データ グラフィックを使用してデータの視覚効果を高める

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ グラフィックを図に追加することで、情報を印象深くしかも簡潔に伝えることができます。Microsoft Office Visio Professional 2007 には、一連のデータ グラフィックが含まれており、それを選択したり変更したりできます。また、独自のデータ グラフィックを作成することもできます。

このトピックの内容

データ グラフィックとは何ですか。

図形にデータを表示します。

データ グラフィックを変更します。

新しいデータ グラフィックを作成します。

データ グラフィックを強化します。

データ グラフィックとは

データ グラフィックは、図形に含まれるデータを示すために図形に対して適用できる一連の視覚効果です。データ グラフィックでは、データをテキスト要素と視覚要素の組み合わせ (フラグと進行状況バーなど) として提示します。

たとえば、売上に関する情報を含む図形があり、その情報を次のように表示するとします。

  • ラベル (売上地域) ではなく値 (西部) のみを示すテキストを用いて地域を表示

  • ラベルと値の両方を示すテキストを用いて売上を表示

  • 現在の売上と当該年度の予測売上を関連付けた進行状況バーを用いて売上を表示

  • ラベルと値の両方を示して去年との比較を表示

  • 状態を表す旗のアイコンを用いて去年との比較を表示

次のデータ グラフィックでは、これらの情報を明確に伝えています。

売上データを含む図形

データ グラフィックを作成すると、次のことが可能になります。

  • 同じデータを使用して他の図形にデータ グラフィックを適用する。

  • データ グラフィックが適用されるすべての図形を自動的に変更するように、データ グラフィックを編集する。

1 つのデータ グラフィックを複数の図形に適用した後、このデータ グラフィックを変更すると、適用先のすべての図形にもこの変更内容が適用されます。

図形に必要なデータ グラフィックをいくつでも作成できます。たとえば、従業員データを示す 1 つのデータ グラフィックを作成し、それをすべての従業員図形に適用できます。機器データを示す 2 つ目のデータ グラフィックを作成し、それをすべての機器図形に適用できます。

データの取得先ですか。

データをデータ グラフィックを使用して、表示することができますが、各図形の[図形データ] ダイアログ ボックスに表示されます。(以前のバージョンの Microsoft Office Visio では、このデータを取り込む各図形のカスタム プロパティの一覧で。)データを個別に、各図形の[図形データ] ダイアログ ボックスに入力することができますか、ウィザードの図形にデータをリンクを使用することができます。ウィザードの図形にデータをリンクを使用してデータをインポートする場合は、Visio のデータを表示する方法を選択できます。ウィザードの詳細については、 Excel、SQL Server、SharePoint サイト、およびその他の外部ソースからのデータのインポートを参照してください。します。

ページの先頭へ

データを図形に表示する

  1. 図形を右クリックし、[データ] をポイントします。次に、[データ グラフィックの編集] をクリックします。

  2. データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで、データ グラフィックに適用する要素を選択します。テキスト、データ バー、アイコン、色分けなどから選択できるさまざまな視覚効果については、データ グラフィックの効果を高めるを参照してください。

ページの先頭へ

データ グラフィックを変更する

ニーズを満たす既存のデータ グラフィックがない場合、新たに作成する代わりにそれらをカスタマイズすることができます。データ グラフィックが適用されているすべての図形に対してこの変更内容が適用されます。

  1. 変更するデータ グラフィックを含む図形を右クリックし、[データ] をポイントします。次に、[データ グラフィックの編集] をクリックします。

  2. データ グラフィックをカスタマイズするのには、データ グラフィックの編集< の種類] ダイアログ ボックスを使用します。選択できる拡張機能については、データ グラフィックの効果を高めるを参照してください。

[データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックすると、この変更内容が、データ グラフィックが適用されているすべての図形およびデータ グラフィック自体に対して適用されます。

ページの先頭へ

新しいデータ グラフィックを作成する

  1. [データ] をクリックし、[図形にデータを表示] をクリックします。

  2. [データ グラフィック] 作業ウィンドウで [新しいデータ グラフィックの作成] の [新しいデータ グラフィック] をクリックします。

  3. データ グラフィックをカスタマイズするのには、新しいデータ グラフィック< の種類] ダイアログ ボックスを使用します。選択できるさまざまな視覚効果については、視覚効果を高めるデータ グラフィックを参照してください。

ページの先頭へ

データ グラフィックの効果を高める

データ グラフィックの効果を高めるために追加できる 4 種類の要素があります。これらは、テキスト、データ バー、アイコン、および色分けです。以下のセクションでは、各種要素の追加方法を説明します。

データ グラフィックにテキストを追加します。

データ グラフィックにデータ バーを追加します。

アイコン セット データ グラフィックを追加します。

値によって色を追加します。

テキストをデータ グラフィックに追加する

さまざまなテキスト フィールドのスタイルを選択できます。たとえば、列の名前とその値の両方を含む表示テキストのスタイルがあります。一方、データ値のみを示す見出しのスタイルもあります。

次の図では、見出し、ラベル、および値を示します。

データ グラフィックのテキスト部分

1. 見出しには値だけが表示されています。

2。 引き出し線のラベルは、最後の年と比較します。

3. +13% は、この吹き出しの値。

  1. [データ] メニューの [図形にデータを表示] をクリックします。

  2. [データ グラフィック] 作業ウィンドウで、テキストを追加するデータ グラフィックを右クリックし、[編集] をクリックします。

  3. [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで [新しいアイテム] をクリックし、[テキスト] をクリックします。

