データ ソースについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

データ ソースの概要

メイン データ ソース

セカンダリ データ ソース

データ ソースと XML スキーマとの関係について

データ ソースの概要

フォームのデータ ソース内のすべてのユーザーがリスト ボックスをドロップダウン リスト ボックスまたはコンボ ボックスで選択できるデータまたはデータをフォームにユーザーを追加するかどうかは、フォームでは、表示されるデータが保存されています。データ ソースはフィールドおよびグループの構成されています。ときと同じ方法をハード_ディスク上のフォルダーを含むファイルを整理するには、[フィールドには、ユーザー フォーム テンプレートに基づくフォームに入力し、グループを含むし、これらのフィールドを整理するデータが含まれています。ユーザーが、フォーム上のコントロールにデータを追加し、そのコントロールは、これらのフィールドにバインドされています。たとえば、経費報告のフォーム テンプレートをデザインすることがあるとします。3 つのテキスト ボックス コントロールにその、ミドル ネーム、姓と名を含めることができる、ユーザー フォーム テンプレートに基づくフォームを開くときに、各テキスト ボックスの最初の名前のフィールド、フィールド ミドル ネーム、姓] フィールドにバインドします。これらのフィールド名前にはが「名前」というグループに含まれています。

フォーム テンプレートのデータ ソースにあるフィールドとグループを表示したり操作したりするには、[データ ソース] 作業ウィンドウを使用します。

InfoPath のデータ ソース作業ウィンドウ

1. フィールド

2. グループ

データ ソースの構造とフォーム テンプレートのレイアウトは必ずしも一致しませんが、通常、特に、繰り返しテーブル、セクション、繰り返しセクション、および省略可能セクションに関連付けられたグループとフィールドの場合は、データ ソースの構造とフォームのレイアウトがほぼ一致します。たとえば、テーブルまたはセクションは、データ ソース内のグループにバインドされ、テーブルまたはセクションに含まれるすべてのコントロールが同じグループに含まれるフィールドにバインドされます。次の図の経費報告書フォームの "経費明細" 繰り返しテーブルは、"日付" 日付の選択コントロール、"説明" テキスト ボックス、および "費用" テキスト ボックスの 3 つの列で構成されます。これらのコントロールはそれぞれ date フィールド、description フィールド、および amount フィールドにバインドされています。繰り返しテーブルは、item グループにバインドされています。

データ ソースでグループとフィールドにバインドされた繰り返しテーブル

フォーム テンプレートには、1 つのメイン データ ソースと、必要に応じて 1 つ以上のセカンダリ データ ソースの 2 種類のデータ ソースを設定できます。

ページの先頭へ

メイン データ ソース

メイン データ ソースには、次のものが格納されます。

  • ユーザーがテキスト ボックスに入力したデータなど、フォーム テンプレートに基づいたフォームにユーザーが入力したデータ。たとえば、メイン データ ソース内のフィールドにバインドされたテキスト ボックスにユーザーが入力した姓と名などです。

  • フォーム テンプレートのデータ ソースを定義するのに使用するための、データ接続からデータベースまたは Web サービスへのデータ。

メイン データ ソースのデータとは、ユーザーがフォームに入力したときに保存または送信するデータのことです。後で送信するためにフォームを保存した場合、データはメイン データ ソースに保存されます。

メイン データ ソースの作成

フォーム テンプレートを作成すると、メイン データ ソースが自動的に作成されます。すべての InfoPath フォーム テンプレートには、1 つのメイン データ ソースが含まれます。作成するフォーム テンプレートの種類に応じて、次に示すように、フィールドとグループがメイン データ ソースに追加されます。

空白のフォーム テンプレート     フィールドとグループをメイン データ ソースに追加するには、[データ ソース] 作業ウィンドウを使用するか、コントロールを [コントロール] 作業ウィンドウからフォーム テンプレートのビューにドラッグします。コントロールをビューにドラッグすると、追加したコントロールの種類に応じてフィールドとグループがメイン データ ソースに追加されます。たとえば、テキスト ボックス コントロールをフォーム テンプレートにドラッグすると、フィールドがメイン データ ソースに追加されます。繰り返しセクション コントロールをフォーム テンプレートにドラッグすると、グループがメイン データ ソースに追加されます。繰り返しテーブル コントロールをフォーム テンプレートにドラッグすると、メイン データ ソースに繰り返しテーブル用の 2 つのグループが追加され、テーブルの各列のフィールドがメイン データ ソースに追加されます。

XML ドキュメントに基づいたフォーム テンプレート     スキーマで定義される要素またはドキュメント内の要素に対応付けられるフィールドとグループが追加されます。

