データ グラフィックのデータの形式をカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ グラフィックが適用されている図形のデータの形式をカスタマイズするには、[データ形式] ダイアログ ボックスを使用します。テキスト アイテムおよびデータ バー アイテムのデータ形式を変更できます。たとえば、小数点以下の桁数を制御したり、通貨の形式や日付の形式を指定したりできます。

データ グラフィックとは何ですか。

データ グラフィックは、図形に含まれるデータを示すために図形に対して適用できる一連の視覚効果です。データ グラフィックでは、データをテキスト要素と視覚要素の組み合わせ (フラグと進行状況バーなど) として提示します。

  1. [データ グラフィック] 作業ウィンドウで、変更するデータ グラフィックを右クリックし、[データ グラフィックの編集] をクリックします。

  2. [データ グラフィックの編集] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいデータ アイテムを作成するには、[新しいアイテム] の矢印をクリックし、[テキスト] または [データ バー] をクリックします。

    • 既存のデータ アイテムを編集するには、変更するアイテムをクリックし、[アイテムの編集] をクリックします。

  3. 選択したアイテムに対応するダイアログ ボックスの [詳細] で、[値の表示形式] をクリックします。

  4. [値の表示形式] ボックスの省略記号 (...) をクリックします。

  5. [データ形式] ダイアログ ボックスの [分類] で、カスタマイズする分類をクリックし、その分類のオプションを選択します。

    注: オプションは、選択された分類に応じて変化します。

ヒント: データ グラフィック内のテキストの形式を変更するには、テキストが含まれているデータ グラフィックの要素を選択し、フォント スタイル、サイズ、および色など、新しいフォント形式を選択します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×