データ選択ウィザード

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

データを図形にインポートするプロセスを開始するには、[データセレクター ] ページを使用して、インポートするデータソースの種類を選択します。

重要: データセレクターウィザードを実行する前に、データソースにキー列が含まれていることを確認することをお勧めします。キー列は必須ではありませんが、インポートされたデータをより使いやすくすることができます。

キー列とは何ですか? なぜ必要なのですか?

データソースのデータとして図面を更新する場合は、データソースの各行に変更されない一意の識別子 (キー列) があることを確認します。このキーを使用すると、図面にインポートしたデータの各行を、更新元のデータソースの行と正確に一致させることができます。

Excelワークシートの次の例では、一意の識別子 (キー) は [社員コード] 列です。

従業員に関するデータが含まれる Excel の表

microsoft Excel ブック、microsoft access データベースmicrosoft Windows SharePoint Services リスト、または以前に作成された接続を選択した場合は、データ選択ウィザードを続行します。

Microsoft SQL Server データベースまたはその他の OLEDB または ODBC データソースを選択した場合、一時的にデータ接続ウィザードに流用されます。データ接続ウィザードの最後のページの [完了] ボタンをクリックすると、データセレクターウィザードに戻ります。

[以前に作成した接続] オプションは、通常、管理者が選択できる接続を作成している場合に使用されます。

以前に作成された接続とは

データ接続は、データソースへのポインターです。ソースにアクセスするために必要な資格情報がある場合は、ソース名、場所、および何が含まれていますか。接続が作成されると、通常、[マイドキュメント] フォルダー内の [個人用データソース] フォルダーに保存されます。

以前に作成された接続の種類を使用できますか。

次の種類のデータ接続を使うことができます。

  • .odc (Office データ接続)。

  • dsn (データソース名)。

  • カブ (SQL Server Analysis Services キューブ)。この種類のデータ接続は、ピボットダイアグラムを作成している場合にのみ使用できます。ピボットダイアグラムの詳細については、「ピボットダイアグラムを作成する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×