データ グラフィックを使用してデータの視覚効果を高める

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

データグラフィックを使用して、図形内に含まれているデータに関する情報を表示することができます。Microsoft Visio 2010では、テキスト、データバー、アイコン、または一意の塗りつぶしの色を含む独自のデータグラフィックを作成できます。

注: 

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

この記事の内容

データグラフィックとは

データグラフィックを作成する

既存のデータグラフィックを図形に適用する

既存のデータ グラフィックを変更する

図形からデータ グラフィックを削除する

データグラフィックとは

データグラフィックは、図形に適用できる視覚的な拡張であり、それに含まれるデータを表示します。データグラフィックを使用すると、数値、フラグ、プログレスバーなどのテキスト要素とビジュアルエレメントの組み合わせとしてデータが表示されます。

たとえば、プロセスを表す図形が含まれていることを前提として、コスト、プロセス番号、所有者、関数、開始日、終了日、プロセスの状態に関するデータを格納します。

データ グラフィックを含まないプロセス図形

1. データグラフィックのないプロセス図形

2. [図形データ] 作業ウィンドウで、プロセス図形に含まれているデータを表示します。

次に、図形に含まれるデータを視覚的に表現することを想像してみましょう。

データ グラフィックを適用したプロセス図形。

1. プロセスの関数 ("Test") は、一意の塗りつぶしの色として表示されます。

2. プロセスのコスト ("$50000.00") は、データバーとして表示されます。

3. プロセスの状態 ("未開始") は、疑問符アイコンとして表示されます。

4. プロセスの所有者 ("フィリスハリス") と終了日 ("9/30/2009") は、テキストの吹き出しとして表示されます。

図形にデータグラフィックを適用することで、図形を選択し、[図形データ] 作業ウィンドウを表示することなく、図形に含まれているデータを簡単に表示することができます。さらに、図形のデータグラフィックを観察することで、複数の図形に含まれる特定のデータをすぐに確認できます。

データグラフィックを作成した後は、同じデータを持つ他の図形に適用できます。既定では、データグラフィックを変更すると、データグラフィックが適用されているすべての図形に変更が自動的に適用されます。

図形に必要な数のデータグラフィックを作成できます。たとえば、プロセスデータを表示したり、すべての従業員図形に適用したりするための1つを作成できます。2つ目のデータグラフィックを作成して機器データを表示し、すべての機器図形に適用することができます。

データはどこから取得されますか?    データグラフィックを使用して表示できるデータは、各図形の図形データに一覧表示されます。各図形の [図形データ] 作業ウィンドウにデータを入力するか、または [図形にデータをリンクする] ウィザードを使用することができます。[図形にデータをリンク] ウィザードを使用してデータをインポートする場合は、Visio でデータを表示する方法を選ぶことができます。ウィザードの詳細については、「 Excel、SQL Server、SharePoint サイト、およびその他の外部ソースからデータをインポートする」を参照してください。

注: [図形データ] 作業ウィンドウを表示するには、[データ] タブの [表示/非表示] グループで [図形データウィンドウ] チェックボックスをオンにします。

ページの先頭へ

データグラフィックを作成する

データグラフィックには、テキスト、データバー、アイコン、色分けなど、4種類の項目を追加できます。次のセクションでは、各要素の種類を追加する方法について説明します。

注: これらの手順は、図形に既にデータが含まれている場合に最適です。図形にデータを適用する方法の詳細については、「 Excel、SQL Server、SharePoint サイト、およびその他の外部ソースからデータをインポートする」を参照してください。

図形にテキストグラフィックを追加する

テキストの吹き出しまたはテキストの見出しのいずれかを選ぶことができます。テキストの吹き出しには、列の名前と値の両方が含まれています。見出しにはデータ値のみが表示されます。