  4. [新しいテキスト] ダイアログ ボックスで [データ フィールド] をクリックし、一覧からアイテムを選択します。

  5. [種類] をクリックし、一覧からアイコン セットのスタイルを選択します。

  6. 次のいずれかの方法でテキストの位置を選択します。

    • [位置] で [既定の位置を使用する] チェック ボックスをオンにします。

    • [既定の位置を使用する] チェック ボックスをオフにします。次に、[横位置] テキスト ボックスと [縦位置] テキスト ボックスをクリックして、一覧から位置を選択します。

  7. [詳細] で、ラベル、値、または見出しをどのように表示するかを示すオプションを選択します。

データ バーをデータ グラフィックに追加する

データ バーには、ミニチュア形式のチャートやグラフ (進行状況バー、星印による評価、温度計、速度計など) でデータが動的に示されます。

  1. [データ] メニューの [図形にデータを表示] をクリックします。

  2. [データ グラフィック] 作業ウィンドウで、データ バーを追加するデータ グラフィックを右クリックし、[編集] をクリックします。

  3. [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで [新しいアイテム] をクリックし、[データ バー] をクリックします。

  4. [新しいデータ バー] ダイアログ ボックスで [データ フィールド] をクリックし、一覧からアイテムを選択します。

  5. [種類] をクリックして一覧からアイコン セットのスタイルを選択します。

  6. テキストの位置を選択するには、次のいずれかの操作を実行します。

    • [位置] で [既定の位置を使用する」 チェック ボックスをオンにします。

    • [既定の位置を使用する] チェック ボックスをオフにします。次に、[横位置] テキスト ボックスと [縦位置] テキスト ボックスをクリックして、一覧から位置を選択します。

  7. [詳細] で、データ バーをどのように表示するかを示すオプションを選択します。

アイコン セットをデータ グラフィックに追加する

フラグ、信号、トレンド矢印などのアイコン セットを使用して、データを表示することができます。たとえば、フラグを使用して今年の売上と前年の売上の比較結果を示すことができます。次の例に示すように、フラグの値を、青いフラグは売上が大きく上がったことを示し、黄色のフラグは売上が少し上がったことを示し、赤いフラグは売上が下がったことを示すように設定できます。

フラグで状態を示す

  1. [データ] メニューの [図形にデータを表示] をクリックします。

  2. アイコンを追加するデータ グラフィックを右クリックし、[データ グラフィックの編集] をクリックします。

  3. [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで [新しいアイテム] をクリックし、[アイコン セット] をクリックします。

  4. [新しいアイコン セット] ダイアログ ボックスで [データ フィールド] をクリックし、一覧からアイテムを選択します。

  5. [種類] をクリックし、一覧からアイコン セットのスタイルを選択します。

  6. テキストの位置を選択するには、次のいずれかの操作を実行します。

    • [位置] で [既定の位置を使用する」 チェック ボックスをオンにします。

    • [既定の位置を使用する] チェック ボックスをオフにします。次に、[横位置] テキスト ボックスと [縦位置] テキスト ボックスをクリックして、一覧から位置を選択します。

  7. [アイコン表示のルール] で各アイコンが表す値を選択します。前述の例では、[アイコン セットの編集] ダイアログ ボックスは次の図のようになります。

フラグ アイコンに適用するルールが表示された [アイコン セットの編集] ダイアログ ボックス

値によって色分けする

[値によって色分け] オプションを使用して、一意の値や値の範囲を示す色を適用できます。

それぞれの色が一意の値を表す      同じ値を持つすべての図形に同じ色を適用することができます。たとえば、営業部門のすべての従業員図形に黄色を適用し、経理部門のすべての従業員図形に赤を適用することができます。

部門を示すために色付けされた従業員図形

それぞれの色が値の範囲を表す      色の範囲 (明るい色から抑えた色まで) を使用して、値の範囲を示すことができます。たとえば、赤からピンクの色の範囲を使用して、製品売上増加率の高、中、低に対応付けることができます。

相対的な収益を示すように色分けされた、売り上げを示す図形。

  1. [データ] メニューの [図形にデータを表示] をクリックします。

  2. [データ グラフィック] 作業ウィンドウで、色分けするデータ グラフィックを右クリックし、[編集] をクリックします。

  3. [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで [新しいアイテム] をクリックし、[値によって色分け] をクリックします。

  4. [値による色分けの新規設定] ダイアログ ボックスの [表示] で、[データ フィールド] 一覧からアイテムを選択します。

  5. [色分けの方法] で、次のいずれかの操作を実行します。

    • [それぞれの色が一意の値を表す] を選択して、同じ値を持つすべての図形に同じ色を適用します。

      [色の割り当て] 一覧に、利用可能なすべての値が表示され、各値に対して塗りつぶしの色とテキストの色が割り当てられます。塗りつぶしまたはテキストに別の色を選択するには、[塗りつぶしの色] または [テキストの色] 矢印をクリックします。

    • [それぞれの色が値の範囲を表す] を選択して、色の範囲 (明るい色から抑えた色まで) により値の範囲を示します。

      [色の割り当て] 一覧に、値に適用可能な範囲が一覧表示され、塗りつぶしの色またはテキストの色を各範囲に適用します。[値 1] および [値 2] の各ボックスに別の値を入力して、カスタムの範囲を作成します。各値に別の塗りつぶしまたはテキストの色を選択するには、[塗りつぶしの色] または [テキストの色] の矢印をクリックします。ただし、明るい色から抑えた色までの色セットの効果を保持するには、[色の割り当て] 一覧の最初のアイテムのみ別の色を選択することをお勧めします。

  6. [値による色分けの新規設定] ダイアログ ボックスでまず [OK] をクリックし、次に [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで図面の図形に設定を適用します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×