データ選択ウィザード ([Microsoft Office Excel ブックに接続])

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[Microsoft Office Excel ブックに接続] ページでは、インポートするデータを含む Excel ブックを指定し、使用するワークシートまたは範囲を選択します。

[インポートするブックを指定してください]

このボックスには、最近使用した Excel ファイルの一覧が表示されます。このボックスに何も表示されていない場合は、ボックスに Excel ブックの名前を入力するか、[参照] をクリックしてブックを参照します。

  1. インポートするデータを含む Excel ブックの名前を入力するか、一覧から選択するか、ブックを参照します。

  2. ウィザードのこの後のページは、任意で省略できます。次のいずれかの操作を行います。

    • ブックの最初のワークシートの全データをインポートし、ウィザードにより一意の識別子 (キー カラム) を指定する場合は、[完了] をクリックします。

    • 次のいずれかの操作を行う場合は、[次へ] をクリックして、ウィザードのこの後のページの手順に従います。

      • ブックの最初のワークシートにないデータをインポートする。既定では、最初のワークシートにあるデータしかインポートされません。

      • 非常に規模の大きいデータ セットの一部のみをインポートする。

      • ウィザードにより自動的に設定するのではなく、ユーザー自身で一意の識別子 (キー カラム) を指定する。

        [次へ] をクリックすると、ウィザードの次のページで、使用するワークシートまたは範囲を指定できます。

[使用するワークシートまたは範囲]

このボックスには、選択したブック内で利用可能なワークシートおよび名前付き範囲の一覧が表示されます (範囲は、Excel を使って選択されているブック内の複数のセルで、この範囲を識別できる名前が付けられたものです)。

注: 3-D 参照 (複数のシートのセルで構成される名前付き範囲) は利用できません。

[範囲の選択]    任意のセルの組み合わせを選択する場合は、このボタンをクリックします。ウィザードのこの前のページで選択したブックが、Excel で開きます。[Visio にインポート] ダイアログ ボックスが表示されます。[Visio にインポート] ダイアログ ボックスの [範囲の選択] ボックスに範囲を入力するか、ブックからセルを直接選択します。ブックからセルを選択する場合、選択操作中も開いているワークシート上にこのダイアログ ボックスは引き続き表示され、[範囲の選択] ボックスに選択した範囲が表示されます。

ユーザー設定の範囲選択を行う場合は、列見出しも選択範囲に含めるようにします。次の図は、このようなワークシートでセルを選択した状態を示しています。

Excel で選んだカスタム範囲

[先頭行をタイトル行として使用する]    既定では、このチェック ボックスはオンになっています。Excel ワークシート (またはユーザー設定の範囲) の各列の先頭のセルには、データ行ではなく、列見出しが含まれるようにすることをお勧めします。見出しは必須ではありませんが、インポートしたデータの操作が容易になります。

ウィザードのこの後のページは、任意で省略できます。次のいずれかの操作を行います。

  • ウィザードにより自動的に一意の識別子 (キー カラム) を指定する場合は、[完了] をクリックします。

  • ユーザー自身が一意の識別子 (キー カラム) を指定する場合は、[次へ] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×