Microsoft Office Access データベースまたは Microsoft SQL Server データベースに基づいたフォーム テンプレート     データベースのデータ格納方法に応じて、フィールドとグループがメイン データ ソースに追加されます。

Web サービスに基づいたフォーム テンプレート     Web サービスで提供されるスキーマに対応付けられるフィールドとグループが追加されます。

Web サービスやデータベースなど、フォーム テンプレートに含まれていないデータ ソースは、外部データ ソースと呼ばれます。InfoPath のフォームは、データ接続を介して外部データ ソースに接続します。

メイン データ ソースの変更

メイン データ ソースの既存のフィールドまたはグループに応じて、別のフィールドとグループをメイン データ ソースに追加できることがあります。何を既存のフィールドまたはグループに追加できるかを、[データ ソース] 作業ウィンドウに表示されるアイコンを基にして次の表に示します。

アイコン

追加できるもの

グループ アイコン

グループ アイコン    グループまたはフィールドを追加できます。このアイコンは、[データ ソース] 作業ウィンドウを使用してメイン データ ソースに追加したグループ、または [コントロール] 作業ウィンドウから空白のフォーム テンプレートにドラッグし、このグループに関連付けられているコントロールのどちらかを表します。

データ ソースのフィールド アイコン。

フィールド アイコン    フィールドだけを追加できます。このアイコンは、[データ ソース] 作業ウィンドウを使用してメイン データ ソースに追加したフィールド、または [コントロール] 作業ウィンドウから空白のフォーム テンプレートにドラッグし、このフィールドに関連付けられているコントロールのどちらかを表します。

ロックされたグループ アイコン

ロックされたグループ アイコン    フィールドまたはグループは追加できません。このグループは、外部データ ソースへのデータ接続に基づいています。

ロックされたフィールド アイコン

ロックされたフィールド アイコン    フィールドは追加できません。このフィールドは、外部データ ソースへのデータ接続に基づいています。

コントロールをフォーム テンプレートのビューにドラッグする場合、そのフォーム テンプレートにデータ接続に基づいたフィールドとグループが含まれる場合は、そのコントロールを、メイン データ ソースの既存のフィールドとグループにバインドする必要があります。フィールドとグループは、外部データ ソースに基づいたフィールドとグループが含まれるフォーム テンプレートには自動的に追加されません。フィールドとグループを追加する方法については、[参照] に掲載されているリンクを参照してください。

注: フォーム テンプレートに基づいたフォームにユーザーが既にデータを入力している場合は、次に示す変更をフォーム テンプレートのメイン データ ソースに加えると、フォームのデータが失われる可能性があります。

  • フィールドまたはグループの移動、削除、または名前変更

  • 繰り返しフィールドまたは繰り返しグループから繰り返しでないフィールドまたはグループへの変更

  • リッチ テキスト データ型から別のデータ型への変更

変更できるフィールドとグループでは、次の変更が可能です。

名前    名前にスペースやその他の特殊文字を含むことはできません。

名前の要件

  • メイン データ ソースの各名前は一意である必要があります。複数のフィールドまたはグループで同じ名前を使用する必要がある場合は、そのフィールドまたはグループへの参照を作成します。フィールドまたはグループへの参照を作成すると、最初のフィールドまたはグループのプロパティにリンクされたプロパティを持つ同一の新しいフィールドまたはグループが作成されます。いずれかのフィールドまたはグループを変更すると、他方の参照フィールドまたは参照グループも自動的に更新されます。参照グループは、参照フィールドと同様に、同じフィールドとグループを持ち、同じプロパティを共有します。

  • 名前にスペースやその他の特殊文字を含むことはできません。

  • 名前は、英字またはアンダースコア ("_") で始め、英数字、アンダースコア、ハイフン ("-")、およびピリオド (".") のいずれかを使用してください。日本語の文字を指定することもできますが、全角数字 (例:1、2、3) など指定できない文字もあります。

これらの要件の他にも、フィールドまたはグループの名前は、その内容を説明する名前にします。たとえば、グループの内容が経費明細である場合は、グループ名を "経費明細" にします。グループ内のフィールドの内容が経費である場合は、フィールド名を "経費" とします。

種類    メイン データ ソースのアイテムがフィールドかグループかを指定します。フィールドの値は一意で、グループには他のフィールドが含まれます。

フィールドとグループの種類

種類

使用が適している場合

[フィールド (属性)]

