データ選択ウィザード ([Microsoft Office Excel ブックに接続])

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

見つけて、インポートするデータが含まれる Excel ブックを選択するMicrosoft Excel ブックに接続するページを使用し、し、ワークシートを選択する範囲を使用します。

どのようなブックをインポートしますか。

このボックスには、最近使用した Excel ファイルが表示されます。ボックスが空の場合、ボックスに、Excel ブックの名前を入力したりを探し、[参照] ボタンをクリックします。

  1. 入力、リストから選択するかをインポートするデータを含む Excel ブックを参照します。

  2. ウィザードの残りの部分を省略する可能性があります。次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのブックの最初のワークシート上のデータのインポート ウィザードで一意の識別子 (キー列) を選択する場合は、[完了] をクリックします。

    • 次のいずれかの操作をウィザードを続行したい場合は、をクリックします。

      • ブックの最初のワークシートにないデータをインポートします。既定では、最初のワークシート上のデータのみをインポートします。

      • 非常に大きなデータ セットの一部のみをインポートします。

      • ウィザードのいずれかを選択する代わりに一意の識別子 (キー列) を選択します。

        [次へ] をクリックすると、ワークシートまたはウィザードの次のページで使用する範囲を指定できます。

どのようなワークシートや範囲を使用しますか。

このボックスには、すべての利用可能なワークシートと、選択したブックの名前付き範囲が一覧表示します。(範囲は、ブックの Excel で選択されているし、範囲を識別する名前を指定の 2 つ以上のセルです)。

注: 3-D 参照を (名前付きの複数のワークシートのセルの範囲を参照) では利用できません。

ユーザー設定の範囲の選択    特定のセルを選択するには、このボタンをクリックします。ウィザードの前のページで選択したブックを Excel で開きます。Visio のインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。入力するか、範囲のVisio へのインポート] ダイアログ ボックスで、[範囲の選択] ボックスにまたはブック内で直接セルを選択することができます。ブック内のセルを選択するでは、選択を行うし、範囲の選択] ボックスに、範囲が表示されます] ダイアログ ボックスが開いているワークシートの一番上に保持されます。

ユーザー設定の範囲を選択する場合は、必ず、選択範囲に含めるすべての列見出しにします。次の図は、このようなワークシートのセルを選択する方法の例を示します。

Excel で選んだカスタム範囲

データの最初の行には、列見出しが含まれています。    このチェック ボックスは既定で選択します。Excel ワークシート (またはユーザー設定の範囲) の各列の一番上のセルには、データの行ではなく、列見出しが含まれているかどうかを確認することをお勧めします。見出しは必須ではありませんが、インポートされたデータを簡単に使用するようにします。

ウィザードの残りのページを省略することがあります。次のいずれかの操作を行います。

  • ウィザードに一意の識別子 (キー列) を選ぶ場合は、[完了] をクリックします。

  • に、独自の一意の識別子 (キー カラムを指定)] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×