  1. データグラフィックを作成する図形を選びます。

  2. [データ] タブの [データの表示] グループで、[データグラフィック] をクリックし、[新しいデータグラフィックの作成] を選択します。

    Visio 2010 のリボンの [データ] タブの [データの表示] グループ

  3. [新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで、[新しいアイテム] をクリックします。

    [新しいグラフィック データ] ダイアログ ボックス

  4. [新しいアイテム] ダイアログ ボックスで、[表示] の [データ フィールド] ボックスの一覧から、表示するデータ フィールドを選択します。

    テキストが選択された [新しいアイテム] ダイアログ ボックス。

  5. [表示形式] ボックスの一覧で、[テキスト] を選びます。

  6. [スタイル] ボックスの一覧で、目的のテキストグラフィックのスタイルを選択します。

  7. [位置] で、次のいずれかの方法でテキストグラフィックの位置を選びます。

    • 一覧表示された既定の位置を使用するには、[既定の位置を使用する] チェックボックスをオンにします。

    • 別の位置を指定するには、[既定の位置を使用する] チェックボックスをオフにし、[] または [] をクリックして、目的の位置を選びます。

  8. [詳細] で、吹き出しまたは見出しの外観を選択するオプションを選びます。

  9. 新しいデータグラフィックアイテムの作成が完了したら、[ OK] をクリックします。

  10. データグラフィックに項目を追加するには、手順 3 ~ 9 を繰り返します。

  11. データグラフィックにアイテムを追加したら、[新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。

ページの先頭へ

図形にデータバーを追加する

データバーには、プログレスバー、星評価、体温計、速度などのミニチュアチャートやグラフでデータが動的に表示されます。

  1. データグラフィックを作成する図形を選びます。

  2. [データ] タブの [データの表示] グループで、[データグラフィック] をクリックし、[新しいデータグラフィックの作成] を選択します。

    Visio 2010 のリボンの [データ] タブの [データの表示] グループ

  3. [新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで、[新しいアイテム] をクリックします。

    [新しいグラフィック データ] ダイアログ ボックス

  4. [新しいアイテム] ダイアログ ボックスで、[表示] の [データ フィールド] ボックスの一覧から、表示するデータ フィールドを選択します。

    [データ バー] が選択された [新しいアイテム] ダイアログ ボックス。

  5. [表示形式] ボックスの一覧で、[データバー] を選びます。

  6. [スタイル] ボックスの一覧で、目的の [データバーのスタイル] を選びます。

  7. [位置] で、次のいずれかの方法でデータバーの位置を選びます。

    • 一覧表示された既定の位置を使用するには、[既定の位置を使用する] チェックボックスをオンにします。

    • 別の位置を指定するには、[既定の位置を使用する] チェックボックスをオフにし、[] または [] をクリックして、目的の位置を選びます。

  8. [詳細] で、データバーの外観を選択するためのオプションを選びます。

  9. 新しいデータグラフィックアイテムの作成が完了したら、[ OK] をクリックします。

  10. データグラフィックに項目を追加するには、手順 3 ~ 9 を繰り返します。

  11. データグラフィックにアイテムを追加したら、[新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。

ページの先頭へ

図形にアイコンセットを追加する

フラグ、交通信号、トレンド矢印などのアイコンセットを使用して、データを表示することができます。特定の値、日付、式、または同じ図形内の他のデータフィールドに基づいて、アイコンを表示するように設定できます。

たとえば、フラグを使用して、現在の売上が前年度と比較される方法を示すことができます。次の例に示すように、フラグ値を設定して、青色のフラグが売上を大幅に向上させることができます。黄色のフラグは売上高が緩やかに増加していることを意味し、赤色のフラグは売上高が年にダウンしていることを意味します。

  1. データグラフィックを作成する図形を選びます。

  2. [データ] タブの [データの表示] グループで、[データグラフィック] をクリックし、[新しいデータグラフィックの作成] を選択します。

    Visio 2010 のリボンの [データ] タブの [データの表示] グループ

  3. [新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで、[新しいアイテム] をクリックします。

    [新しいグラフィック データ] ダイアログ ボックス

  4. [新しいアイテム] ダイアログ ボックスで、[表示] の [データ フィールド] ボックスの一覧から、表示するデータ フィールドを選択します。

    [アイコン セット] が選択されている [新しいアイテム] ダイアログ ボックス。

  5. [表示形式] ボックスの一覧の [アイコンセット] を選びます。

  6. [スタイル] ボックスの一覧で、目的のアイコンセットを選びます。

  7. [位置] で、次のいずれかの方法でアイコンの位置を選びます。

    • 一覧表示された既定の位置を使用するには、[位置] の [既定の位置を使用する] チェックボックスをオンにします。

    • 別の位置を指定するには、[既定の位置を使用する] チェックボックスをオフにし、[] または [] をクリックして、目的の位置を選びます。

  8. 各アイコンを表示するための [仕分けルール] で、各アイコンが表す値を選びます。

  9. 新しいデータグラフィックアイテムの作成が完了したら、[ OK] をクリックします。

  10. データグラフィックに項目を追加するには、手順 3 ~ 9 を繰り返します。

  11. データグラフィックにアイテムを追加したら、[新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。