次のいずれかの条件が当てはまる場合に、このフィールドを使用します。

  • フィールドに他のグループまたはフィールドを含めることができない。

  • 要素フィールド内のフィールドにする必要がある。

  • 繰り返しフィールドでない。

  • フィールドへの値の入力が必須である。

  • フィールドのデータ型が、リッチ テキスト (XHTML) 以外のデータ型である。

  • データベースまたは Web サービスで属性フィールドが必要である。

[フィールド (要素)]

次のいずれかの条件が当てはまる場合に、このフィールドを使用します。

  • フィールドに他の属性フィールドを含めることができる。

  • フィールドがグループの一部である。

  • フィールドがグループ内の繰り返しフィールドである。

  • データベースまたは Web サービスで要素フィールドが必要である。

要素フィールドにはどのデータ型でも指定でき、既定値を指定しても指定しなくてもかまいません。

[グループ]

別のフィールドまたはグループを含めることができる場合に使用します。

[グループ (選択肢)]

数種類のうちの 1 種類のフィールドだけまたはフィールドのグループだけを含める場合に使用します。

たとえば、米国と欧州連合の国や地域にある仕入先で使用するフォーム テンプレートをデザインするときに、フォーム テンプレートに住所選択肢グループを含めるとします。住所選択肢グループには、米国用の住所のフィールドがあるグループと、欧州連合の国や地域用の住所のフィールドがあるグループが含まれます。このフォーム テンプレートに基づいたフォームをユーザーが開くと、ユーザーは米国の住所または別の国や地域の住所を選択して入力することができます。該当するグループのフィールドにバインドされたコントロールがフォーム上に表示されます。

[完全な XML スキーマまたは XML ドキュメント]

データ ソースの指定場所に、別の XML スキーマまたは XML ドキュメントを追加する場合に使用します。

データ型    フィールドに格納できるデータの種類を定義します。

使用できるデータ型の一覧

データ型

使用する場合

テキスト

Use this data type for an element or attribute field that contains unformatted text.

Rich Text

Use this data type for an element field that contains formatted text. You cannot use this data type for attribute fields.

Whole Number

このデータ型は、小数点のない数値を含む要素または属性フィールドで使用します。

10 進

このデータ型は、通貨または 10 進数を含む要素または属性フィールドで使用します。

True/False (真/偽)

このデータ型は、2 つの値の一方のみをとりうるデータを含む要素または属性フィールドで使用します。

Hyperlink

Use this data type for an element or attribute field that contains a Uniform Resource Identifier (URI), such as a hyperlink or a namespace.

Date

このデータ型は、暦の日付を含む要素または属性フィールドで使用します。

時刻

このデータ型は、24 時間形式の時刻を含む要素または属性フィールドで使用します。

日付と時刻

このデータ型は、暦の日付と 24 時間形式の時刻の両方を含む要素または属性フィールドで使用します。

画像またはファイル添付

Use this data type for an element or attribute field that contains binary data, such as an image or a picture.

Custom

Use this data type for an element or attribute field with custom data types that are defined by a namespace. This data type is typically used for a field or group that is bound to a custom control. The Data namespace box is enabled when you choose this data type.

注: This table shows only the most common XML data types used in a form template. In InfoPath, you can use any XML 1.0 data type in the World Wide Web Consortium (W3C) recommendations. To use a data type that is not listed in the table, you must extract the form files for a form template and edit the schema (.xsd) file. Find links to more information about extracting the form files for a form template in the See Also section.

データの名前空間   ユーザー設定のデータ型の名前空間を追加する統一リソース識別子 (URI) を定義します。このプロパティは、データ型のカスタムプロパティの要素または属性のフィールドに利用できます。フォーム テンプレートにカスタム コントロールを追加するときにこのプロパティには通常のフィールドにバインドされているカスタム コントロールの作成者が定義されている値が含まれます。

既定値   ユーザーによるフォームを最初に開いたときに、要素または属性フィールドの初期値を定義します。現在の日付、数学的計算、または別のフィールドへの参照などの既定値に数式を追加することもできます。

繰り返し   要素フィールド、属性フィールド、またはグループが行う複数回、フォームのかどうかを定義します。リスト コントロール、繰り返しセクション、繰り返しテーブル、繰り返しセクションに含まれるコントロールまたは繰り返しテーブルが繰り返しフィールドと繰り返しグループにバインドされています。

必須    要素フィールドまたは属性フィールドの値が必須であるかどうかを定義します。フィールドに値が入力されていない場合、このフィールドにバインドされているコントロールには赤色のアスタリスクが表示され、コントロールの種類によっては赤色の破線で囲まれます。このプロパティはフィールドだけで使用できます。グループでは使用できません。

