データ ソースの選択または作成

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ODBC (Open Database Connectivity) 準拠の使用可能なデータ ソース (DSN) の一覧を表示します。DSN は、図面とデータベース間でやり取りされている情報のハブとして機能します。DSN には、データベースの保存場所および使用されるドライバに関する情報が格納されています。また、DSN は後で使うときに容易に見つけることができるように一意の名前が付けられています。

データ ソースの一覧

一覧からデータ ソースを選択します。

ファイル DSN を参照します。

データ ソースを既定の場所以外に保存している場合は、[ファイル DSN の参照] をクリックして、ファイルの場所を指定します。

データ ソースを作成します。

新規にデータ ソースを作成するには、[データ ソースの作成] をクリックします。データ ソースの新規作成ウィザードに従って操作します。[完了] をクリックした後で、[ODBC セットアップ] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスでは、既存のデータベースを選択するか、または新規にデータベースを作成することができます。データベース内のテーブルは、後で作成します。

ヒント

DSN の名前にプログラムやデータベースの名前を含めて、たとえば AccessPersonnel のような名前にすると便利です。

Microsoft Office Excel をデータ ソースとして使用している場合、既存のブックを選択できます。ただし、ウィザードではブックの作成はできません。

Excel ブックを選択した場合、[ブックの選択] ダイアログ ボックスで、[読み取り専用] チェック ボックスを必ずオフにしてください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×