ページの先頭へ

データ値を使って塗りつぶしの色を適用する

[値によって色分け] オプションを使用すると、塗りつぶしの色を適用して、一意の値または値の範囲を示すことができます。

注: 1つの図形に対して複数の色を作成している場合は、[データグラフィックの項目] が true の場合、Visio では、データグラフィックの塗りつぶしは、最初に表示された図形に適用されます。

  1. データグラフィックを作成する図形を選びます。

  2. [データ] タブの [データの表示] グループで、[データグラフィック] をクリックし、[新しいデータグラフィックの作成] を選択します。

    Visio 2010 のリボンの [データ] タブの [データの表示] グループ

  3. [新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで、[新しいアイテム] をクリックします。

    [新しいグラフィック データ] ダイアログ ボックス

  4. [新しいアイテム] ダイアログボックスの [表示] の [データフィールド] の一覧で、データグラフィックを使用して表すデータフィールドを選びます。

    [値によって色分け] が選択されている [新しいアイテム] ダイアログ ボックス。

  5. [表示形式] ボックスの一覧で、[値による色] を選びます。

  6. [配色方法] ボックスの一覧で、そのデータフィールドに基づいて図形に塗りつぶしを適用する方法を選択します。

    • 各色は一意の値を表し    ます。 同じ値を持つすべての図形に同じ色を適用することができます。たとえば、営業部の従業員のすべての図形を黄色で色付けし、経理部の従業員のすべての図形を赤色にすることができます。

    • 各色は値の範囲を表し    ます。 明るいからミュートまでのさまざまな色を使用して、値の範囲を指定することができます。たとえば、赤からピンクに薄い色の範囲を使用して、売上高、中、低の地域に対応することができます。

  7. [色の割り当て] で、塗りつぶしの色ごとに適用するデータフィールドの値を入力し、適用する塗りつぶしとテキストの色を選択します。

  8. 可能な塗りつぶしの色を作成する必要がある場合は、[挿入] をクリックします。

  9. 新しいデータグラフィックアイテムの作成が完了したら、[ OK] をクリックします。

  10. データグラフィックに項目を追加するには、手順 3 ~ 9 を繰り返します。

  11. データグラフィックにアイテムを追加したら、[新しいデータグラフィック] ダイアログボックスで [適用] をクリックし、[ OK] をクリックします。

ページの先頭へ

既存のデータグラフィックを図形に適用する

注: 既存のデータグラフィックを適用する図形には、データグラフィックが参照するデータフィールドを含める必要があります。

  1. データグラフィックを適用する図形を選びます。

  2. [データ] タブの [データの表示] グループで、[データグラフィック] をクリックし、[利用可能なデータグラフィック] で目的のデータグラフィックを選びます。

    [データ グラフィックなし] を選び、図形からデータ グラフィックを削除する。

注: グラフィックの上にポインターを置いて、データグラフィックが適用された図形のプレビューを表示することができます。

ページの先頭へ

既存のデータ グラフィックを変更する

  1. 編集するデータグラフィックが含まれている図形を選びます。

  2. [データ] タブの [データの表示] グループで、[データグラフィック] をクリックし、[データグラフィックの編集] を選びます。

    [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックス

  3. [データグラフィックの編集] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    1. グラフィックとして表すデータ フィールドを変更するには、[データ フィールド] 列で変更先のデータ フィールドを選択します。

    2. 表示されているグラフィックの色、設定、フォント、形式、または種類を変更するには、[表示形式] 列で変更するアイテムを選択し、[アイテムの編集] をクリックします。[アイテムの編集] ダイアログ ボックスの [表示] にある [表示形式] 一覧から、使用するグラフィックの種類を選択します。

    3. 図形を基準にしてデータ グラフィック アイテムの位置を変更するには、[表示形式] 列で変更するアイテムを選択し、[アイテムの編集] をクリックします。[アイテムの編集] ダイアログ ボックスの [位置] で、目的の位置を選択します。

  4. 同じデータ グラフィックを使用しているすべての図形に変更を適用する場合は、[変更の対象] の [このデータ グラフィックを使用しているすべての図形] をクリックします。

  5. 選択した図形のみに変更を適用する場合は、[変更の対象] の [選択した図形のみ] をクリックします。

ページの先頭へ

図形からデータ グラフィックを削除する

  1. データグラフィックを削除する図形を選びます。

  2. [データ] タブの [データの表示] グループで、[データグラフィック] をクリックし、[データグラフィック無し] で [データグラフィックを選択しない] を選びます。

    [データ グラフィックなし] を選び、図形からデータ グラフィックを削除する。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×