ページの先頭へ

セカンダリ データ ソース

セカンダリ データ ソースとは、別のデータ接続を介して外部データ ソースに提供されるデータを持つフォームにあるデータ ソースのことです。たとえば、経費報告書のフォーム テンプレートを作成し、そのフォーム テンプレートに基づいたフォームに、他の通貨単位で経費を入力できるようにする場合を考えます。ただし、通貨データはデータベースに格納されています。通貨データを表示するには、そのデータベースにデータ接続を追加する必要があります。通貨データがセカンダリ データ ソースに格納され、フォーム テンプレートのリスト ボックス コントロールに表示されます。

追加したデータ接続のデータはセカンダリ データ ソースに格納され、リスト ボックス、コンボ ボックス、またはドロップダウン リスト ボックスなどのコントロールで選択肢として表示され、ユーザーがフォームに入力する際に選択することができます。ユーザーがセカンダリ データ ソースのアイテムを選択すると、選択したアイテムがメイン データ ソースのフィールドにコピーされます。

セカンダリ データ ソースとメイン データ ソースの違いは次のとおりです。

  • セカンダリ データ ソースは、フォーム テンプレートでは省略可能です。メイン データ ソースはすべてのフォーム テンプレートで必要です。

  • フォーム テンプレートには 1 つ以上のセカンダリ データ ソースを含めることができますが、メイン データ ソースは 1 つしか含めることができません。

  • セカンダリ データ ソースのフィールドとグループは、データ接続を使用してフォームに接続され外部データ ソースに格納されているデータと同じ方法でアクセスされます。これらのフィールドとグループは、InfoPath では変更できません。

  • メイン データ ソースとは異なり、セカンダリ データ ソースはフォームと共に保存されません。

  • セカンダリ データ ソースのデータは、通常、ユーザーが入力完了したフォームを送信するときには送信されません。ただし、セカンダリ データ ソースのデータは、規則に従ってフォーム テンプレートを構成して Web サービスに送信するか、ユーザー設定コードを使用して電子メール受信者に送信することができます。

セカンダリ データ ソースの作成

フォームにデータを返す外部データ ソースにデータ接続を追加すると、セカンダリ データ ソースが自動的に作成されます。フォーム テンプレートに追加した各データ接続で、対応するセカンダリ データ ソースが作成されます。フィールドとグループがメイン データ ソースに追加される方法と同じ方法で、フィールドとグループがセカンダリ データ ソースに追加されます。フィールドとグループがセカンダリ データ ソースに追加され、外部データ ソースでデータが格納できるように対応付けられます。セカンダリ データ接続は次のものに作成できます。

  • Web サービス

  • XML ファイル

  • Microsoft Office Access データベースまたは Microsoft SQL Server データベース

  • Microsoft Windows SharePoint Services を実行するサイトのリスト

フォーム テンプレートにデータ接続を追加し、セカンダリ データ ソースを作成すると、セカンダリ データ ソースのフィールドとグループが [データ ソース] 作業ウィンドウに表示されます。各セカンダリ データ ソースは、データ接続名の後にかっこで囲まれた "セカンダリ" が付いて、この作業ウィンドウに表示されます。

[データ ソース] 作業ウィンドウのセカンダリ データ ソース。

セカンダリ データ ソースの変更

セカンダリ データ ソースのフィールドとグループは外部データ ソースへのデータ接続に基づいているので、セカンダリ データ ソースのフィールドとグループは変更できません。セカンダリ データ ソースを [データ ソース] 作業ウィンドウで表示すると、フィールドはロックされたフィールド アイコン ロックされたフィールド アイコン で表示され、グループはロックされたグループ アイコン ロックされたグループ アイコン で表示され、変更できないことがわかります。

ページの先頭へ

データ ソースと XML スキーマとの関係について

フォーム テンプレートに基づいたフォームにユーザーが入力すると、フォームのメイン データ ソースとセカンダリ データ ソースがユーザーのコンピュータの XML ドキュメントとして格納されます。XML ドキュメントの構造は XML スキーマで定義されます。XML スキーマとは、XML ドキュメントの構造と要素を定義し (この場合はフォーム)、要素に格納できるデータを定義する XML ベースのファイルです。

フォーム テンプレートを作成すると、ユーザーが入力するフォームの構造を定義するのに使用する XML スキーマが自動的に作成されます。データ ソースの各フィールドまたは各グループは、XML スキーマの要素に対応します。データ ソースの各フィールドまたは各グループのプロパティは、作成される XML ドキュメントの要素と、各要素に格納できるデータに対応する構造を定義します。追加スキーマの詳細は、[データ ソース] 作業ウィンドウのフィールドまたはグループをダブルクリックすると、[フィールドまたはグループのプロパティ] ダイアログ ボックスの [詳細] タブに表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×