タブの [名前] ボックスに、新しいデータ ソースの名前を入力します。

    注: データ ソースの新しい名前を入力しなかった場合、元のデータ ソース名に "_copy(1)" を追加したものが新しい名前になります。たとえば、"Products" というデータベースをコピーするときに、新しい名前を入力しなかった場合、その新しいデータ ソースの名前は "Products_copy(1)" になります。

  4. [説明] ボックスに、新しいデータ ソースの説明を入力します。

  5. [キーワード] ボックスに、適宜キーワードを入力します。

これで、新しいデータベースへの接続のクエリを指定できます。クエリの作成方法の詳細については、「データ ソース クエリを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

XML ファイルをコピーして変更する

SharePoint リストおよびライブラリと同様、ローカルの XML ファイルに対して自動的に作成されたデータ ソース接続を変更することはできません。ただし、ローカルの XML ファイルをコピーして変更することにより、データ ソース名を変更したり、説明やキーワードを追加したりすることはできます。外部の XML ファイルについては、データ ソースをコピーしておかなくても、名前、説明、およびキーワードを変更できます。

  1. データ ソース ライブラリが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [データ ソース ライブラリ] をクリックします。

  2. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、対象の XML ファイルをクリックし、[コピーと変更] をクリックします。

    [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [全般] タブの [名前] ボックスに、新しいデータ ソースの名前を入力します。

    注: データ ソースの新しい名前を入力しなかった場合、元のデータ ソース名に "_copy(1)" を追加したものが新しい名前になります。たとえば、"Products" という XML ファイルをコピーするときに、新しい名前を入力しなかった場合、その新しいデータ ソースの名前は "Products_copy(1)" になります。

  4. [説明] ボックスに、新しいデータ ソースの説明を入力します。

  5. [キーワード] ボックスに、適宜キーワードを入力します。

ページの先頭へ

サーバーサイド スクリプトをコピーして変更する

同じサーバー スクリプトに対し、パラメータ値を変えて接続する必要がある場合は、サーバーサイド スクリプトへの接続をコピーして変更する方法をお勧めします。

  1. データ ソース ライブラリが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [データ ソース ライブラリ] をクリックします。

  2. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、対象の XML ファイルをクリックし、[コピーと変更] をクリックします。

    [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [全般] タブの [名前] ボックスに、新しいデータ ソースの名前を入力します。

    注: データ ソースの新しい名前を入力しなかった場合、元のデータ ソース名に "_copy(1)" を追加したものが新しい名前になります。たとえば、"Rss.aspx on www.gotdotnet.com" という接続をコピーするときに、新しい名前を入力しなかった場合、その新しいデータ ソースの名前は "Rss.aspx on www.gotdotnet.com_copy(1)" になります。

  4. [説明] ボックスに、新しいデータ ソースの説明を入力します。

  5. [キーワード] ボックスに、適宜キーワードを入力します。

  6. [ソース] タブの [パラメータの追加または変更] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • [追加] をクリックします。

    • 変更するパラメータをクリックし、[変更] をクリックします。

  7. [パラメータ] ボックスの [名前] ボックスに、変更後の新しいパラメータの名前を入力します。

  8. [既定値] ボックスに、変更後の新しいパラメータの既定値を入力します。

    注: サーバーサイド スクリプトのパラメータ値が、サイト ユーザーによって入力される場合、[このパラメータの値を Web パーツ接続を利用して設定できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

XML Web サービスをコピーして変更する

同じ Web サービスに対し、異なる方法で接続したり、パラメータ値を変えて接続したりする必要がある場合は、XML Web サービスをコピーして変更する方法をお勧めします。

  1. データ ソース ライブラリが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [データ ソース ライブラリ] をクリックします。

  2. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、対象の XML ファイルをクリックし、[コピーと変更] をクリックします。

    [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [全般] タブの [名前] ボックスに、新しいデータ ソースの名前を入力します。

    注: データ ソースの新しい名前を入力しなかった場合、元のデータ ソース名に "_copy(1)" を追加したものが新しい名前になります。たとえば、"Webs on Northwind" という Web サービスをコピーするときに、新しい名前を入力しなかった場合、その新しいデータ ソースの名前は "Webs on Northwind_copy(1)" になります。

  4. [説明] ボックスに、新しいデータ ソースの説明を入力します。

  5. [キーワード] ボックスに、適宜キーワードを入力します。

  6. [ソース] タブの [パラメータ] ボックスで、変更対象のパラメータをクリックし、[変更] をクリックします。

  7. [パラメータ] ボックスに、使用するパラメータを入力します。

    注: Web サービスのパラメータ値が、サイト ユーザーによって入力される場合、[このパラメータの値を Web パーツ接続を利用して設定できるようにする] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

リンクされているデータ ソースをコピーして変更する

リンクされているデータ ソースが複数のデータベース接続で構成されているとき、リンクされている 1 つ目のデータベース接続のコピーを作成して、クエリを変更するような場合、リンクされているデータ ソースをコピーして変更する方法が有効です。

次の手順では、データ ソースをコピーし、[名前、説明、およびそのデータ ソースのキーワードを変更する方法を示します。データ ソースのクエリを編集する方法の詳細については、「データ ソース クエリを作成する」を参照してください。

  1. データ ソース ライブラリが表示されていない場合は、[作業ウィンドウ] メニューの [データ ソース ライブラリ] をクリックします。

  2. [データ ソース ライブラリ] 作業ウィンドウで、操作の対象となるリンクされたデータ ソースをクリックし、[コピーと変更] をクリックします。

    [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [全般] タブの [名前] ボックスに、新しいデータ ソースの名前を入力します。

    注: 他のデータ ソース接続とは異なり、データ ソースの新しい名前を入力しなかった場合、以前と同じ名前が使用されます。

  4. [説明] ボックスに、新しいデータ ソースの説明を入力します。

  5. [キーワード] ボックスに、適宜キーワードを入力します。

これで、新しいデータベースへの接続のクエリを指定できます。クエリの作成方法の詳細については、「データ ソース クエリを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×