データ ソースの設定 (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query では、使用したデータ ソース接続とデータ ソースのプライバシー レベルごとに、データ ソースの資格情報またはサインイン ID が保存されます。プライバシー レベルの詳細については、「プライバシー レベル」を参照してください。

必要な作業

データ ソースの資格情報を管理する

プライバシー レベルを管理する

データ ソースの資格情報を管理する

  1. [Power Query] リボンの [設定] で、[データ ソースの設定] を選びます。

  2. [データ ソースの設定] ダイアログ ボックスでデータ ソースを選び、[編集] を選びます。

  3. 表示された新しい [データ ソースの設定] ダイアログ ボックスの [資格情報]で、[編集] を選びます。

  4. 左側のオプション一覧から資格情報の種類を選び、必要であれば、データ接続用の [ユーザー名] と [パスワード] (または、該当するその他の情報) を入力します。

資格情報

ページの先頭へ

プライバシー レベルを管理する

  1. [Power Query] リボンの [設定] で、[データ ソースの設定] を選びます。

  2. [データ ソースの設定] ダイアログ ボックスでデータ ソースを選び、[編集] を選びます。

  3. 表示された新しい [データ ソースの設定] ダイアログ ボックスの [プライバシー レベル] で、下矢印を選び、データ ソースのプライバシー レベルを選びます。

    • なし

    • パブリック

    • 組織

    • プライベート

データ ソースのプライバシー選択

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×